閉じる
  1. 投資初心者が株トレードで論理的に勝つ方法 トレード基本編 
閉じる
    閉じる
    初心者の為の副業工学ラボ

    初心者にも分かるファンダメンタル・テクニカル分析で株投資勝率アップ!

    論理的な投資を行う上で必要のは『分析』です。

    その中でもファンダメンタル分析・テクニカル分析は投資家の間で広く用いられる分析方法です。この2つの分析の手法を知り、実際に2つの分析を組み合わせて投資を行うことで、投資家の皆様の勝率アップへと繋がります。

    今回はファンダメンタル分析とテクニカル分析の説明を行い、実際にファンダメンタル分析を用いたスクリーニングのやり方を紹介していきます。

    株式投資におけるファンダメンタル分析とテクニカル分析

    株式投資を行う上で重要な分析方法として、

  1. ファンダメンタル分析
  2. テクニカル分析
  3. という2つの大きな分析方法があります。

    ファンダメンタル分析とは一体?

    企業の財務状況や実態価値の分析です。
    具体的には会社の資産・不動産・売上などが該当してきますが、ファンダメンタル分析では財務状況や実態価値を元に、長期的な視点で投資を行います。

    テクニカル分析とは?

    株式チャートを見て様々な手法を用い大衆心理を分析します。
    具体的には企業の実績ではなく、大口の投資家・ファンド会社・個人投資家などの心理を分析し、短期的な視点で投資を行います。

    株式投資の銘柄分析への活用方法

    基本的にまずこの2つの分析を組み合わせて、勝率アップに繋げるということを理解してください。今回の活用方法としては、まずファンダメンタル分析で、約4000種類の銘柄の中から最適な銘柄を選択します。

    そしてその選び抜かれた銘柄の中から実際にチャートを確認し、本当に買えるのかどうか?どこで買ったらよいのか?などのテクニカル分析を行っていきます。

    初心者向け株式銘柄スクリーニング分析の方法(基本セット)

    では実際に前回の動画でも紹介したスクリーニングを説明を交えながら行っていきます。まずは基本セットです。

    株価=自身の予算と相談

    予算と相談して余裕資金の範囲内で金額の上限を決めてください。

    平均売買代金=一日に3億円以上の取引銘柄

    売買代金が低いと自分の思った金額でエントリーがしにくいため、基本的には一日に3億円以上の取引がある銘柄にしましょう。

    コンサスレーティング=中立以上

    コンサスレーティングとは、プロの投資家が出している会社の今後の予想です。中立以上の銘柄を選択しましょう。

    自己資本比率=20%以上

    自己資本比率をみることでその会社の経営がどれくらい健全かがわかります。20%以上を選択しましょう。

    ファンダメンタル分析を行うための銘柄スクリーニング

    次に今回の内容であるファンダメンタル分析の要素を加えていきます。今回紹介するファンダメンタル分析は3つあります。

    ①PER(株価収益率=時価総額÷純利益)=15%以下

    簡単に説明するとPER1が1だった場合、1年間で投資金額を回収可能な割安な株であるということを意味し、この数値が高いほど投資家の期待が高いことの裏付けともなります。

    しかし投資家の期待が高い会社は、なにか株価に影響を及ぼすようなトラブルがあると、投資家達の売りが殺到し金額が大幅に下がるリスクは高くなるため、あまりオススメできません。
    ですからここでは15%以下の会社は買わないこととします。

    ②PBR(株価純資産倍率=株価÷一株あたりの株主資本)=原則1以下

    「PER=1」の場合、全ての資産と株価が=であるという裏付けとなります。

    そしてPBRが1を下回る会社の場合、株価の方が純資産よりも少ないことを意味します。それを踏まえてもし仮にPBR1以下の会社が解散した時に、本来であれば資産は株主へ分配されますが、この場合解散しても必ず株価の代金がもらえる計算になります。ここでは原則1以下(2〜3までは妥協ラインとしつつ)の会社を選ぶことにし、あまりにもPBRの数値が大きい場合は投資は控えることとします。

    ③ROE・ROA(株主資本利益率・総資産利益率)=ROE10%以上

    今回はROEを参考にします。一般的にROEは10〜20%程度の水準が優良企業の目安とされています。必ずではないがROEがマイナスの企業は投資を控えた方がよく、倒産リスクが下がれば下がるほどこの数値は上がります。ROEを1つの判断材料としてここでは使用します。

    以上の3つのうち、①〜②は株価が会社の今の価値に比べて割安であることを表しています。

    それに対し③は成長企業かどうかを示しており、ここがマイナスになるということは成長もマイナスであるということの裏付けとなります。この3つ指標を使用しスクリーニングを行いましょう。

    次回はここからがいよいよ本番、実際にチャートの分析に入っていきます。

    関連記事

    1. 信用取引とは?株式投資初心者のためのわかりやすい解説

    2. 株式信用取引と信用倍率を使った買いの判断材料を解説

    3. IPOとは何?始め方から株の買い方・初値での売り方とは?

    4. ストキャスティクスとRSIのどっちを使う?その違いとパラメータ設…

    5. 証券会社の貸株サービスとは?特徴や具体的手法を知ってインカムゲイ…

    6. ローソク足から判断する株投資テクニカル分析(チャート)

    おすすめ記事

    1. 投資初心者が株トレードで論理的に勝つ方法 トレード基本編 

    僕とLINE@で繋がりましょう!

    副業工学YOUTUBEチャンネル

    YOUTUBEチャンネル登録

     

    バイナリーオプションおすすめ会社

    Japanese all-rounder

    ピックアップ記事

    1. a- bookとb-bookとは いま、投資をはじめようと思っている人の多くが、自宅でパソコ…
    2. まとめ 作り方 情報商材 方法 解説 販売
      日本の年金制度とは年金と聞けば国民年金や厚生年金のイメージを思い浮かべる方が多いでしょう。…
    3. サラリーマン 副業 休日 手軽 始め方 1万円
      確定拠出年金の種類とは?少子高齢化による公的年金への不安や、老齢期のライフスタイルの多様化に対応…

    Twitter フォロワー5,000名突破!

    30万円即金ノウハウプレゼント

    ページ上部へ戻る