注目記事
ハイローオーストラリアは詐欺業者?

初心者でもバリナリーオプションであれば簡単であるというようなことを聞いたが、バイナリーオプションとはどのようなものかわからない人もいるのではないでしょうか。

バイナリーオプションというのは、為替レートが一定の時間後にどうなるかを2択で予想する、非常に簡単なものです。

バイナリーオプションとしては、 ハイローオーストラリア が有名です。
ここでは、ハイローオーストラリアは違法詐欺業者?についてご紹介します。

ハイローオーストラリアは違法詐欺業者なのか?

海外の業者の中には、実際には違法詐欺業者もあります。
このような業者は オプザイル といわれています。

オプザイルとは
オプザイルとは、SNSのフェイスブックやツイッターなどを使って、トレード履歴で利益を出しているようにしたり、一流のレストランやホテル、高級ブランド品のショッピングなどの写真をアップしたりしてリッチな暮らしぶりをアピールしている人たちです。

そして、生徒としてクライアントコンサル生というような人を募集しています。

しかし、基本的に、 投資助言業 として正式に登録しているかどうかもはっきりしていません。

投資助言業とは
投資助言業とは、有価証券の価値などについて、文書、口頭など方法によって相手にアドバイスを行って、報酬をこの対価としてもらうことです。

先にご紹介したようなリッチな暮らしをしている人の写真をSNSで見て、どうして収益を出しているの??と思って関心を示す人もいるでしょう。
このような人は、違法な詐欺業者の被害に遭います

当然ですが、HighLowには必ず利益を出せるというツールは存在しません。
このようなツールがあれば、多くの人がすぐに利用するでしょう。

トモヒロ
リッチな暮らしの写真をSNSで多くアップし、必ず利益を出せると謳ったツールなどを販売しているのは、間違いなく 詐欺業者 であると覚えておきましょう。

日本の金融庁に登録していない

基本的にHighLowなどの海外の業者は、日本の金融庁には登録していません
そのため、海外の業者が危ないのではないかと考えるのも当然かもしれません。

では、どうして海外の業者は日本の金融庁に登録していないのでしょうか?
というのは、日本では トレードのルール が変わったからです。

短期トレードもルールが変わる前はできましたが、変わった後はトレードが2時間になってしまいました。
そのため、日本の金融庁に登録すればトレードが日本のルールで規制されるため、日本の金融庁には登録していません。

しかし、HighLowは金融ライセンスをオーストラリアで取っています。
現在HighLowは拠点を マーシャル諸島に移管 して、運営をこの管理のもとに行っています。

トモヒロ
日本の金融庁に登録していないため危ないと思うかもしれませんが、海外の業者はほとんど金融ライセンスをその国で取っています。
そのため、HighLowが日本の金融庁に登録していないということでも、トレードしても問題ないでしょう。

事業移行したあとの金融ライセンスは?

HighLowから、取引口座の移行が必要であるという通知が2019年6月16日にありました。
しかし、HighLowの取引口座を移行するのは簡単にできるため、それほど問題ではありません。

HighLowの取引口座を移行する理由とは?

では、どうしてHighLowの取引口座を移行する必要があるのでしょうか?
というのは、HighLowを運営していたHighLow Markets Pty Ltdが、金融サービスを オーストラリア居住以外 で終わるようになったためです。

そのため、日本のユーザーは、移行してマーシャル諸島でライセンスを取っている株式会社 HLMI Ltd.でトレードするようになりました。

つまり、取引口座を運営していた業者が変わったために移行する必要があります

HighLowのURL
なお、運営する業者が変わったため、HighLowのURLは次のように変わりました。

変わる前 ⇒ https://jp.trade.highlow.net
変わった後 ⇒ https://trade.highlow.com

なお、ログインするときに変わる前のURLを使っても、変わった後のURLが自動的に表示されるため心配ありません。

しかし、運営する業者が変わっても、トレードに対する影響は特にありません。
トレードする画面も全く従来と同じであるため、 これまでと同様 に使うことができます。

トモヒロ
なお、取引口座を2019年9月30日までに移行していなかったときは、強制的に登録していた銀行口座に出金されているためチェックしておきましょう。

ハイローオーストラリアでのトレードは利用している人も法律に違反?

HighLowを利用している人は、トレードすると 法律に違反 ではないかと不安になっているのではないでしょうか。
では、ハイローオーストラリアでのトレードは、利用している人も法律に違反するのでしょうか?

法律に違反することはない

ハイローオーストラリアは海外で運営をしているため、日本の法律によって規制されることが無く、基本的にオーストラリアの法律の方が優先されます。

そのため、ハイローオーストラリアを日本でトレードしても法律に違反することはなく、日本の法律で罰せられるようなことはありません。
また、トレードでハイローオーストラリアを利用している人は法律に違反することはありません。

トモヒロ
法律というのは、基本的に運営している人を取り締まるためのものであり、利用している人がハイローオーストラリアをやっては駄目というものではありません。

また、バイナリーオプションそのものは法律に違反するものではなく、株式やFXなどと同じような投資方法の一つです。

もし、良くない海外の業者が取り締まりによって閉鎖されたバイナリーオプションを利用しても、利用している人に対する影響は全くなく、全ての責任は運営している業者が負うようになります。

ハイローオーストラリアだけでなくどのような海外の業者のものでも、 日本から利用 することができます。

当然ですが、日本から利用することが所在地の法律にて禁止になっていれば問題ですが、現在ではこのような話はないため、現在あるほとんど全ての海外の業者を利用することができます

そのため、海外の業者であるハイローオーストラリアを利用して、利用している人が法律に違反するようなことはないため安心です。

POINT
◆ハイローオーストラリアは日本でトレードしても法律に違反することはない
◆バイナリーオプションは株式やFXなどと同じような投資方法の一つ
◆ハイローオーストラリアに限らず、どの海外業者のものでも日本から利用できる
◆ハイローオーストラリアの利用者が法律に違反するようなことはないため安心

海外の業者で横行する詐欺の事例

海外の業者でトレードしたため、 詐欺に遭った事例 が多くあります。

海外の業者の話を信用した

国民生活センターが公表したデータによれば、海外の業者の「容易に利益を出せる」という宣伝を信用して連絡すると、業者から 投資した金額と同額がもらえる ということで利用した事例がありました。

業者の話が信用できるのであれば、例えば、投資した金額が100万円であれば業者から100万円もらえるためトータルで投資できる金額が200万円分になります。
そのため、投資する資金があるうちに利用するのを辞めると得するようになります。

そこで、利用していた人が辞めたいといった結果、 取引が500万円以上ないと辞めることができない ということでした。

どうしても辞めるのであれば、クレジットカードなどが必要であるといわれて送った結果、業者と連絡が取れなくなっそうです。
そのため、 投資した金額の100万円 も戻らなくなったそうです。

トモヒロ
このような事例のときは、投資した金額が戻らないのみでなく、不正にクレジットカードが使われるリスクもあるため十分に注意する必要がります。

知らない女の人からSNSで誘われた

また、知らない女の人からツイッターやフェイスブックのような SNSで誘われた事例 もあります。

このような女の人は、興味をひくような生活をアピールして、例えば、私のような生活をあなたも送りたいと思いませんか、というようなことをいって誘ってきます。

あるいは、アドバイスを受けるとハイローオーストラリアで収益を出そうと誘って、登録をすすめます。
このような方法によって、女の人は報酬をもらうようになっています。

しかし、女の人のほとんどの写真は無断で別の女の人のもの使っています。
リッチな生活を送っているというようなことは全部 虚偽 です。

また、実際には利用できないような高額な情報商材を販売したりするときもあります。

トモヒロ
相手に信用してもらうために、別の人にアドバイスしているようなやり取りの様子を見せるときもあります。
しかし、実際にやり取りしているかははっきりしません。
このようなときは、詐欺の恐れがあるため注意が必要です。

ハイローオーストラリアで注意すること

HighLowは、海外の業者として信頼できますが、注意することもあります。
ここでは、ハイローオーストラリアを利用するとき注意することについてご紹介します。

HighLowでトレードするときは、注意点について十分に把握しておきましょう。

ログインできない

ログインができない要因として、メンテナンスをしているなどが挙げられます。
これ以外にログインできない要因としては、パスワードあるいはメールアドレスの 入力ミス していることが挙げられます。

ログインするパスワードあるいはメールアドレスを覚えていなくてログインできないケースは、HighLowだけでなく別の業者でもとても多くある要因です。

メールアドレスについは、特に登録するときにフリーアドレスでも使えるので、覚えていない人が多くいるのでしょう。

そのため、口座を開設したときは入力がいつでもできるように登録したパスワードとメールアドレスを必ず記録しておきましょう。

POINT
◆ログインできない要因はメンテナンス中か入力ミスのことが多い
◆ログインできないケースは別の業者でも 多くある要因
◆口座開設したら登録したパスワードとメールアドレスを必ず記録しておく

まとめ

  • ・ハイローオーストラリアは違法詐欺業者ではない
  • ・事業移行したあとの金融ライセンスについては取引口座を移行する必要がある
  • ・ハイローオーストラリアでのトレードでは利用している人は法律に違反しない
  • ・海外の業者で横行する詐欺の事例としては容易に利益を出せるという宣伝文句を信用したケースも
  • ・ハイローオーストラリアではメンテナンスをしているときはログインできないため注意が必要

ハイローオーストラリアは 違法詐欺業者ではない ため、安心してトレードをしましょう。

ハイローオーストラリアの登録

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事