注目記事
1分(60秒)取引攻略!バイナリーオプションで勝つ手法まとめ

バイナリーオプションで勝つには1分取引の勝率を上げることが早道です。

そこで、まず、1分取引のメリットと1分取引のエントリーポイントを解説しています。

また、1分取引で使えるチャート・1分取引おすすめツールについても具体的に説明しています。

加えて、これらが自動的に行われる究極のツールとして「一騎当千」をリコメンドさせて頂きました。

この記事で学べること

  • バイナリーオプション1分取引のメリットとお奨めエントリーポイント
  • バイナリーオプション1分取引の注意点と使えるテクニカルチャート
  • バイナリーオプション1分取引おすすめツール

バイナリーオプション1分(60秒)取引のメリット

ある意味においては投資も勝負の世界ということになりますが、勝負の世界で常勝するコツは常に自分の土俵で戦うことに尽きると言います。

そして、突き詰めれば究極の勝負の世界と言える戦争においても、自分の土俵で戦うことが自身や見方の命を守る戦略でした。

例えば、常勝軍団と恐れられた戦国時代の武田軍団は敵をあらゆる手段を用いて自分の土俵に引きずり込み勝利しましたが、敵が自分の土俵に入らない時は決して戦わなかったと言われています。

それではバイナリーオプションの世界において自分の土俵とは、一体、何を意味するのでしょうか?

国内のバイナリーオプションは購入から判定までの設定時間が 約2時間 となっていますので、一定時間後に相場が上昇するか下降するかを予想するには様々なファクターを見極めなければなりません。

つまり、より高度なシステムやツールを持つヘッジファンドや機関投資家が有利になります。

一方、バイナリーオプション1分(60秒)取引は最短60秒で勝ち負けが決まるバイナリーオプション取引ですので、システムやツールの格差が出難い取引であることが個人にはメリットなのです。

つまり、バイナリーオプション1分(60秒)取引は他の取引と比べると個人のトレーダーが勝ち易い取引と言えますので、確実性の高いタイミングだけに絞って投資するなど自分の土俵に徹することが大事です。

POINT
◆勝負の世界で常勝するコツは常に自分の土俵で戦うこと
◆国内BOはヘッジファンドや機関投資家が有利
◆1分(60秒)取引は個人のトレーダーが勝ち易い

バイナリーオプション1分(60秒)取引のデメリット

一方でバイナリーオプション1分(60秒)取引のデメリットが全く無い訳ではありませんので、デメリットを把握することで克服したいものです。

バイナリーオプション1分(60秒)取引のデメリットの1つ目は、ペイアウト倍率が少し低めであることです。

一般的に相場で勝つ秘訣は大きく取ってちょこちょこ負けることですが、ペイアウト倍率が低いということは大きなゲインが難しいということですから要注意です。

1分(60秒)取引のデメリットの2つ目は、5分取引やそれ以上の時間の取引と比べるとテクニカル分析が通用しないことが多いことです。

従いまして、自分一人で判断する個人のトレーダーにとっては悩ましいところです。

デメリットの3つ目は、バイナリーオプション1分(60秒)取引で負けが続くと、相場に対するセンチメントが落ち込み一気に連敗する恐れがあることです。

この様な時は「 休むも相場 」という相場格言を思い出すことも必要です。

POINT
◆ペイアウト倍率が低いため大きなゲインが難しい
◆テクニカル分析が通用しないことが多い
◆負けが続くと一気に連敗する恐れがある

1分(60秒)取引でおすすめエントリーポイント

前項の1分取引のメリットで説明しましたが常勝するコツは自分の土俵で戦うことに尽きます。

そこで、バイナリーオプション1分(60秒)取引を自分の土俵にするには、自身が得意なエントリーポイントをいくつか持つことが早道です。

以下、解り易い4つのエントリーポイントを解説します。

レンジ相場とトレンド相場どちらが良いか?

常にレンジ相場トレンド相場の見極めは勝負の分かれ目になりますが、バイナリーオプション1分(60秒)取引ではエントリーする前に下記の2つを確認することが大事です。

  • 1分取引のチャート
  • 5分取引のチャート

1分取引のチャートと5分取引のチャートが 一致していること がベストの状態で、5分足チャートはレンジ相場で1分足はトレンドという様なケースは避けた方が良いでしょう。(その逆のパターンも含めて避けた方が良いでしょう)

トモヒロ
つまり、1分取引だから1分足チャートしか見ないのではなく、常に5分足チャートも確認して取引を行うクセを付けることが求められます。

必ず00秒でエントリーする

一般的なバイナリーオプション1分(60秒)取引のサインツールの場合、「サインが出た次のローソク足でエントリー」というルールのサインツールが多く見られます。

つまり、「サインが出た次のローソク足でエントリー」ということは、そこからエントリーすると執行誤差で負けてしまうというケースが多くなります。

しかも、現実問題としては似た様なサインツールが多い訳ですから、サインが出てからでは高値掴みや安値叩きになることも多いのです。

従いまして、バイナリーオプション1分(60秒)取引では、 00秒エントリー を心がけることで一歩、先んじることができるのです。

トモヒロ
60秒ごとにローソク足が完成するのを見ながら00秒でエントリーすると良いでしょう。

急騰や急落を狙う

1分取引においては 相場の転換点 がなかなか訪れないことも少なくありません。

多くのバイナリーオプションの手法は相場の転換点を狙う手法が多い訳ですが、この様な手法で相場の転換点が来ないと蛇の生殺しになってしまいます。

そこで、バイナリーオプション1分(60秒)取引では相場の急騰急落を狙うのが利口です。

前の項で常勝するコツは自分の土俵で戦うことに尽きると書きましたが、急騰急落を待って自分の土俵が来るのを待つのも重要な戦略なのです。

トモヒロ
つまり、相場が急騰急落した場合は反動を狙って逆張りエントリーを狙うのが相場に勝つコツなのです。

時間帯に注意する

この様な急騰急落を狙うには 市場の時間帯 にも気を付けることが大事です。

相場はファンダメンタルや需給だけではなく、マーケットのオープンやクローズドによっても市場参加者が入れ替わり需給も異なります。

例えば、3大市場のマーケットオープン時である

  • 東京市場がオープンする8時
  • ロンドン市場がオープンする16:30~17:30
  • ニューヨーク市場がオープンする22:30~23:30

こちらの時間帯は、トレンドが起こりやすい時間帯なのです。

トモヒロ
市場参加者が一気に増えることで取引量が一気に増えトレンドが形成されていきます。

1分(60秒)取引をする時の注意点まとめ

バイナリーオプション1分(60秒)取引の注意点の1つ目は、チャートは1分足と5分足を確認する癖をつけることです。

もともと、バイナリーオプション投資においても株式投資においても、チャートは時間軸の異なる2本以上の足を見ることが必要でできれば3本以上見たいところです。

常に2本以上の足をチェックしていると解ることですが、1分足と5分足の判断が異なることがあるのです。

この様なタイミングではエントリーを避けることが大切です。

バイナリーオプション1分(60秒)取引は勝てる人でも60勝40敗のペースで、多くは54勝46敗などと際どい勝ち負けになります。

従いまして、大きく勝って小さく負けることが秘訣ですが、もう1つのポイントは 資金管理 が重要になることです。

負けた時に備えて勝った分をコツコツ貯めることができないと資金は増えないからです。

1分(60秒)取引で使える相場テクニカルチャート

RSI

RSIは最もポピュラーなテクニカル指標でRelative Strength Indexの略であり、日本語では 相対力指数 と呼ばれます。

通常、RSIはどのくらいレートが上下しているのかを0~100%の値で表しますが、100に近いほど買いが強く過熱した状態で0に近いほど売りが強く閑散の状態と言えます。

RSIを一般的に相場で使うには、

  • 70%以上のゾーンに入ると「買われ過ぎ」
  • 30%以下のゾーンに入ると「売られ過ぎ」

と判断して使います。

ボリンジャーバンドで逆張り手法

ボリンジャーバンドもRSI同様に非常にポピュラーなテクニカル指標で、相場のボラティリティを一定期間の価格データから測定し統計学的な観点から価格の変動範囲を予測してチャート上に表示する指標です。

ボリンジャーバンドを使った分析

通常、+2σのライン・+1σのライン・ミッドバンド・-1σのライン・-2σのラインの5本のラインを価格チャート上に描きます。

ボリジャーバンド収まる確率

統計学的には2σ内に存在する確率は約95%で1σ内に存在する確率は約68%とされています。

従いまして、価格が+2σと交差したときに売り、−2σと交差したときに買い戻すとすると平均値への回帰を前提とした 逆張り戦略 が完成します。

エントリー手順!ハイローオーストラリアの場合

ハイローオーストラリア取引でエントリーする場合、以下の手順でエントリーすることになります。エントリー手順を最初から順に示します。

1取引するための取引時間と取引通貨を選択

ハイローオーストラリア時間選択

取引の時間を選択します。

通貨ペアの選択

通貨ペアの選択をします。

2取引種別を選択

HighLow=基本的に中期~長期での取引
HighLowスプレッド=中期~長期で幅をとれたかを当てる取引
Turbo=基本的に短時間で行う取引
Turbo スプレッド=基本的に短時間で行う取引

3取引時間を選択

HighLow=15分・1時間・24時間
Turbo=30秒・1分・3分・5分

4HighかLowを選択し取引金額を決めて購入

HighかLowを選択し取引金額を決めて購入

1,000円~200,000円までエントリーが可能

バイナリーオプション1分取引おすすめツール

ここではバイナリーオプション1分取引のお奨めツールとして「一騎当千」をリコメンドします。

「一騎当千」は2019年6月のハイローオーストラリアの内部的な仕様変更に対応し、ロジックを倍増させチャンスポイントを増やしたシステムです。

そして、「一騎当千」の特徴はどちらかと言えば資金的に余裕のないバイナリーオプションの入門ツールとしてお奨めできることです。

「一騎当千」がバイナリーオプションの入門ツールとしてお奨めできるのはバイナリーオプションが完全自動で売買可能だからですが、その秘密はシステムと裁量それぞれの弱点を相互に補った完全なる他力本願スタイルのツールだからです。

「一騎当千」メモ

  • 完全自動なので知識も技術も一切必要なし!
  • 随時最新のロジックに更新
  • 充実のメールサポート
  • 求めやすい価格148,000円
  • サポートの回数・期間は無制限で即効性が武器 速攻でシステム代を回収

詳しくはコチラ(一騎当千)をご覧ください。

まとめ

ここまでバイナリーオプション1分取引の勝つ手法について解説してきました。

本項のポイントとしては、

  • 1分取引のメリット
  • 1分取引のエントリーポイント
  • 1分取引で使えるチャート
  • ハイローオーストラリアのエントリー手順

などとなっています。

これらのバイナリーオプション1分取引の勝つ手法を参考にトレードに活かして頂き、勝率アップに役立てて頂ければ幸いです。

加えてこれらが自動的に行われる究極のツールとして「一騎当千」をリコメンドさせて頂きました。併せてご検討頂ければ幸いです。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事