サラリーマン 副業 休日 手軽 始め方 1万円

確定拠出年金の種類とは?

少子高齢化による公的年金への不安や、老齢期のライフスタイルの多様化に対応するために 確定拠出年金 に興味を持たれているという方も多いでしょう。

確定拠出年金には掛金の出所によって個人型企業型 2種類 のものが存在します。

個人型も企業型も掛金の出所が違うとは言え、その 資産を運用するのは自分 だというところがこの年金の最大の特徴です。

確定拠出年金は個人で資産運用を行うため、国民年金や厚生年金のように加入した年月によってどれくらい資金が受け取れるのか予測をするのは難しい です。

上手く運用すれば老後の資金を豊かにすることができますが、下手すると元本割れを起こしてしまうというリスクも持っています。

個人で加入するかどうかは自分の意思で決めることができますが、企業型は会社で強制的に加入させられる場合があります

そうなると、勝手に脱退ができるものなのか、また転職や退職などライフスタイルが大きく変わってしまった時の手続きはどうしたらいいのかといった不安が過ぎるでしょう。

そのような場面で慌てないためにも、個人で加入する場合も企業で加入させられる場合にも 確定拠出年金とはどのようなものなのか、転職や退職事の手続きについてなど事前にある程度の情報を仕入れておくことが重要 です。

確定拠出年金は勝手に脱退できるものなのでしょうか。

転職や退職などライフスタイルが大きく変わってしまった時の手続きはどうしたらいいのでしょうか。

転職や退職をする際に必要な手続きはどうするの?

公的年金や健康保険など、転職や退職をする際には様々な手続きが必要になります。

企業が資金を拠出し、それを運用する企業型確定拠出年金もまた手続きが必要になってきます。

企業型確定拠出年金で転職や退職などの際にどのような手続きを取るか紹介します。

転職の場合、転職先の企業が確定拠出年金制度を導入している場合と導入していない場合によって対応方法が変わります。

もし転職先が企業型確定拠出年金を導入している企業の場合はそちらの制度に加入します。

年金資産も移す必要があるため、手続きの方法を転職先に訊ねましょう。

転職先に企業型確定拠出年金が導入されていない場合は、個人型確定拠出年金へ移換する必要があります。

そのために新たな口座の開設が必要です。

金融機関は以前と同じところを選ぶことも、新たに別のところを選ぶことも可能 です。

退職して専業主婦になった場合や自営業者、公務員へ転職する場合も企業型から個人型への移換が必要です。

企業型から個人型への手続きが面倒だから、そのままにしておくことはできないのかと感じる方もいるかもしれません。

しかし移換をしないまま 退職から6ヶ月 を過ぎてしまうと、 これまで積み立ててきた企業型確定拠出年金は現金にされ、自動的に国民年金基金連合会へと移換されてしまう のです。

現金化されてしまうと運用指図をすることができなくなってしまいます

また、自動移換される際に 4,269円もの手数料 が取られてしまうだけでなく、 管理手数料 もかかってしまいます。

✓POINT

手続きが多少面倒でも企業型確定拠出年金制度が無い会社への転職や退職する際には早めに個人型へ移換する手続きを取りましょう。

もし加入者が途中で亡くなってしまった場合には 死亡一時金として遺族などに支払われます 生前に受け取る遺族を指定することも可能です。

確定拠出年金を辞めたくなったらどうしたらいい?

企業型確定拠出年金のある会社から制度の無い会社へ転職したり、退職する際に確定拠出年金を脱退したいと考える方もいるかもしれません。

また、個人型確定拠出年金に加入したけれども生活の変化などで月々の掛金を積み立てるのが困難になったなどの理由で脱退を希望する方もいるでしょう。

脱退するとこれまでの資金は脱退一時金として受け取ることができます

しかし、確定拠出年金に加入してしまうと脱退するには かなり難しい条件 があります。

また、 途中で資金を現金化して引き出すこともできません

企業型は強制的に加入させられた場合は仕方が無いですが 個人型へ移換するしかありません

また、個人型に加入しようか考えている方も 1度加入してしまったら60歳を超えるまでは脱退は困難 だということを理解した上で選ぶ必要があります。

掛金にかけられる資金が不足し、 振り込みができない場合でも管理手数料などは発生 します。

もし掛金を積み立てるのが困難になってきた場合には、 金額を減らすことや一時停止することも可能 なので無理なく続けていく方がお得でしょう。

確定拠出年金は上手に運用すれば老後を豊かなものにしてくれる投資です。

他の金融商品より運用コストが低い、税制優遇があるといったメリットもあるので企業型に強制的に加入させられたという方で転職先に制度が導入されていないという場合や、 退職した場合でも個人型に入っておくことがプラスになることも考えられます

確定拠出年金を利用して、老後に向けて自分にできる範囲で資産運用を考えてみてはいかがでしょうか。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事