注目記事
バイナリーオプションは違法で危ない?安全性に問題はあるのか

「バイナリーオプションは違法では?」「バイナリーオプションは怪しい」という声も多いですが、トモヒロさんはどう思いますか?

トモヒロ
そうですね。中には、バイナリーオプションの投資について危険性・違法性を指摘する人も少なくありませんよね!

実際にバイナリーオプションは面白そうだと思うんですが、これから始めるには、すこし躊躇してしまっています。

トモヒロ
なるほどですね!今回の記事ではバイナリーオプシヨンの違法性・安全性について現状の状況を一つ一つ紹介しますね。

バイナリーオプション取引は違法なのか?

バイナリーオプション(BO)は違法なのか」と心配な人が多いようですが、果たして??

金融庁の見解、法的なバイナリーオプションの位置づけ

バイナリーオプションの投資について、 金融庁 ではどのような見解を示しているのでしょうか。

金融庁のウエブサイトを見ると、「取引にあたってご注意下さい」と書かれています。その内容をさらに詳しく見ていくと、下記のような説明が書かれています。

  • 利益を上げるためには投資に必要な知識と経験が必要である
  • 投資リスクが高い取引である

投資を行う以上は利益を追求するのは、トレーダーとしては当然の流れです。バイナリーオプシヨンに限らず投資に必要なノウハウを身につけることが、当然必要になってきます。

逆に言えば、バイナリーオプションの取引を始める前に、しっかりとした知識を習得しておけば、違法性・危険性をある程度下げることができます。

トモヒロ
投資リスクが高いのはバイナリーオプションに限ったことではありません。

しっかりとした知識がないままにいきなり取引を開始すれば、FX・株式投資・先物取引などの投資も危険性が高くなってしまいます。

それでは、日本では法律の観点からみるとバイナリーオプションの位置づけはどうなっているでしょうか?

現時点では日本国民のバイナリーオプションの取引について、とくに法律で禁止されてはいませんし、法の範囲でのサービスは全くの合法です。正しい知識を習得し、リスク管理をきちんとしておけば安全に取引を行うことができます。

トモヒロ
2020年9月から楽天証券が新しくバイナリーオプションのサービス「らくオプ」をはじめました。こういったことを考えても、今後日本でバイナリーオプションが禁止になることはかなり低いと僕は考えています。
らくオプ

楽天証券のバイナリーオプション

日本人が海外のバイナリーオプションを取引すると違法?

海外のバイナリーオプション業者に人気が集中していますが、日本国内で日本人が海外の業者に登録して取引をすることは 違法 なのでしょうか。

バイナリーオプションの投資は、基本的にパソコン・スマホのインターネット上で行う取引です。そのため海外の業者での取引に違法性はとくにありません

トモヒロ
ただ、実際に取引している日本国内の個人投資家の多くは、海外の業者を利用しています。
POINT
※国内の業者は規制が厳しいため、特に初心者のトレーダーには厳しいシステムになっていると僕は考えています。

海外バイナリーオプションは詐欺が多く危ない?

有名な海外業者であるハイローオーストラリアを含め、「海外のバイナリーオプション業者は詐欺が多い」という噂を目にすることがありますが、実際はどうでしょうか。

出金拒否される場合がある

バイナリーオプションの取引は、あえて国内の業者を選択するユーザーも少なくありません。

その理由は、出金拒否のトラブルを未然に避けたいという狙いがあります。しかし、海外の業者がすべて悪質で違法性が高いわけではありません。

一口に出金トラブルとはいっても、おもに3つのパターンがあります。

  • 詐欺業者による出金拒否
  • 出金までの時間が長い
  • キャッシュバックキャンペーンでの出金がしにくい

この中でもっとも悪質なパターンは、 詐欺業者による出金拒否 です。取引を始めた業者が詐欺だと気づかず、入金してしまい、出金拒否されて初めて悪質な業者だと気づくこともあります。

海外の業者で取引を行う場合、申請手続きから出金までの間が10日以上になることもあります。海外送金のために手続きに時間を要することもあり、出金までに時間がかかってしまうのはやむを得ません。この場合はその業者が悪質であるというわけではありませんね。

初回の取引でキャッシュバックキャンペーン実施中の海外の業者もいます。

しかし、キャッシュバックキャンペーンでもっとも注意すべきは、 出金の条件 が定められていることです。もちろん条件を満たしていれば出金可能ですが、中には「出金をさせない」悪質な業者も存在してます。

トモヒロ
良質な業者を見極めるためにも、キャンペーンを利用する場合、出金の条件について今一度確認しておく必要があります。

約定拒否など

違法な業者で取引すると、 約定拒否 などのトラブルが発生することがあります。約定拒否とは、エントリーした後も約定されないまま弾かれてしまうこと、拒否されることを言います。

実際にバイナリーオプションの取引で約定拒否された場合、「レート更新により約定できない」といった文字が画面に出ます。

バイナリーオプションの初心者にもこのような事態が発生することがありますが、経験豊富なトレーダーにも少なくありません。エントリーでたった数秒間でもタイムラグが生じた場合、取引の成功・失敗を大きく左右することになります。

トモヒロ
信頼性の高い業者でも、約定拒否になるケースもありますが、違法な業者の場合は頻繁に発生する場合があります。

バイナリーオプションの怪しいノウハウを販売する詐欺が横行

バイナリーオプションで怪しい詐欺が横行していますが、おもに下記の2つのパターンがあります。

SNS等で販売されている

バイナリーオプションの投資を始めるには、しっかりとした知識を得る必要がありますが、これを逆手にとった怪しい詐欺商法が存在するのも事実です。

SNS にはさまざまな情報が多く飛び交っていますが、バイナリーオプションの初心者を狙い、怪しいノウハウをSNSで販売する人が増えています。

SNSは気軽にメッセージのやりとりができる反面、匿名性が高く、相手の人間性・職業などについて不透明性が高いです。

安い料金でSNSを通じてバイナリーオプションのノウハウを入手するのは、危険な行為です。

USBでインジケーター販売など

バイナリーオプションの必須のツールだと宣伝して、USBでのインジゲーター販売をする詐欺も横行しています。

しかし、その中身はまったく偽物であり、実際の取引で役に立つ情報ではありません。

中には高額でUSBでインジケーター販売を行う詐欺も少なくありません。

とくにこれまでに情報商材を購入した経験のある人が、騙されやすい傾向にあります。

海外バイナリーオプションで安全性が高い業者

海外のバイナリーオプション業者は違法で危険というイメージが定着していますが、もちろん信頼性の高い業者もいます。

ハイローオーストラリアは安全性が高い?

海外で安全性の高い業者を探しているなら、迷わずにハイローオーストラリアを選ぶことをおすすめします。

ハイローオーストラリアの安全性が高いと評される理由は、オーストラリアの金融当局に登録・認証済みであることです。

海外の業者は危険・違法・安全性が低いと言われる理由は、金融ライセンスを取得していないことにあります。

その点、ハイローオーストラリアは ASIC (オーストラリア証券投資委員会)の厳しい監視のもとで、健全に経営しています。

これによってバイナリーオプション業者としての資金面での安全性が認められています。

ハイローオーストラリアは出金確認済み

ハイローオーストラリアは、他の海外業者と比較しても、出金までのスピードが早いのが特徴です。

入出金はゆうちょ銀行での対応も可能なので利便性が高いのもポイント。

海外の業者で取引を始める前に、わざわざ別の金融機関に口座開設の手続きを行う必要もありません。

ふだん使っているゆうちょ銀行の口座を利用できるので、新規口座開設の手間が省けます。

トモヒロ
ハイローオーストラリアの出金に関する条件は1万円以上の入金額、この条件さえ満たしていればOKです。

平日のお昼12時までに出金手続きを行った場合は、翌営業日に出金できます。平日のお昼過ぎ・金・土・日・祝日に出金の申込みを行った場合は、翌々営業日には準備が整います。

もちろん、 入出金の手数料は無料 なので、コスパを気にする必要もありません。

まとめ

この記事では、海外のバイナリーオプション業者の気になる違法性・安全性についてお伝えしてきました。バイナリーオプションの投資自体が怪しいと感じていた人もいるのではないでしょうか。

しかしバイナリーオプションの投資自体はけっして危険なものではなく、リスク管理を万全に整えておけば安全性が高いです。

  • バイナリーオプションの取引は日本国内で禁止されることはなく、今後もその見込みは薄い
  • 海外業者の仲には出金拒否などのトラブルが多くて違法な業者も多いが、優良な業者で取引すれば安全性が高い
  • SNSで販売されているツールには偽物が多く信憑性が低いので買わないこと
  • オーストラリアの金融当局の認証を受けたハイローオーストラリアは安全性が高い業者

トモヒロ
くれぐれも余裕のある資金で無理のない取引を心がけてバイナリーオプションを楽しんでください。

ハイローオーストラリアの登録

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事