閉じる
  1. 投資初心者が株トレードで論理的に勝つ方法 トレード基本編 
閉じる
    閉じる
    初心者の為の副業工学ラボ

    確定拠出年金の年末調整や確定申告の方法は?掛金の上限はどこまで?

    確定拠出年金のメリットを最大限受けるには?

    現在の公的年金では老後のための資金が少し不安だと感じている方も多いでしょう。

    そこでより魅力的に見えるのが、自分で資産を運用して老後に備えることができる 確定拠出年金 の存在です。

    個人で掛金を積み立てる 個人型確定拠出年金(iDeCo) と企業が掛金を出し、それを個人で運用する 企業型確定拠出年金 の2種類があります。

    年金という名前がついているだけあって、確定拠出年金は通常の投資と異なり60歳を超えるまでお金を受け取ることができず、脱退ができないというのも特徴です。

    運用した利益を今すぐ現金に換えたいという要望に応えることはできませんが、上手に運用することで将来の為の資産が増えるチャンスがあります。

    昔と今のライフスタイルの変化や少子高齢化の影響によって公的年金への不安もある中で、自分の資産を自分で管理し増やしていくことの必要性も高まってくるでしょう。

    確定拠出年金にはいくつかのメリットがあります。その中に、運用コストが他の金融商品と比べて低いといったものもありますが、何と言っても最大のメリットは 税制優遇措置 です。

    所得税と住民税が軽減されるので、税金の還付や所得控除を受けられます。

    しかし、この有利なメリットもただ確定拠出年金に加入するだけでは得ることができません

    メリットの恩恵を受けるにはどうしたらいいんでしょうか

    確定拠出年金の年末調整や確定申告のやり方

    毎年サラリーマンや公務員の方は年末調整を、自営業の方は確定申告を行います。

    確定拠出年金の掛金を支払っているのなら、年末調整や確定申告をすることで所得税を還付することが可能になります。

    そのためには必要な書類があるのでまずはそちらを準備しましょう。

    年末調整・確定申告どちらの場合でも「 小規模企業共済等掛金振込証明書 」という書類が必要です。

    この書類は毎年10月頃になると国民年金基金連合会より送られてきます

    年末調整の場合は、この書類のほかに勤務先から年末調整に必要な書類が渡されるのでそちらの必要事項を記入し、小規模企業共済等掛金振込証明書を添付して勤務先に提出します。

    記入のやり方が分からない場合には総務担当者などに聞いてみることをおすすめします。

    確定拠出年金の支払方法を年1回にしている場合や、
    10月以降に掛け金を払った場合
    また年末調整をうっかり忘れてしまったという場合には

    自営業の方と同様に確定申告をしなければいけません。

    確定申告の場合にも小規模企業共済等掛金振込証明書が必要になりますが、この書類が届くのが10月頃のため、確定申告が始まる翌年の2月~3月にかけて無くさないように保管しておきましょう。

    確定申告の書類で確定拠出年金に関わる項目は確定申告書B・第一表にある「小規模企業共済等掛金控除13」という箇所と、確定申告書B・第二表にある「13小規模企業共済等掛金控除」の「掛金の種類」という欄です。

    届いた小規模企業共済等掛金振込証明書を見ながら第一表の空欄には支払った掛金の総額を記入し、第二表の「掛金の種類」という箇所には「個人型確定拠出年金」と記入しましょう。

    最後に支払掛金と合計の欄に掛金の総額を記載すれば書類の準備は完了です。

    確定申告に 必要な書類一式と共に小規模企業共済等掛金振込証明書を税務署に提出 しましょう。

    確定拠出年金ってどれくらいまで掛金が出せるの?


    確定拠出年金は自分で資産を運用できることが特徴なので、将来のための投資として始めてみたいと考えている方もいるでしょう。

    そのためにできるだけ掛金を多く出したいと思っていても、実は確定拠出年金の掛金には上限があります

    上限額は自営業の人と会社員の方などで違いが見られます。

    例えば、自営業者の場合は月額68,000円、企業型確定拠出年金に加入している会社員の方なら月額20,000円まで掛金を拠出することが可能です。

    また、会社員でも企業型確定拠出年金のない会社に勤めていて個人型に加入しているという方や専業主婦(夫)の方は23,000円になります。

    掛金をいくらにするかは生活に無理のない範囲で決めることが重要です。

    特に子供の進学や家族の介護など、これまでの生活と大きく変わるイベントが発生した際にはお金が必要になってきます。

    確定拠出年金は60歳を過ぎるまでこれまでの掛金や利益を引き出すことはできません

    個人型の場合、もし掛金の金額を変更したいという場合、年に1度変更できるタイミングがあるので、その時の家計の状態に合わせて見直しをしてみることをおすすめします。

    長期的に見ると老後の生活に安心を与えてくれる確定拠出年金ですが、現在の生活を圧迫するような運用の仕方をしているといざという時にすぐに使えるお金が無いということも起こります。

    普段の生活と将来の投資のバランスを見ながら、確定拠出年金以外にも短期で資産を増やす方法を取り入れるなど工夫してみるとよいでしょう。

    関連記事

    1. 確定拠出年金おすすめの選び方は?スイッチングはいつすれば良い?

    2. サラリーマン 副業 休日 手軽 始め方 1万円

      転職・死亡時に確定拠出年金はどうなる?辞めたくなったら解約や脱退…

    3. まとめ 作り方 情報商材 方法 解説 販売

      確定拠出年金(iDeCo)ってなに?引き出し、受け取り方法は?

    4. 確定拠出年金のメリットとデメリットをわかりやすく!マイナスになっ…

    おすすめ記事

    1. 投資初心者が株トレードで論理的に勝つ方法 トレード基本編 

    僕とLINE@で繋がりましょう!

    副業工学YOUTUBEチャンネル

    YOUTUBEチャンネル登録

     

    バイナリーオプションおすすめ会社

    Japanese all-rounder

    ピックアップ記事

    1. a- bookとb-bookとは いま、投資をはじめようと思っている人の多くが、自宅でパソコ…
    2. まとめ 作り方 情報商材 方法 解説 販売
      日本の年金制度とは年金と聞けば国民年金や厚生年金のイメージを思い浮かべる方が多いでしょう。…
    3. サラリーマン 副業 休日 手軽 始め方 1万円
      確定拠出年金の種類とは?少子高齢化による公的年金への不安や、老齢期のライフスタイルの多様化に対応…

    Twitter フォロワー5,000名突破!

    30万円即金ノウハウプレゼント

    ページ上部へ戻る