注目記事
一般のNISAと「つみたてNISA」

一般のNISAとつみたてNISAはどっちが儲かる?

ここでは、一般のNISAとつみたてNISAはどっちが儲かる?かについてご紹介します。

一般のNISAとつみたてNISAで同じこと

まず、一般のNISAつみたてNISAで同じことについてご紹介します。

20歳以上の日本に住んでいる人であれば、一般のNISAとつみたてNISAの両方とも利用することができます。

住民票があれば、外国人でも利用することができます。

また、引き出すのは自由にいつでもできます。

例えば、お金が必要になったときや値上がりしたときに、すぐに引き出せるのはメリットでしょう。

また、両方とも、非課税の仕組みについては同じです。20.315%の税率の住民税と所得税と復興特別所得税の税金は、全く課税されません。

一方、繰越控除や損益通算ができないことがデメリットです。

一般の課税される口座にNISA口座から移したときに、価格がアップしているといいでしょうが、もし価格がダウンしていると問題です。

例えば、NISA口座で株式を100万円買って、一般の課税される口座に移したときに価格が150万円にアップしていると、利益の50万円に課税されます。

この後に価格が170万円にアップしても、取得したのは150万円の価格になり、アップした20万円に課税されます。

一方、移すときに価格が70万円にダウンしていても、ダウンした30万円分の繰越控除や損益通算はできません。

そのため、NISAは、 損に対して弱く、利益に対して強い といえるでしょう。

一般のNISAとつみたてNISAで違っていること

一般のNISAとつみたてNISAは、違っていることも多くあります。

年間に投資できる上限額としては、一般のNISAが120万円、つみたてNISAが40万円になります。

非課税枠で運用できるトータル額は、一般のNISAが600万円、つみたてNISAが800万円であるため、一般のNISAの方が短期的には大きくなりますが、つみたてNISAの方が長期的には大きくなります。

投資可能期間としては、一般のNISAが10年間、つみたてNISAが20年間になります。

非課税期間としては、一般のNISAが最長5年間、つみたてNISAが最長20年間です。

一般のNISAの投資対象商品は、投資信託とETF、REITを含む上場株式になります。

投資の上級者や経験者 にとっては、多くの選択肢があるためメリットでしょう。

しかし、一般のNISAは120万円を投資単位がオーバーするような銘柄や50万円の株式の3つの銘柄には投資することができません。

注意
一方、つみたてNISAは、資産を長期的に貯めることに適していると金融庁が決めた基準をクリヤーするETFと投資信託の中からしか選択ができません。

基準としては、一定以上商品の純資産や販売年数があること、一定以下の信託報酬や販売手数料であることなどがあります。

配当金や株主優待が期待できなく、現状では選択肢が多くない一方、長期的に運用するために適していない商品が前もって排除されているともいえます。

そのため、 初めて投資する人や投資した経験がない人 に対しては優しくなっています。

なお、取り扱っている商品は金融機関によって違っています。また、投資する方法も違っています。

一般のNISAは、一括での積み立てや買付ができます。

計算は年単位になるため、利用するのは1月に全ての120万円を利用したり、12月に全ての120万円を利用したり、10万円ずつ1ヶ月に利用したりすることができます。

一方、つみたてNISAは、積み立ては継続かつ定期的な方法だけになります。

積み立てする頻度の選択肢は金融機関によって違っていますが、毎月均等に40万円を積み立てするときは、月々33,333円になります。

安い時期に40万円を全て使うことはできません。

ポイント
しかし、このような投資方法は、ドルコスト平均法という高い確実性があるものであり、高値掴みや買い逃しを防止しやすくなります。

資産を中長期的に作るときはつみたてNISAが儲かる

つみたてNISAは、年間の積立額の上限が40万円で、非課税で最長20年間運用することができます。

一般のNISAは、60歳以上の人が半数以上であり、利用している人が偏っていました。

そのため、つみたてNISAは個人の投資スタイルや生活スタイルに適した商品が選べるように、一般のNIASをより充実させたものです。

30代~40代の資産を今から作るような世代が、必要な資産をコツコツ貯めていけるように設けられた制度です。

そのため、 つみたてNISAの利用は老後のための資金を貯めることが目的 です。

ドルコスト平均法という一定額で一定期間ごとに同じ投資商品を買うものの効果を利用しながら、長期間にわたって資金をコツコツと貯めるものです。

また、これ以外の利用する目的もあります。

デフレ経済でも学費はアップし続けて、将来的にもアップする可能性があるということから、まだ子供が小さいのであれば、5年間の運用期間の一般のNISAより積み立てが長期間できるつみたてNISAを利用するのがおすすめです。

考え方としては、金利が固定されている預金や学資保険をベースに、少しリスクがある資産を追加するというようなものです。

一方、一般のNISAの最大のメリットは、 年間の非課税枠が120万円 あることです。

また、つみたてNISAであれば投資商品がETFや株式、投資信託に限定されますが、一般のNISAは不動産投資信託(リート)や個別株などにも投資ができます。

そのため、一般のNISAは 投資する資金がある程度あり、自分の裁量で取引したい人 に適しています。

当然ですが、積み立ては一般のNISAでもできます。

上手くロールオーバーを利用すると、積み立て投資が最長10年間できます。

NISAのおすすめの銘柄を紹介!

NISAのおすすめの銘柄

一般のNISAのおすすめの銘柄

一般のNISAのおすすめの銘柄としては、長期的に保有しやすい 安定成長株 です。

世界や日本の景気は、不透明な状況がしばらく継続しそうです。

一般のNISAで5年間くらいを目安に株式を保有するのであれば、オリジナルの強みがある逆風に負けない安定成長株がいいでしょう。

中長期的には株価は業績に連動するため、安定した業績であれば下値になるリスクも小さくなります。

ポイント
連続して利益や売上高がアップしている、あるいは横ばいでもブレが大きくない銘柄がおすすめです。

ここでは、一般のNISAのおすすめの銘柄についてご紹介します。

日本駐車場開発

日本駐車場開発 のメインの駐車場ビジネスは、日本国内が堅調である以外に海外のビジネスが拡大しています。

グループ企業によるスキー場ビジネスとテーマパークビジネスも、新しい宿泊施設やアトラクションの充実、インバウンド強化やオフシーズン対策などが成功して、順調に売上高がアップしています。

連結の業績は創業してから28期続けて増収、4期続けて営業増益と、成長が安定しています。

営業利益の目標は2022年7月期までに65億円にしており、今後も成長が期待されています。

10期続けて増配する予定で、2.7%と高めの配当利回りもメリットです。

JPホールディングス

JPホールディングス は、最大手の子育て支援ビジネスの企業グループです。

JPホールディングスが運営している子育て支援施設の保育園、児童館、学童クラブなどは、300近くあります。

業界の堂々たるリーディングカンパニーですが、方針としては待機児童を解消するために、保育士を確保すると同時に、新しい施設をさらに開設する予定です。

投資に対する負担はありますが、採算性はアップしています。

2019年度は3期続けての増益と創業してから27期続けての増収で、過去最高の利益が見込まれています。

国の施策に子育て支援はなっており、2019年10月からスタートした幼児教育・幼児保育の無償化もフォローウインドになっています。

投資額の最低は3万円程度で、投資が気軽にできることもメリットです。

つみたてNISAのおすすめの銘柄

ここでは、つみたてNISAのおすすめの銘柄についてインデックス型の投資信託アクティブ型の投資信託についてご紹介します。

インデックス型の投資信託

ニッセイアセットマネジメントのニッセイ日経平均インデックスファンド

ベンチマークとして日経225(日経平均株価)のインデックス型投資信託がいいというときは、 ニッセイ日経平均インデックスファンド がおすすめです。

基本的に、日経225に連動するように、投資するのは日経225に採用されている銘柄の225の中の200以上です。

ベンチマークは日経225、購入時の手数料は無料、信託報酬は0.154%以内(税込)です。

三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slim 国内株式(TOPIX)

国内株式型のインデックス型の投資信託は、激しい信託報酬の値下げ競争があります。

信託報酬をあるインデックス型の投資信託が値下げすれば、別のインデックス型の投資信託も後追いするような値下げ合戦が継続しています。

投資家とするとありがたいでしょう。

この中でも、 eMAXIS Slim 国内株式(TOPIX) は信託報酬が安いものです。

2019年には信託報酬を2回値下げするなど、積極的に値下げしています。

また、近年は純資産総額がほとんど一貫して増えています

純資産総額がこれからもちょっとずつ増えるにつれて、運用がより安定して期待できるでしょう。

ベンチマークは東証株価指数(TOPIX)で、購入時の手数料は無料、信託報酬は0.154%以内(税込)です。

アクティブ型の投資信託

レオス・キャピタルワークスのひふみ投信、ひふみプラス

ひふみ投信 は、レオス・キャピタルワークスという独立系の会社が運用している投資信託です。

投資先は主として日本の成長企業になっています。

トータルの過去5年間のリターンは、成績が良く12.76%になっています。

積極的に情報を提供しており、情報をレオス・キャピタルワークスがセミナー・動画・メディアなどで発信しています。

つみたてNISA口座をレオス・キャピタルワークスで開設して購入したり、松井証券、SBI証券、楽天証券などのつみたてNISA口座から購入したりすることができます。

証券会社のときは、商品名が ひふみプラス になりますが、内容は同じものです。

ベンチマークはなし、購入時の手数料は無料、信託報酬は1.078%以内(税込)です。

コモンズ投信のコモンズ30ファンド

コモンズ30ファンド は、銘柄を選定するときの方針として「30年目線・30銘柄・対話」というものを掲げて、長期的に投資する投資信託です。

この方針は、30年間の長期的に成長するような銘柄を選択、基本的に投資対象は30銘柄くらい、会社との対話を重要視するというものです。

ほとんどの投資信託は分散して100銘柄以上に投資しますが、コモンズ30ファンドは、厳選して30銘柄程度に投資しています。

純資産総額もリターンも順調に増えており、評価が高い一つの投資信託でしょう。

ベンチマークはなし、購入時の手数料は無料、信託報酬は1.078%以内(税込)です。

日本の投資家としては、日本に住んで暮らしているため、つみたてNISAを利用するときは日本国内にまず投資しようとほとんど思うのではないでしょうか。

ポイント
このようなときは、ここでご紹介したような投資信託を主として考えると、ポートフォリオも組みやすいでしょう。

一般のNISAとつみたてNISAのおすすめの銘柄を紹介!

ここでは、一般のNISAとつみたてNISAはどっちが儲かる?NISAのおすすめの銘柄を紹介!についてご紹介しました。

これからNISAを利用して投資したいと思っている方は、ここでご紹介した一般のNISAとつみたてNISAのおすすめの銘柄をぜひ参考にしてください。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事