確定拠出年金のメリットとデメリットをわかりやすく!マイナスになったらどうなる?

確定拠出年金ってどんなもの?

確定拠出年金という言葉を聞いたことがある方も多いでしょう。

しかし、年金だから老後のための積み立て資金ということは何となく予想ができても、国民年金や厚生年金との違いについてはっきり分からない、具体的にどうやって入るものか知らないという方もいるかと思います。

日本の年金制度は「 三階建て 」と表わされることもあるように、3種類の年金で構成されています

まず、三階建ての一階部分にあたるのが、20歳以上の全国民が加入する 国民年金 です。

その上に民間の企業に勤めている人や公務員等が加入する 厚生年金保険 と、自営業の人が加入する 国民年金基金が あり、最上部の三階部分に 企業年金制度 が置かれています。

確定拠出年金はこの三階建ての年金制度の三階部分に位置し、個人が積み立てする年金として登場 しました。

国民年金や厚生年金といった従来の年金制度だけでなく、個人もしくは企業が資金を出し、それを自ら運用することによって所得を確保するために作られたのが確定拠出年金なのです。

確定拠出年金には個人で掛金を決めて積み立てる 個人型確定拠出年金(iDeCo「イデコ」) と企業が掛金を負担し、それを元にして自分が運用する 企業型確定拠出年金 の2種類があります。

個人型にしても企業型にしても、従来の年金制度と大きく異なるのは、掛金の運用は自分で行うという点です。

加入期間によって決まった金額が支払われるのではないため、自分で責任を持って運用することによって老後の資産の確保に繋がります。

確定拠出年金のメリットとデメリットを知りたい!

自分で年金を運用することができる確定拠出年金にはメリットもあればデメリットもあります。

双方をよく理解し、きちんと情報収集をした上でどのような金融商品を購入するか検討 しましょう。

確定拠出年金のメリットとして一番に挙げられるのが、 税制優遇措置 が取られる点にあります。

個人型確定拠出年金(iDeCo)では、自営業者とサラリーマンで掛金の拠出できる上限が異なります。

自営業者は月額68,000円、年間で816,000円まで、サラリーマンは月額23,000円、年間276,000円まで掛金を拠出できます。

どちらも全額所得控除の対象となり、サラリーマンの場合は更に年末調整で還付を受けられます。

また、運用益が非課税という点も大きなメリットとなります。

もう1点のメリットが、他の金融商品を購入するよりも運用コストが抑えられるという点です。

一般的な投資信託では購入時に手数料が発生しますが、 確定拠出年金向けファンドの場合は購入時にかかる手数料が発生しません

また、 運用コスト自体も低めに設定 されており、長く運用していくことを考えると大きなメリットとなるでしょう。

一方のデメリットとしては、国民年金や厚生年金のように、加入期間によって受け取れる金額の予測ができないという点があります。

確定拠出年金はあくまで自己責任で資産を運用するものなので、具体的に何年後にいくらになっているという保証ができないのが特徴です。

また、加入すると60歳まで引き出しができず、途中で解約することができません

万が一途中で家計が苦しくなり、掛金を回すことができなくなっても引き落としの一時停止がかかるだけで、毎月の管理運営費を数百円程度負担しなくてはいけません。

もしもマイナスになってしまったら?

確定拠出年金は、企業型の場合従業員は強制的に加入させられますが個人型は自分で選んで加入することができます。

そのため 運用も自己責任 ということになります。

どんな金融商品も必ず利益が確定しているものではありません

そのため、確定拠出年金でも長期で運用しているうちにマイナスになってしまう可能性はあります。

個人型確定拠出年金は株や為替のように自分で好きなタイミングで売買できる商品ではなく、売買のタイミングが決められています

そのため、マイナスになっているからといって損切りをすると、タイミングによっては相場が回復しているという場合も考えられます。

確定拠出年金は月額の掛金も自分で変更しない限りは常に変わりません

定期的に1つの商品を継続して買う「 ドルコスト平均法 」と呼ばれる方法で投資しているので、相場が動いたとしても1度に大量に売買する方法よりも相場の影響を緩和し、リスクを分散できるというメリットがあります。

短期の投資であれば損切りをしてできるだけ損失を抑え、次の商品に投資するという方法ができますが、確定拠出年金は60歳になるまで解約できません

相場は中長期で見ると回復する傾向にあると言われています。

保有している期間のうちに上下することはありますが、それに一喜一憂しないでマイナスになっても継続していくうちに上昇するタイミングがあるのでそれを ゆっくり待つ ことがポイントです。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事