ハイローオーストラリア撤退

今の時代においては何をするにしても スマホで完結できる のがひとつのテーマとなっています。買い物をするにしてもスマホだけで完結できるのが当たり前となっています。

口座開設からバイナリーオプション取引をスマホのみで完結できるバイナリーオプションは今の時代に適しているといえます。

仕事の休憩時間や移動時間とちょっとした合間にバイナリーオプション取引を行うことができるため、忙しい日々を送っている方も取り組みやすいですね。

トモヒロ
ただしハイローオーストラリアに関しては、口座が凍結してしまう人や、バイナリーオプションの詐欺的な商材が出回ってしまっている為に「安心して」取り組めない、という声もよく聞きます。

さらには、バイナリーオプション取引を行えるハイローオーストラリアのサイト自体が日本から撤退するという噂があり、これからチャレンジしたいと思う方やすでにチャレンジしている方にとって不安を感じる理由になるでしょう。

問題となるのはなぜハイローオーストラリアが日本から撤退するのかという点です。バイナリーオプション取引がなくなってしまうのでしょうか?

ハイローオーストラリアが取り巻く環境が変わることによってユーザーも対応していかないといけないのはいうまでもありません。今までとこれからで ハイローオーストラリアがどう変わっていくのか を解説していきます。

ハイローオーストラリアが日本撤退?ウワサの真相と今後

バイナリーオプション取引が手軽に行えるハイローオーストラリアが日本から撤退するといわれるのには理由があります。

ハイローオーストラリア運営会社である「Highlow Markets Pty. Ltd.」が2019年6月にマーシャル諸島共和国の「 HLMI Ltd. 」へ運営会社が変わったことです。

太平洋に浮かぶ小さな島国であるマーシャル諸島共和国の「 HLMI Ltd. 」へ運営会社が変わって、日本国内で口座を持つユーザーが口座以降手続きを取らないといけなくなりました。

トモヒロ
そもそもハイローオーストラリアを運営していた「Highlow Markets Pty. Ltd.」は元々日本国内では、無登録業者であったのが問題でした。

だからこそ運営会社が急に変更となったのです。

日本において今後のハイローオーストラリアはどうなる?

ハイローオーストラリアの場合では日本国内では無登録業者であったという背景があります。日本から撤退することになり、今まで同様にバイナリーオプション取引ができなくなると思うユーザーも少なくないのは妥当といえます。

Highlow Markets Pty. Ltd.」がオーストラリア居住以外で金融サービスを終了し、日本で利用している方は引き継がれた「 HLMI Ltd. 」で利用することになります。

すでにバイナリーオプション取引を何度も行っている方よりもこれからもバイナリーオプション取引を行うことを考える方にとっての不安は大きくなるものです。

過去に自転車操業で運営されていた海外のバイナリーオプション業者が潰れていったという事実もあります。

さらにかつて日本向けサービスの終了の規制によってサービスを終了するバイナリーオプション業者の数も少なくありません。

経営をしていけるだけの資金がないのなら潰れていくのはどの業界の業者であったとしても同じです

ハイローオーストラリアが口座移行を行った理由とトレードの影響

Highlow Markets Pty. Ltd.」がオーストラリア居住以外での金融サービスを終了したことが、ハイローオーストラリアが口座移行を必要とする理由です。

移行に至った経緯
Highlow Markets Pty. Ltd.」から「 HLMI LTD 」への移行に至った経緯としては、日本の金融庁と似た監督機関である「 ASIC 」がバイナリーオプション被害の拡大による社会問題を懸念しました。

そして2019年8月に「バイナリーオプションの禁止及びCFDの取引制限に関する規制策案」を発表した次第です。

「ASIC」がバイナリーオプションの販売を禁止した

ASIC 」がバイナリーオプションの販売を禁止したのは参加者のおよそ80%が損し、経済的な価値を提供するサービスではないと判断したためです。

Highlow Markets Pty. Ltd.」は国内外でバイナリーオプションサービスを運営できなくなるのを懸念し、規制外であるマーシャル諸島共和国にある関連会社に移行しました。

いうならば監督機関である「 ASIC 」がバイナリーオプションを取り巻く法律を変えようとして「Highlow Markets Pty. Ltd.」が今後を懸念して関連会社に移行する運びになりました。

トモヒロ
とはいってもトレード自体には何も影響はありません。運営会社が潰れて資金が返ってこないという点もそれほど心配することはありません。

ユーザー視点で考えると今回の関連会社移転騒動に関してはあまり影響がなく、口座の移行に関してもハイローオーストラリアにログインして「口座を移行する」という項目をクリックすれば完了です。

現状ハイローオーストラリアがなくなる心配は無し!

あくまでも2020年現在であるものの現状ハイローオーストラリアがなくなることを心配する理由はありません。現状で多くの日本人ユーザーが利用する HLMI LTD 」が潰れることになればすでに何かしらの影響が出るものです。

入出金ができなくなると運営会社が潰れる前兆のひとつです。実際に「 HLMI LTD 」を利用すれば分かる通り、入出金がスムーズに行うことができます。

ハイローオーストラリアが日本から撤退し、潰れてしまうのかと懸念するのは当然です。しかし今回の騒動はあくまでも今後の運営を考えて「HLMI LTD」への移行をしただけです。

ハイローオーストラリアに限らず、ほかの業界であったとしても今ある会社から別の会社に運営会社が移行することは珍しくはありません。

しかし今ある会社が潰れるから別の会社に運営会社が移行するわけではありません。別の会社に運営会社が移行した方が都合がよいからという単純な理由である場合も少なくありません。

ユーザー目線で言えば特に変更点は無い

日本の会社ではなく海外の会社であるからこそ日本人ユーザーが不安を抱くのは当然だと思います。

しかし、ユーザー目線でいえば特に変更点はありません。あくまでも現状ハイローオーストラリアが潰れることはないからこそ、先々のことに関しては分からないものです。

不安である場合は、入金する時にハイローオーストラリアへ大金を入れないようにし、無用なリスクは抑える事がよいでしょう。そして 今後の動向に関しても注目 した方がよいでしょう。

ハイローオーストラリアを利用する日本人ユーザーからすれば、不安を募る理由となる運営会社の移転騒動であっても過度な心配をすることはありません。

トモヒロ
今までの会社から別の会社に移転して同じサービスを提供することになるのが現状と考えて問題ありません。

highlowでのバイナリーオプション取引は違法なの?

ハイローオーストラリアでのバイナリーオプション取引が違法といわれる理由の最たるところはトラブルが生じたときに業者への追求が難しいためです。

バイナリーオプション取引は法的には金融商品取引業に部類に属し、 投資取引 のひとつとなります。

注目点のひとつがハイローオーストラリアは日本国内で金融商品取引業の運営及び勧誘の登録を行っていません。
未登録の状態でハイローオーストラリアが運営されていると思うのは当然といえます。日本金融庁はさまざまな規制を課し、海外のバイナリーオプション業者は規制を受けることを避けるために 未登録 で運営を行っています。

ユーザーがハイローを利用することは違法では無い

ユーザー視点で考えるとハイローオーストラリアを利用しても違法とはなりません。あくまでもバイナリーオプション業者への規制を行い、ユーザーが利用することそのものは禁止していません。

金融庁の未登録業者で取引をした場合、トラブルが発生するとどのように追求すればよいか分からなくなるものです。

ハイローオーストラリアをはじめとした海外のバイナリーオプション業者を利用するのは 自己責任 であることを表記があります。

トモヒロ
しかしハイローオーストラリアの公式サイトではトラブルが生じないための利用上の注意事項が記載されています。

GoogleやFacebookはバイナリーオプション広告を禁止する動きあり

2018年6月にGoogleやFacebookはバイナリーオプション系の内容を主とする広告の全面禁止を打ち出したものの、9月には 広告配信を一部認める方針 となりました。

アメリカ国民からの避難やFBIからの外圧が理由で一度は広告の全面禁止を打ち出す運びになりました。

GoogleやFacebookは広告業を生業として会社であり、信頼と安全を担保して広告配信を一部認めることになりました。

今後のブロックチェーン技術の可能性を考慮し、競合他社から主導権を握るために解禁する必要があったのです。

しかし日本においては 金融庁認定の業者に限定 して広告を掲載することを許可しました。

ハイローオーストラリアは上記で述べている通り、金融庁に未登録で運営されています。GoogleやFacebookからハイローオーストラリアの広告を見ることはないといえる理由です。

今後バイナリーオプションオプション業者を取り巻く環境がどのように変わっていくかは分からず、現段階ではハイローオーストラリアの広告は規制される対象にあるといえます。

あくまでも ルール が変わればバイナリーオプション業者も変わっていき、ユーザーにどのように影響を及ぼすかはそのときになってみないと分かりません。

まとめ

実はまだ日本ではあまり知られていないハイローオーストラリアですが、今後、急速に日本で普及する可能性を秘めています。ポイント等を以下にまとめてみました。

【チェックポイント】

  • ハイローオーストラリアは日本から撤退しない
  • ハイローオーストラリアに違法性はない
  • 現状ハイローオーストラリアは潰れる心配はない
  • GoogleやFacebookはバイナリーオプション広告を一部認める

いかがでしたでしょうか?まだ、投資経験のない方も、これから投資をはじめてみたい方にもきっと、魅力的な金融商品になると筆者は思います。ぜひ、少額で始められるハイローオーストラリアを検討してみてください。

ハイローオーストラリアの登録

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事