出金 手数料 1000円 騙された

為替レートを使った取引方法であるバイナリーオプションは最低1000円からスタートできて、サラリーマンの副業として流行しています。

しかし、副業ブームを利用しての詐欺行為を働く業者もおり、バイナリーオプションの出金方法や手数料について知っておくべきです。

バイナリーオプションの出金方法や手数料について

これからバイナリーオプション口座を開設しようと思う方は出金方法や手数料について知っておくべきです。バイナリーオプションの詐欺の手口にも関係することで、取引用に資金を入れて出金できないといったトラブルがあります。

また、勝ち取引が無効にされるというケースもないわけではありません。

詐欺被害に遭わないためにも出金方法や手数料について知っておくことが肝心です。

健全な運営を行っている業者ほど明確に安心できる理由が設けられています。

出金方法とは

国内バイナリーオプションの出金方法は 銀行口座への送金による出金のみ です。手数料が無料で出金手続きに1営業日がかかります。そして、土日祝日による出金手続きは翌営業日に出金受付を行います。

海外バイナリーオプション業者の出金方法はクレジットカード出金、オンライン決済サービス出金、銀行口座への送金による出金といった選択肢が多いのが特徴です。

日本の銀行口座へ海外バイナリーオプション口座から送金する場合、手数料は無料か最大2000円の有料であり、反映時間は1営業日~2営業日となります。オンライン決済サービス出金も手数料は無料か数%の有料です。

リアルタイムで出金が反映されて、手数料が無料の海外バイナリーオプション業者も多いのが魅力的です。クレジットカード出金は手数料が無料か最大1000円の有料で、反映時間は1営業日~2営業日となります。手数料が比較的安いのが特徴です。

出金の手順としてはまず管理画面にログインし、入金/出金タグをクリックしましょう。次に銀行口座を登録し、再度入金/出金タグをクリックします。

そして、出金すれば口座に入金されます。注意点となるのはボーナスの出金は無条件に出金できる業者と条件をクリアしないと出金できない業者があることです。

海外バイナリーオプションの出金トラブル例について

海外バイナリーオプションの出金トラブルは大きく3つあります。

まず、 出金拒否 についてです。出金依頼用の書類や本人確認書類の提出を求め、その間に連絡が取れないようにする手口が主流となっています。

ボーナスやキャンペーンの出金ができない のもひとつの出金トラブル例です。ボーナスやキャンペーンを行っての集客を行うものの、出金条件が厳しくて条件を満たないと出金できなくなってしまいます。

出金する条件が入金額の数十倍である場合もあるため、注意しないといけません。事前に出金条件についての下調べをしておけば、選択すべきかどうかの判断ができるはずです。

そして、 出金を申請してから出金まで10日~数カ月かかる場合 もあります。すぐに出金したいのに時間がかかってしまうのはストレスの理由となるのは間違いありません。

これらの出金トラブルを回避するためには国内のバイナリーオプションを利用するのが望ましく、2005年改正金融先物取引法が施行されたことで金融庁が認めた業者しかいない安心感があります。

出金方法は銀行振込しか選べないものの、手数料が無料で出金も早いです。信託保全もあるため、もしも業者が倒産しても資金は全額顧客に返還されます。

詐欺の可能性のある業者の特徴

出金トラブルを避けるためには国内のバイナリーオプションを選択するのが確実であるものの、海外バイナリーオプションを選択する場合は詐欺の可能性のある業者の特徴に該当するかを確認するのが肝心です。

勝ち取引が無効にされる、必要以上の情報を要求される場合は詐欺の可能性を疑いましょう。

運営会社についての下調べをしておくとともに、少額での入金で返金ができるか試してみるのも効果的です。さらに、インターネット上で被害報告がないかも確認すべきです。

詐欺の可能性のある業者を避ければ、必然的に健全な運営を行っている業者を選択することになります。

事前に口コミなどでそれぞれの業者の評判を確認し、本当に選択すべきかを考えたうえでの選択を心がけましょう。

海外バイナリーオプション業者の選択基準について

一口に海外バイナリーオプション業者といっても、数多く存在しているからこそどこを選択すればよいか迷ってしまう方もいるはずです。

ひとつの選択基準となるのは、利益を多く得るためにできる手数料のかからない海外バイナリーオプション業者を選択することです。

サラリーマンの副業とする場合は何度も入出金をすることになるため、手数料の差も大きくなっていくのはいうまでもありません。ここでは、下記3つを比較検討します。

 1. ハイローオーストラリア
 2. ザ・オプション
 3. ファイブスターズマーケッツ

銀行振込での手数料について

銀行振込の場合、入金手数料はどの海外バイナリーオプション業者を選択しても無料です。問題となるのは出金手数料についてです。

ファイブスターズマーケッツが1000円、ザ・オプションが2000円、ハイローオーストラリアが無料となります。銀行振込を選択した場合、単純な比較をすると ハイローオーストラリアを選択するのが最もお得 であるのは明白です。

次にクレジットカード出金も入金手数料はかかりません。出金手数料はファイブスターズマーケッツとザ・オプションが1000円、ハイローオーストラリアは2017年1月31日より不可となりました。

ザ・オプションを選択した場合は出金手数料が月3回まで無料であるのが注目すべき点となります。

クレジットカード出金を選択する場合はザ・オプションを選択して月3回までの出金に抑えれば、手数料がかかることはありません。

口座反映時間の差について

海外バイナリーオプション業者を選択するにあたって口座反映時間の差も選択基準となります。

クレジットカード出金の場合はどの海外バイナリーオプション業者を選択してもすぐに反映されるものの、問題となるのは銀行振込の場合です。

ここでもハイローオーストラリア、ザ・オプション、ファイブスターズマーケッツで比較してみましょう。

ハイローオーストラリアは9時~12時までの入金であれば15時前に反映され、クイック入金を利用することで24時間即時反映されるのも魅力的です。15時以降の入金の場合は翌日に反映されます。

ザ・オプションは反映されるまでに1日~2日かかり、ファイブスターズマーケッツも15時前の入金で当日に反映されます。何度も入出金する場合はやはり口座反映時間が重要であり、悪質業者でないことを確認する意味でも対応すべきです。

海外バイナリーオプション業者は出金できるまでの期間が長いものの、当日反映される選択をすれば問題ありません

まとめ

バイナリーオプションは最低1000円から取引をスタートできるサラリーマンにとっての新しい副業として注目されています。しかし、安心できる業者を選択しないと出金トラブルに見舞われるかもしれません。

銀行振込しか選択できないものの、国内のバイナリーオプション業者を選択するのが肝心となります。海外バイナリーオプション業者を選択する場合は出金が迅速で手数料が安いかどうかに注目しましょう。

そして、 詐欺の可能性のある海外バイナリーオプション業者を避けるのが肝心 となります。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事