FX投資
FX 移動平均線 期間 おすすめ 設定

FXのチャート分析において 移動平均線 重要なテクニカル指標となります。法則通りに動くことが多いからこそ、信頼性も高いです。

移動平均線の種類についての知識を有し、さらに短期、中期、長期の期間における正しい設定方法を習得すれば、取引に活かせます

短期、中期、長期の投資方法は、レバレッジの割合、トレードに割ける時間、運用資金やリスクヘッジの方法などにより、人によってかなり方向性が違います。自動の売買ツールを使い、時間短縮を図る方法もあります。

しかし、最終的に運用のときに重要になるのは、ロジックを自分で十分に理解し、どのような相場のときにトレードをして利益をあげていくのか、方向性を確立していることです。

以下にトレードのテクニカル要素やポイントをご紹介します。

移動平均線は3種類ある

移動平均線は3種類あり、計算方法はそれぞれで異なるものです。

・単純移動平均線
・加重移動平均線
・指数平滑移動平均線

単純移動平均線は一定期間の終値の平均値をつないだ移動平均線となります。

加重移動平均線は直近の価格に重点を置いた移動平均線です。

指数平滑移動平均線はほかの移動平均線の種類よりも早く動くのが特徴です。

これらの移動平均線の種類の特徴に合わせ、自分のトレード手法に合っていて高いパフォーマンスを発揮できるものを探すのが基本となります。

FXのテクニカル要素は短時間でトレードをして利益をあげることを考える人には欠かせない方法です。

特段、為替の影響が大きくなるような対外的なニュースが発生しないときは、その日の売買の方向性がどちらに重点的に傾いているのか、その影響を確認する指針となるためです。

移動平均線が影響する背景

FXの相場は 様々な国家間による取引の結果 であり、それが結果的に大きな相場になります。

当然ながら、国の情勢、雇用指数、景気の動向、テロや事故、災害などの天変地異などによっても相場は大きく影響します。

日本ですと、東日本大震災福島原発の影響などにより、為替が大きく変動しました。


また、リーマンショックや9・11同時テロなどアメリカのテロでも、為替は大きく影響します。

しかし、このような大きな数年に一度の影響を除けば、在籍している大手証券会社や各金融機関のトレーダー、商取引の結果として相場は決定されており、個人投資家はその相場の動向を知るために、移動平均線を参考に、大きなトレンドを予測することになります。

価格の方向性が分かりやすい

移動平均線を表示させる大きな意味となるのはパッと見て価格の方向性が分かりやすいことです。先のトレンドを予想したうえで分析できます。

ローソク足と移動平均線が重なっている場合はもみ合いです。移動平均線の傾きの具合もチェックすれば、取引に失敗することは少なくなります。

移動平均線は、相場がどちらに向かうのか、 ある程度の傾向を予測することに大いに役立ちます。

ローソク足が上昇傾向にあるときには、移動の平均線よりも上に上昇する傾向があります。逆の下りの場合には相場が下落傾向にあり、ややパッシブな相場になっていると考えられます。

3本の移動平均線を使いこなす

1本の移動平均線では十分な情報が得られる、相場の予測が難しいことがあります。

この場合、複数の情報を解析する方法として、移動の平均線の参考を増やす方法をおすすめします。一般的には3本のデータを使うのがよいとされています。

プロフェッショナル並みの正確さと分析を得られる情報を得られる場合もあります。

短期の時間軸、中期の時間軸、長期の時間軸の3つの時間軸を同時に分析することで、現在の相場状況やエントリーポイントが分かります。

相場を分類すると一般的なトレンド状態のほか、ノントレンド状態の二つに大別できます。

また、一方的な相場に偏ったときに、相場観が崩れたときに「調整」といわれる大口のトレンドも含めると、3つの相場状況に分類されます。

この大きな傾向が、分かれば利益を残す方法も模索していけるものです。一目で相場状況が分かるからこそ、初心者も上級者も幅広い利用しており、使いこなすことがFXで儲けるための武器になるといっても過言ではありません。

トレードのためには、現在の相場の傾向、また、今後のトレンドの予測に大きく役立ちます。

一見すると無秩序のように思える相場であっても、トレードが人の意思を介在する以上、ファンダメンタルズの要素は無視することはできず、結果としてマクロの視点から考えるときに、相場の影響は、3本の移動平均線に一定程度、その日、その時間の相場観として発生します。

この予測を元にトレードすることは十分に収益をあげるチャンスがあり、そして 結果的に大きな利益を生む可能性がある といえます。

理論を習得した人であれば、素早く状況を判断できるようになります。

代表的なFX手法3種類

FX手法を用いるにあたっては、代表的な3つの手法を取り入れるのがおすすめです。

・2本のEMAを使う手法
・15分足EMA200を使う手法
・4本値手法

2本のEMAを使う手法は指数移動平均線と呼ばれるテクニカル指標を用いて買いと売りを判断する手法となります。

重要となるのは為替が下落した後に短期の移動平均線が長期の移動平均線を下から上に抜けているポイントのゴールデンクロスと、為替が上昇した後に短期移動平均線が長期の移動平均線を上から下に抜けるポイントのデッドクロスの出現を見抜くことにあります。

為替が上がる可能性と下がる可能性を見極めての対応が可能です。

まず、パラメータを短期10、長期20で設定しましょう。時間足は15分足か30分足を使用します。

買いの場合はゴールデンクロスが発生した場合、買い注文を出す用意しましょう。

そして、チャートが10EMAに届くとともに、ローソク足の終値が40EMAを超えたポイントで買いのエントリーをします。売りの場合はまず注文と同時に決済注文を指値と逆指値で入れます。

利益確定の目安は30pipsで損切りは20pipsとなります。しかし、 状況に応じて幅を広げて調整していくのが大切 です。

これらすべての手法はどれもシンプルで使いやすく、自分のトレードスタイルに合っているかも加味して試してみるのがおすすめです。行き当たりばったりの対応ではFXで安定して利益を獲得するのは難しいです。

移動平均線の種類や短期、中期、長期の期間に合わせた設定方法、そして効果的な手法を上手に活用していくのが利益獲得の近道になります。

まとめ

FX移動平均線の種類によっての違いや短期、中期、長期の期間それぞれの設定方法など、基本となる知識を得ないとFXで安定して利益を獲得するのは難しいです。さらに、効果的な手法もいくつかあります。

それぞれの手法の性質を見極め、自分が望むべくトレード方法と合っているかを確かめてみるのもおすすめとなります。

FXのテクニカルの要素は、知らない人と知っている人では、技術的な運用面で大きな差が発生しますし、実際に運用するときに、利益率にも大きくかかわってきます。

また、レバレッジを高くして、ここだと思える場合に大きく運用するときの自信になるのは、基礎理論を多く知っていることや、運用の方針を明確に知っていることになりますので、ぜひ理論を習得されることをおすすめいたします。

基礎的な技術を習得すれば、その後の運用方法も瞬時に迷わず判断し、高いパフォーマンスで収益化を実現できるでしょう。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事