マズローの5段階の欲求から自己分析する

理想を食い散らかすモノ

以前に、自分の夢・目標・理想の状態を
しっかりと紙に書いてみましょう

と言いました。

 

たぶんやっていないと思うので再確認です。
その際にはもうこれ以上は出ない!
というところまで考え尽くして書いてください。

 

僕は 200個以上ありました。

あなたはいくつかけましたか?
これらをもう一度良く見ていくと

それぞれ幾つかのグループに分けることができ、
そして要約できることが分かります。
というのも一般に人間の欲望は
マズローという人が説いた
「欲求5段階説」で説明
できます。

 

 

これらは 1段階目から
順に達成されるもので
一つ達成できると
次の上の段階の欲求が生まれるというものです。
以下がマズローの欲求5段階です。

1段階目;生理的欲求(食べたい、寝たい、交わりたいなどの生きていくために必要な本能的欲求)
2段階目;安全欲求(安全な暮らしがしたい、安心したい、健康でいたい)
3段階目;社会的欲求(集団に入りたい、仲間がほしい)
4段階目;尊厳欲求(難しい言葉ですが、簡単に言うと「人から認められたい」という欲求)
5段階目;自己実現欲求(自分の能力を最大限に引き出して創造的な活動がしたい)

例えば「フェラーリがほしい」
という欲求があったとします。
しかし実はその人は本当にフェラーリがほしいわけでは

ないかもしれません。

 

フェラーリに乗ることで二次的に得られる
ステータスがほしい
のです。

 

例えば女性にモテたいという欲求。

マズローでは一段階目に当たる
「生理的欲求」を満たしたいだけにすぎません。
綺麗な女性とセックスしたいという願望です。
あるいはすでに女性に満たされているのであれば

4段階目の「人から認められる」
という尊厳欲求が満たされるかもしれません。

 

フェラーリを持っている人を見ると、
「フェラーリを買えるほどのステータスを持った素晴らしい人物」

 

という印象をもちますよね。
このように考えていくことで
自分が本当に求めているモノは「何」であるかが
だんだん明確になっていくのです。
これは非常に重要な作業です。

 

フェラーリはあくまで手段であって、
別に綺麗な女性とセックスできるのであれば、
そして他人から認められるのであれば

別に「フェラーリ」自体は必須のものではないのです。
ではなぜフェラーリがほしくなってしまうのか?

 

それは他人の成功(しているように見える)体験が
あなたの頭の中に
深く鋭く刷り込まれているからです。

 

フェラーリに乗っている人→モテている人
フェラーリに乗っている人→世の中で認められる人

ならば・・・
自分がフェラーリに乗る→女性にモテるし、
認められるはず!

という事実誤認が発生しています。
他人の基準に惑わされないでください。
高級外車も、高級時計も、高級豪邸も

あなたが本当に求めているものですか?
心の底から欲しいですか?

 

この点を踏まえて、ぜひこの機会に
自分の夢リストを作って見てくださいね。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事