確定拠出年金おすすめの選び方は?スイッチングはいつすれば良い?

確定拠出年金とはどんな制度?

老後の為の資金となる年金は20歳以上の国民が支払の義務を持つ国民年金や、企業に勤めているサラリーマンが支払う厚生年金などが広く知られていますが、それらの強制定に入らなければならない年金制度以外にも個人や会社の判断で加入できる 確定拠出年金 というものがあります。

確定拠出年金には 個人型のiDeCo(イデコ) 企業型 の2種類がありますが、1度加入すると60歳まで途中で解約することはできません

そのため始めた年齢によってかなり長期での運用が必要な人も出てきます。

自分で資産を運用していくため、他の年金のように加入年数によってどれくらいもらえるか、はっきりとした計算をすることが難しく、 加入するかは自己責任 とも言われています。

どのような商品を選ぶかによって老後に手にできる資産額が変わってくる ので始める際にはしっかりと知識と情報を得ておくことがポイントになるでしょう。

個人型確定拠出年金も、企業型確定拠出年金も資産を運用するのは自分なので、将来どのように資産を確保しておきたいかビジョンを明確にしておくことも大切です。

自分で運用するならしっかり知識と情報収集しなくちゃいけないね


確定拠出年金はリスクとリターンを考えながら選択を

どのような金融商品でも買えば勝ち続けるというものではありません

勝てる時もあれば負ける時も必ずあります。誰しもができるだけ大きく勝って、負けは最小限に止めたいと考えるでしょう。

しかし、損失を恐れるあまりに守りに入りすぎてしまうと、最終的に思っていたより利益がでなかったという結果に陥ることがあります。

ハイリスク・ハイリターンとローリスク・ローリターンを意識して バランスよく投資することが大切 です。

確定拠出年金の商品には、 元本確保型 元本変動型 2種類があります。元本確保型は名前の通り、満期時の元本を保証し利益も確保してくるというものです。

商品の具体的な内容に定期預金や保険があります。元本が保証されるという点で何だかお得な気がしますが、 ローリスクである分、返ってくるリターンも低い と言えます。

もう1つの元本変動型は、運用の結果によっては 満期で受け取る金額が元本割れを起こす可能性がある というものです。しかしその一方で、大きく資産を増やせるチャンスがある、ハイリスク・ハイリターンの商品であることも魅力になります。

特に確定拠出年金は税制が優遇されているため、そこを利用して元本変動型の商品で老後の資産を増やせると考えることもできます。

元本変動型の商品には 投資信託 などが挙げられます。確定拠出年金は1本の商品に絞ることも、複数の商品に分散することも可能です。

運用割合も自分で決められるため、元本確保型の商品と元本変動型の商品のいくつかに資産を分散させて管理することでリスクを軽減させることも可能 です。

✓POINT

どんな商品を選ぶのか、また運用割合をどう割り振るのかは自分次第です。商品や割合について気になったら見直すこともできるので、自分に合うバランスを見ながら検討してみましょう。

スイッチングのタイミングは?

確定拠出年金を始めようと、いざ商品を購入したものはいいけれど、時間の経過と共に運用割合や商品について見直したいと考える時期が来るかと思います。

ライフスタイルの変化運用している資産のバランスが変わってきた時などは 見直しをするよいタイミング でしょう。

確定拠出年金の見直しをする際に重要になるのが 配分変更 スイッチング です。

配分変更とは、これまで購入してきた商品の配分割合や種類を変えることです。

ハイリスク・ハイリターンの商品の割合を減らし、手堅くローリスク・ローリターンの商品の割合を増やすなど、年齢や資産の運用状況に合わせて変更ができます

配分変更には手数料はかかりません

もう1つのスイッチングとは、利益を確保したい場合や資産配分割合を調整する際に使う方法です。

ある商品を購入し、それが値上がりして収益になっても、確定拠出年金は60歳まではその収益を現金で受け取ることはできません

しかし、今はプラスであってもいつ値下がりするかわからないという状況もあるでしょう。

こうした時は得た 収益を1度売却して、新たに元本確保型商品を購入してしまうという方法 があります。これがスイッチングです。

元本確保型商品では元本割れの心配がないので 得た収益を商品として新たに運用することができます

また、長期で運用する確定拠出年金は運用している間に少しずつ掛け金の配分と資産残高の配分にズレが生じ、ある商品の割合が多くなったり少なくなったりとバランスを欠くようになってきます。

バランスが悪くなるとリスクの分散が上手くできません。そこで 年に1回程度は分配のバランスを取る為にスイッチングをして調整することも必要 です。

運用レポートなどを見ながらスイッチングのタイミングも検討してみましょう。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事