閉じる
  1. 投資初心者が株トレードで論理的に勝つ方法 トレード基本編 
閉じる
    閉じる
    初心者の為の副業工学ラボ

    確定拠出年金(iDeCo)ってなに?引き出し、受け取り方法は?

    まとめ 作り方 情報商材 方法 解説 販売

    日本の年金制度とは

    年金と聞けば国民年金厚生年金のイメージを思い浮かべる方が多いでしょう。

    国民年金は20歳以上の日本国民は加入が必須の年金で、厚生年金は企業に勤めているサラリーマンは加入しなければいけません。

    その他にも、自営業やフリーランスの人が任意で加入できる国民年金基金などがあります。

    よく、日本の年金制度は「 三階建て 」といった言い方をされます。

    国民全員が加入する国民年金が三階建ての一階部分、そしてその上に厚生年金や国民年金基金が乗っかります。

    一階と二階の部分は公的年金と呼ばれ、老後の生活を社会が支えるという目的 で成り立っています。

    更にその上の三階部分には会社が従業員の福利厚生として任意で行っている企業年金があり、 確定拠出年金もこの三階部分に当たる年金 です。

    公的年金の支給開始年齢が引き上げられたことにより、60歳で企業を退職した後から年金をもらえるまでの期間どうやって生活していくのか、またその後年金を貰ってからの生活についても、 早いうちから人生設計をしっかり行わないといけない時代 になりました。

    ✓POINT

    少子高齢化によって昔のように公的年金で老後がじゅうぶんに暮らしていけるのか不安だという方にとって、確定拠出年金は個人で加入ができ、運用次第では資金を大きく増やすこともできるという魅力があります。

    確定拠出年金(iDeCo)の特徴やメリットは?もう少し詳しく教えてください。

    確定拠出年金(iDeCo)の特徴やメリットは?

    確定拠出年金は、国民年金や厚生年金のように加入したらそのままにしておけばいいものと異なり、 資金を個人で運用していく年金 です。

    確定拠出年金の中にも企業が掛金を拠出するものを 企業型確定拠出年金 と、個人が拠出する 個人型確定拠出年金(iDeCo「イデコ」) があります。

    どちらも掛金の出所が違うだけで、運用は自分で行わなければいけません。

    そして、他の金融商品と同様に利益を得ることもできれば損をすることもあります

    そのため、 確定拠出年金はどのような結果になっても自己責任となる というところに注意が必要です。

    年金がもらえるのは嬉しいけれど、元本割れして資金がかえって減ってしまうのは嫌だと考える人には 元本が確保される元本確保型の保険や定期預金の商品を購入する方法を選ぶことも可能 です。

    元本確保型はリスクが低いというメリットがありますが、一方で大きく資産を増やせないというデメリットもあります。

    老後はしっかり資金に余裕を持たせたいという場合にはハイリスク・ハイリターンにはなりますが投資信託などを扱っている元本変動型の商品を購入するという方法があります。

    個人型確定拠出年金の場合、 税制優遇措置 が取られており、掛金が所得控除の対象となっていたり他の金融商品と比べて運用コストが安いというメリットがあります。

    商品を選ぶことも、資産の運用割合をどんな配分にするかも自分で決めることができるので、リスクを分散させるためにも元本保証型の商品と元本変動型の商品をバランスよく購入して運用するという方法も取ることができます。

    確定拠出年金は1度加入すると原則60歳まで資金を受け取ることや脱退することも難しいため加入をする際には将来のことも含めてよく考える必要がありますが、 公的年金だけでは老後が不安だという方にとって資産運用の1つの方法として検討してみるのもよい でしょう。

    確定拠出年金はいつから、どうやって受け取ることができるの?

    確定拠出年金は、 年金という名前の通り老後の資金として受け取るためのもの です。そのため、加入すると原則60歳までは資金を引き出すことはできません

    しかし、いくつか例外もあります。

    もっとも一般的な受け取り方が 老齢給付金 と呼ばれる60歳以降に受け取る方法です。

    老齢給付金も、資金を分散して年金として定期的に受け取る方法と
    一時金として一括で受け取る方法、
    年金と一時金を併用して受け取る方法の3種類があります。

    老齢給付金の他に障害給付金死亡一時金という受け取り方もあります。

    障害給付金は、障害基礎年金を受けられる程度の障害が発生した場合 60歳になっていなくてもこれまで運用していた確定拠出年金を受け取ることが可能 になります。

    また、加入者が死亡し、確定拠出年金の資産が残っている場合は 一時金 として親族などが受け取ることができます

    この場合、年金として定期的に給付されるのではなく 一時金としてのみ 支払われます。

    生前に死亡一時金を誰に受け取ってもらうか指定することも可能です。

    確定拠出年金は基本的に60歳になるまでは脱退することができません

    しかし、特定の条件を満たせば脱退ができ、 脱退一時金 として資金を受け取ることができます。

    個人型確定拠出年金の脱退には

    国民年金保険料を免除されていることの他、
    通算拠出期間の限定、
    企業型確定拠出年金からの脱退一時金を支給されていないこと

    などの条件が課せられます。

    これらの条件を見ると、 余程のことでないと脱退は難しい と思った方がよいでしょう。

    関連記事

    1. 確定拠出年金の年末調整や確定申告の方法は?掛金の上限はどこまで?…

    2. 確定拠出年金のメリットとデメリットをわかりやすく!マイナスになっ…

    3. 確定拠出年金おすすめの選び方は?スイッチングはいつすれば良い?

    4. サラリーマン 副業 休日 手軽 始め方 1万円

      転職・死亡時に確定拠出年金はどうなる?辞めたくなったら解約や脱退…

    おすすめ記事

    1. 投資初心者が株トレードで論理的に勝つ方法 トレード基本編 

    僕とLINE@で繋がりましょう!

    副業工学YOUTUBEチャンネル

    YOUTUBEチャンネル登録

     

    バイナリーオプションおすすめ会社

    Japanese all-rounder

    Twitter フォロワー5,000名突破!

    30万円即金ノウハウプレゼント

    ページ上部へ戻る