注目記事
リーダーの極意①~人の上に立つ時に心がけるべきポイント~

『鶏口となるも牛後となるなかれ』

この言葉をご存じでしょうか?

これは大きな組織の末端にいるよりも
小さな組織の長となったほうがいい

という教えですね。

もしあなたが何らかの「リーダー」と呼ばれる
地位にいる場合、何か普段から
意識していることがあるでしょうか?

この記事では「リーダーの極意」というテーマで
ポイントだけを話していきたいと思います。

★天才だけ周りに呼ぶ

尊敬できるパートナー メンター お客さん だけを周りに置きます。
普通の人は自分のよりも似ている人、または能力の低い人を置来たがる傾向があります。

そのほうが自分が優越感に浸れるからですね。

しかし、組織を大きくするためには
意識して有能な人を周りに置くべきです。
お客様ですら選んだほうがいいのです。

ターゲットの違うお客様に買われると
余計な時間が取られたり、クレームにつながったりと
結局はチーム全体が割を食う結果になります。

★共通ポイントを見つけて摩擦を消す

これは会社の場合ですが、普通は
従業員はなるべく働かずにお金が欲しい
社長はなるべくお金を払わずに働かせたいと思います。

これでは平行線なので
利害が一致するポイントを探す、という事が効果的です。

つまり、いつも2択になってしまいがちな選択肢から
第3の道を選択するということです。

これはすべての人に言えることですが、口で言ってることを信じてはいけません。
人は自分が思っている事を全て話すのはかなりまれで、必ず事実とは違った表現をします。
「半分は嘘、半分は本当」

と考えることが大事です。

自分と利害が一致することは何かな?
と考えて新しい提案をしてみてください^^

★お金ではなく精神的名誉を与える

お金をあげることによって
人は働くようになるとおもうかもしれませんが
ことはそんなに単純ではありません。

逆に言うと
お金でしか動けない人間を量産する結果にもなるので
その他の手段として「精神的名誉」を与えるのは効果的です。

つまり役職だとか権限だとかを与えていくことです。

そして最低限のルールだけ作って
細かいことを言わない。

裁量権を持たせるとスムーズに業務がすすみます。
もちろん権限を与える人を間違えると大変なことになりますが・・・

★思考と発言と感情と行動を一致させる

これでできていない人が多いですよね。
僕も気を抜くとすぐにおかしくなってしまいますw

とくに行動が一致しなくなりがちです。
しかしこれが一致していないと
誰もリーダーのもとについてきませんし
信頼も得られません。

そして常に語るのではなく見せるのです。

まずリーダー自身が皆に見本になる必要があります。
つまり親鳥になるという事ですね。
飛び方を教えてあげなければいけません。それをみて
ひなたちはだんだん飛び方を覚えていきます。

ただ口ばっかりの人にあなたもついていきたいとは
思わないですよね^^

「思考と発言と感情と行動を一致させる」

いつも頭に入れておきましょう。

★できないこともYESから始める

これはよく言われることではありますが、
誰でもできることなら
別にあなたでなくてもいいわけですね。

あなたにしかできない事だからこそ
あなた自身に価値が生まれるという事です。

これはビルゲイツさん、稲森和夫さん
本田宗一郎さんなど多くの経営者が言っていますが
できない!
と思ってもできますといって全力で
やりきる。これが成長につながるという事です。

★小物を大切に扱う

これは非常に言葉が悪くなってしまったんですが
小物というのは、

自分の利益とは関係ないひと
お金と関係のなさそうな人の事です。

チャンスはどこからめぐってくるかわかりません。
普段からすべての出会った人に対して
丁寧な対応をすることで
ひいてはそれが自分の成功へとつながっていきます。

では長くなったので次の
リーダーの極意②ではすこし難しい内容を
話していきます。

といっても話が難しいわけではなく
実践が難しいという事です。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事