FXのレバレッジの意味や仕組みとは?初心者におすすめの倍率はどれくらい?

FX取引といえば「レバレッジを効かせての取引」しかし、「レバレッジって何?」という人も少なくないでしょう。簡単には少ない資金をあたかも多くの資金を持っているかのようにFX取引をすることです。


お得な感じがしますが、場合によっては大きなリスクを伴うこともあります。ここで、レバレッジの意味と仕組み、さらにはこれからFX取引を行おうとしている初心者にお勧めのレバレッジ倍率をご紹介します。

FXのレバレッジとは何?

現在、国内のFX取引ではレバレッジは最大25倍となっています。それが近いうちには10倍に引き下げられるとか…。初心者にはわかりにくいレバレッジ倍率を詳しく紹介します。

レバレッジのメリットは?25倍ってどういうこと?

FX取引を行う場合、FX取引会社に投資の元でとなる証拠金を預けなければいけません。例えば10万円を預けた場合、10万円の取引が可能となるのですが、レバレッジを効かすことで、25倍でしたら、10万円の25倍、すなわち250万円分の取引が可能となるのです。

さらに例をあげると、1ドル100円でしたら、10万円の資金では1,000ドルの購入となるのですが、レバレッジ25倍でしたら25,000ドルの取引ができるのです。そのため、1ドル100円で購入したドルが101円になった場合、レバレッジを効かさない場合は1,000円の利益でしかありませんが、レバレッジ25倍でしたら、25,000円の利益となるのです。これはかなりのリターンと言えるでしょう。

レバレッジってすごく大切なんだね!

レバレッジはハイリスク・ハイリターン

レバレッジはいわゆる、テコの原理の応用と考えてよく、小さな力で大きなものを動かすことができるものです。そのため、少額でも大きな取引ができるメリットがありますが、思っている方向に為替が動けば大きな利益があります。反対に思っている方向と逆に振れると大きな損失を出してしまうことになるのです。例えば、上述した例でしたら、レバレッジを25倍にすることで、25倍の利益を出すことができました。これを逆に考えると、25倍の損失を出すこともあるということです。そのため、レバレッジを効かすということはハイリスク・ハイリターンであり、諸刃の刃と考えていいでしょう。

レバレッジはどのようなときに使う?

逆ぶれで大きな損失を出すことが考えられるので、超短期的な取引で、振れる方向が高い確率でわかっているときに使うべきものです。とくに、大きなレバレッジを効かす場合は、確信が高いときと考えたほうがいいでしょう。FXのレバレッジの倍率は上げれば上げるほどハイリスクとなります。もちろんハイリターンを得るためには当然のことですが、少しのぶれで大きな損失を出すこともあります。次の項ではそのことについて詳しく説明します。

FXのロスカットの仕組みを理解する

FX取引にはロスカットという仕組みがあります。FX取引において思っている方向と逆に振れてしまったときに、預けていたお金(証拠金)に対して一定金額以上の損失が出ないようにするものです。

ロスカットルールを理解する

FX取引をしているとき、これをポジションと呼んでいるのですが、それが買い持ちなのか売り持ちなのか、リアルタイムに時価評価計算をしています。これを 「値洗い」 と呼んでいるます。

買い持ち、売り持ちをしているすべての証拠金に対して、FX取引会社があらかじめ定めている比率(証拠金維持率以下)となった場合、自動的にすべてのポジションをロスカット(強制決済)することになっているのです。特にレバレッジを高倍率にしている場合、逆ブレですぐにロスカットする公算が高いので注意が必要です。

FX取引会社によって証拠金維持率は違う

証拠金維持率というのは、FX取引会社が独自に定めるものですから一律ではありません。FX取引会社の大手である、「外為ジャパン」の証拠金維持率は60%となっています。

ロスカットが発生するケース

60%の証拠金維持率の場合のロスカットされるケースです。

・証拠金:5万円
・1ドル:100円
このとき、レバレッジ25倍で1万ドル購入(自己資金4万円)
・1ドル:97.330円
・(97.330円-100円)×1万ドル=-26,700円
・26,700円の損失

証拠金維持率は60%でそれ以下になるとロスカット(強制決済)となります。

1ドルが97.330円になったので、レバレッジ25倍でのポジション証拠金は以下となります。
リアルタイムレート×通貨量÷レバレッジ ここに数値を当てはめると以下となります。
97.330円×10,000÷25=38,932円

5万円の証拠金のうち、26,700円の損失を出したので手持ち資金は強制決済によって以下となります。
50,000円-26,700円=23,300円 この金額から証拠金維持率(残証拠金÷ポジション証拠金)を求めます。

23,300円÷38,932円×100=59.85%

上記のように 証拠金維持率が60%以下 となったので、レートが1ドル97.330円になった時点でロスカットされます。

実際には自動的に決済がされますので、いちいち自分で計算する必要はありませんが、どのあたりが強制ロスカットとのLINEかは知っておきましょう。

レバレッジを25倍ではなく10倍程度にした場合、証拠金が5万円では購入できるドルは少なくなりますが、100円から97.330円に下ぶれした場合でも、損失額は少なくなるので、ロスカットされることはありません。レバレッジを高くすればするほど、高額取引ができるのですが、その分少しでも下ぶれした場合にロスカットされる公算が強くなるのです。

FXにおけるロスカットの意味とは

簡単に ロスカットの意義 についてまとめます。

資金を守る

ロスカットが発生するときというのは、FX取引会社が定めた証拠金維持率を下回ったときです。すなわち損失を出したときということになります。レバレッジを高めに設定した場合、逆ぶれで損失を出す場合が多く、放っておくと証拠金がゼロになってしまいます。大事な資金を守るためにロスカットが存在しているということです。いわゆる最低限の損きりをしてくれると考えるとわかりやすいでしょう。

機会損失を防ぐ

ロスカットは自己資金を守るためのものですが、さらに機会損失を防ぎます。ロスカットしない(強制決済しない)ということはずっと含み損を持ち続けるということになります。レバレッジを高く設定していると、そこから利益を出すことは不可能です。そのため、早く見切りをつけて(強制決済し)次の投資に向かわなくてはいけません。含み損を抱えているだけでは、次の投資の機会をなくしてしまうということです。

FXロスカットを避けるためのリスクの限定

FX取引で勝ち続けるための考え方として「リスクの限定」があります。これは、リスクさえ確実に限定できれば大きく負けることはないという考え方です。「1度の投資で損失は1万円に抑える」というもので、損切りに近い考え方です。

リスクをしっかりと限定しているので、それ以上の損失はありません。投資の世界では、どこまで損をするのか未知数の場合があります。それをあらかじめリスクの限定で損失を確定しておくことで、自己資金がなくなることを未然に防ぐことができるのです。

初心者におすすめのレバレッジ倍率は?

では、FX初心者の方におすすめのレバレッジの倍率はどれくらいになるのでしょうか。

例えば、 レバレッジ1倍 では、ほぼ「外貨預金」と同じですから、FX取引をする必要はありません。余裕資産がかなりある場合は、FX取引をする理由となりますが、少額資金でFX取引をする場合、レバレッジ1倍では確かにリスクは最小限になりますが、現実的とはいえません。

初心者のレバレッジ

単純にFX取引で25倍のレバレッジ設定をすると、利益は25倍が見込めますが損失も25倍に増えます。初心者にとってはハイリスクとなるので、ローリスク・ローリターンを考えるべきでしょう。そのため、値動きなどを確認するためにも最初はレバレッジを1倍から3倍程度に抑えるとよいでしょう。

レバレッジは証拠金で決まる

FX取引は預けた額(証拠金)の範囲で取引されます。そのため、証拠金以上の取引はできないので、証拠金でレバレッジ倍率も決まるということです。単純にはレバレッジ倍率を決めてそれで、どれだけ通貨が購入できるかということになるのです。それが少ない資金でできるだけレバレッジを効かせてより多くの通貨を購入するということになります。

たいていはハイリスクとなってしまうため、初心者には不向きです。できるだけレバレッジを効かせて多くの通貨を購入するというのではなく、レバレッジを1倍から3倍程度の範囲で、通貨を証拠金いっぱいまで購入してみるのが、初心者のFX取引としては正解といえるでしょう。

まとめ

FX取引はレバレッジを効かすことができるので、ハイリスクと思われがちです。確かにそうなのですが、レバレッジを上げすぎると危険というだけのものです。そのことを念頭において初心はレバレッジを上げすぎないこと、3倍以内に抑えての取引がおすすめです。

自分なりのルールをしっかりと守ってトレードしていきましょうね!

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事