FX投資
FXスイング・スキャルピングトレード各々の移動平均線の設定と使い方

移動平均線を知ることでスイングもスキャルピングもトレンドが読みやすくなるかも?

FX初心者の方は特に移動平均線の設定をしておくことをおすすめ

FXでは様々なテクニカル分析の手法が用いられますが、移動平均線を使ったやり方もその1つです。

これまで何となく自分の勘だけでトレードを行っていたという方や、移動平均線ってちょっとわかりにくそうと敬遠してきた方にこそぜひ利用してもらいたいものです。

移動平均線を使うことによって現在の相場がどんな状況にあるのか、上昇トレンド・下降トレンドの見極めが一目でできるという点が最大のメリットになります。

移動平均線とは、過去の一定期間における終値の平均値を結んだ線のことです。英語の「Movig Average」から頭文字を取って「MA」と呼ばれることもあります。

移動平均線には3つの計算方法があり、それぞれに特徴がありますが、一概にどれがいいと言い切ることはできません。

複雑な計算式によって値を出すものもありますが、ひとまずは3種類のおおまかな特徴を掴むところから始めればよいでしょう。

・単純移動平均線(SMA)

初心者の方に一番使いやすいのが単純移動平均線(Simple Moving Average)です。これは設定した期間の終値を平均化したものを結んだだけの線です。

長期的にトレンドがどんな方向に向いているのかを判断するのに向いていますが、直近の値動きを判断するサインとしては遅くなりがちです。

・加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線(Weighted Moving Average)の特徴は、過去の値動きよりも直近の値動きを重視している点にあります。

SMAよりも直近の値動きを判断できるメリットがありますが、一方でレンジ相場や大きな変動がある時にはダマシが多くなる傾向があります。

SMAやEMAより一般に使っている人は多くないと見られます。

・指数移動平均線(EMA)

指数移動平均線(Exponential Moving Average)はWMAを更に発展させたもので、WMA同様に直近の値動きに早く反応するという特徴があります。

急激なトレンド変化を反映しやすいという点に強みがありますが、デメリットもWMAと同じくレンジ相場や変動が大きい場合にはダマシが多くなるため上級者向けと言えるでしょう。

単純移動平均線(SMA)を利用する場合でも、算出期間が短期の場合には移動平均線が蛇行を繰返し、ダマシが多くなりますから注意しましょう。

移動平均線の設定期間や見方はどうするの?

移動平均線を見るときに重要になる点に、設定期間があります。

期間をどれくらいに設定しておくかについても、実は一概にどのくらいがベストと言いきることはできません。

一般には1本の移動平均線だけでなく、短期(15や25)・中期(50や75)・長期(100や200)の3種類を設定して比較する方法が用いられることが多いようです。

移動平均線を見るときにポイントで抑えておきたいのが「向き・角度・ローソク足の位置」の三点です。まず、移動平均線の向きですが、線は上昇・下降・横ばいの3つのパターンで推移します。

そして、上昇・下降の際の角度の大きさによってトレンドの強弱がわかります。ローソク足との位置関係によってもトレンドの強さを判断することが可能です。

移動平均線の特徴を踏まえ、どのようなタイミングでエントリーしたらいいのか判断する方法の1つに「グランビルの法則」というものがあります。

株などでも使われており、理解しておくとそれだけで勝率がぐっと上がると言われています。


グランビルの法則は、パターンがこの他にもありますので、興味のある方は調べてみると面白いと思います。

また、短期・中期・長期の移動平均線を利用した「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」という判断方法もよく用いられています。

こうした手法を上手く取り入れて的確に売り買いのポイントを見極めてみましょう。


各FX業者が提供する取引ツールには、移動平均線の短期・中期・長期用の設定枠があらかじめ準備されている場合も多いです。ゴールデンクロスやデッドクロスを、探し易くしてくれているようですね。

移動平均線はスイングでもスキャルピングでも活用できる

トレードには様々な方法があり、人によって好みのものがあるでしょう。売買のポイントを見極めるために移動平均線は1つの目安として使うことができます。

しかし過去一定期間の終値の平均値を線で繋いだ移動平均線は、中長期のスイングトレードには向いてそうだけれど、1日何度も取引を繰り返すスキャルピングトレードには向いてなさそうだと感じる方もいるのではないでしょうか。

移動平均線はスキャルピングでも十分に活用することが可能です。スキャルピングやデイトレードのように短期間で相場を見続けていると、大きな局面での変化を捉えにくくなってしまうことがあります。

こうした時に、現在の相場全体がどのような動きを把握する方法の1つとして移動平均線を利用すると、先に来るであろう大きなトレンドの変化を読み取ることができるようになります。

そのため、知らないから、あまり意味が無さそうだから使わないというのは少々勿体ないものです。

移動平均線の性質を理解することによって1日における値動きと相場全体の動向を見ることができるので、ミクロの視点とマクロの視点両方から見ることができます。

移動平均線の期間設定は実際に何度かやりながら自分が判断しやすい数字を見極めていくことがポイントになります。短期・中期・長期の数字があまり近くならない範囲で使いやすいものを選びましょう。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事