FX投資
FXのレバレッジで借金を負うとどうなる?レバレッジ計算をして損失を防ごう

「FXで借金…」基本的に投資取引というのは、投資したものがゼロになることはあっても、それがマイナスになるということはありません。

もちろん借金をした投資でゼロになってしまえば、マイナスになりますが…。それでもFX取引ではマイナスになることがあるというのです。

ここでは、FX取引での借金の可能性と借金した場合はどうなるのか、それを防ぐためにはどうしたらいいのかを説明します。

基本的に借金することはない

FX取引も株式投資も、投入したお金(資金投資)がゼロになることはあっても、マイナスになることはありません。つまり借金することは基本的にありません

この「基本的に」というのが気になるのですが、借金をして投資して損をすると、その分だけマイナス、つまり借金したことになります。そういったケース以外では「基本的に」借金になることはありません。

しかし、お金を借りる以外に借金の可能性はゼロではないのです。ここではそういったケースを説明します。

前もって知識を身に付けておくことで、将来いつか起こり得るトラブルに備えましょう。

FX取引のロスカットとレバレッジ

「FXで大損して借金した…」といったことをたまに聞くことがあります。FX取引で借金を負うことは、基本的にはないのですが、まれにそうなってしまうケースもあるのです。

FX取引にはロスカットの仕組みがある

FX取引には損切りにも似た強制ロスカット(強制決済)があります。

そのため、取引ポジションが危険水域に達した場合に、FX取引会社のほうで強制的にロスカットをする仕組みです。これがあるからこそ、大きな損失を出さないようになっているのです。

つまり、為替相場が大きく動いても損失は限定されているということです。

FX取引会社が設定している証拠金維持率以下になることで、ロスカットが成立します。それによって証拠金だけは守られるので、投資額(元本)を越える借金にはならないという理屈です。

ロスカットしたくない場合は?

ロスカットはシステマチックに行われます。

そのため、もう少しでロスカットされるけど、相場は持ち直す…そういった確信があれば、ロスカットを防ぎたいと思うものです。そうした場合は証拠金を追加投入することでロスカットを免れることができます。

また、FX取引会社のほうから追証を求めて来る場合もあります。追従を求めてくる場合は証拠金維持率が強制ロスカットラインに近づいたときです。FX取引会社の注意勧告と考えていいでしょう。

レバレッジが借金の要因

FX取引となるとレバレッジを何倍にするのかが醍醐味となるのですが、借金の唯一の可能性がこのレバレッジなのです。レバレッジを簡単に説明すると、手持ち資金(証拠金)の最大25倍でFX取引ができる仕組みです。

例をあげると、10万円の手持ち資金があるとすると、レバレッジ1倍では、1ドル100円計算で、1,000ドルに両替ができます。

これが1ドル101円になったときにドルを売ると1,000円の利益が出ます。これが、レバレッジ25倍でしたら、10万円で25,000ドルに両替できます。

ドルが101円になった場合、25倍の25,000円の利益が出ることになるのです。上に振れることで大きな利益となるのですが、反対にドルが5円値下がりした場合、損失は125,000円ということになります。

証拠金は10万円ですから、25,000円は元本割れということになります。基本的にはその前に強制ロスカットされるので、マイナスになることは(基本的には)ありません。

FX取引で借金する理由

ロスカットの仕組みがあるのにどうして借金することになるのでしょうか。

基本的には、ロスカットを強制的に行うシステムのおかげで、一定の水準で損失は防がれているんですよね?

自分で借金してしまう

一番多いのはこれです。自分で借金をして追証してしまうのです。

ある意味ギャンブルと同等なので、もう少し資金(証拠金)があれば、儲けることができる…そう思って借金してしまい、それを取り戻すことができずにロスカットされれば、追証の額が大きければ借金ということになります。

相場の急激な変動にロスカットが追いつかない

相場が急激に変動すると、そのスピードにロスカットが追いつかず(データが膨大なため)借金を抱える羽目になる場合があります。※実際にリーマンショック時(2008年)に相場の急変動が起きています。

土日にポジションを持ち越した場合

レバレッジを効かせた取引は短期決済が基本です。

そのため、土日にポジションを持ち越さないようにしなくてはいけません。土日をまたいだポジションで、大きく窓開けした場合(金曜日の引けと月曜日の開けで窓が大きくずれること、土日でも相場は動いているため)。

実際には窓開けでも元本を超えるようなことはないのですが、リーマンショック級の出来事や2015年のスイスフランショック等の出来事が起こると、大きな損失を計上してしまいます。数年に一回は起こりえることです。

FX取引会社でのトラブル

滅多にないのですが、まったくないとも言えません。ただし、大手の場合は損失を補填してくれるところがほとんどです。最初の規約などではしっかりと確認する必要があります。

レバレッジで借金を背負うとどうなる?

それでは、実際に借金を背負うとどうなるのでしょうか。

追従するしかない

唯一の対策は追従するしかありません。マイナスになった場合の補填という意味です。

マイナスになったからといって免責されるわけではなく、支払いの義務が生じます。ハイリターンを求めたうえでの、ハイリスクがこれです。

数十万円の損失が出た場合は、それを補わなければいけないのです。

ここで、借金をしてFX取引で取り換えそうとするのは、ギャンブルの負けをギャンブルで補填しようとするのと同じことですから、しないほうが無難でしょう。

損失を防ぐためにはどうしたらいい?

FX取引で損失を出さないためにはどうしたらいいのでしょうか。

背負った借金は返さなければならないし、用意した証拠金以上の損失はなんとしても避けたいですね。

レバレッジの倍率に気をつける

レバレッジを高倍率にしない…これに尽きます。

高レバレッジにしてハイリターンを求めるために、下振れに対応できずに大きな借金を抱える人が続出したために、現在はレバレッジの倍率が25倍に制限されています。

FX取引が始まった当初は数百倍という高倍率での取引が可能だったのです。

現在は、レバレッジの倍率を10倍にしようという動きが出ています。これも、損失を防ぐためのものです。そういった規制にまかせるのではなく、自分で判断してレバレッジの倍率には気をつけるようにしたいものです。

FX取引はドル円が基本

FX取引は、為替の取引ですから、通貨の組み合わせを自由に決めることができます。実際には組み合わせの種類は、FX取引会社であらかじめ決まっています。

中には奇抜な組み合わせなどもありますが、メジャーなのはドル円です。

イメージがわきやすく、現在の為替相場などもニュースで逐一放送されるので動きがつかみやすいというメリットがあります。なによりもメジャー通貨なので、為替の急変動が起きにくく安定した取引が可能です。

基本的な取引のテクニックに準ずる

奇抜なポジション取りをしない、セオリーに徹した取引を行うこと…これが鉄則です。

前述していますが、レバレッジを効かせた取引は短期取引が基本です。極端に言えばデイトレードなどがいいでしょう。そのため、土日を挟むようなポジション取りはご法度です。

また、ロスカットに頼らず、自分ルールによる損切りを徹底させます。含み損となるポジション取りをせずに早く見切りを付けることができることが、FX取引上達の道だからです。

相場の格言に、「見切り千両」という言葉もあります。昔から、そのくらい損切りは大切にされてきました。

まとめ

海外ではゼロカットという仕組みがあります。マイナスになっても払う必要がないというものですが、海外のFX取引では、レバレッジの上限設定がないので、こういった仕組みが通るのです。

国内のFX取引では、損失は必ず払わなければいけません。払いきれないときは、債務整理という道を選択せざるを得ない場合もあります。そうならないためにも、リスク管理はしっかりと行わなければいけません。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事