注目記事
伊藤洋介のPlusBank(プラスバンク)は詐欺なのか?本当に成果を出せるのか?

伊藤洋介氏が展開している、PlusBank(プラスバンク)という商材は果たして本当に成果を出せるのでしょうか。
もともと情報商材系のものは疑ってかかる方が正しいと思うのですが、魅力的な言葉が羅列されているとどうしても期待してしまうことがあるものです。
PlusBank(プラスバンク)は副業として本当に成果を出せるのでしょうか。
ポイントを絞ってひとつひとつ検証を進めていこうと思います。

1日につき1万円がもらえるPlusBank(プラスバンク)っていうのが
あるって知ったのだけど。
すごく魅力的な話だよね。

待て待て!おいしい話には必ず裏があるものじゃ。
どういったものなのかきちんと確認する必要があるんじゃよ。

一日につき1万円が貰える副業??

PlusBank(プラスバンク)がこれまでにあった情報商材と違うところは、 銀行にお金を預けることで副収入を生み出す ということにあります。
これって単純に預金利息で儲けられるってことになるんじゃないでしょうか。
でも、毎日1万円が貰えるってことはどれだけ預金しなければいけないのでしょうか。
1年間は365日ですから、1年で365万円を受け取ることを前提とすると・・・。

PlusBank(プラスバンク)は凄すぎる?

年利で5%の預金というだけでもかなりの優良金融商品です。
仮に1000万円を預金したとして、1年間で利息は50万円となります。
月に直すと4万円と少し、一日だと1300円くらいですね。
これが1万円になるには、約8000万円が必要となります。
既に庶民感覚の限度をはるかに超えていますよね。
それなのに、PlusBank(プラスバンク)は毎日、1万円を貰うための条件を非常にお手軽な資金で出来るようにしていると謳っています。

たった5万円で実現する夢のような成果を出せる生活

伊藤洋介さんは、たった5万円を指定した銀行に預けるだけで、毎日1万円が成果を出せる夢のような生活を実現してくれると豪語しています。

そのために、PlusBank(プラスバンク)があるという訳です。
5万円程度なら、ちょっとやりくりすれば何とかできる金額ですよね。
それ以上に毎日1万円が貰えるのであれば5日で元金回収できるのですから、無人契約機でお金を借りたってすぐに返せるのですから何も心配いらないと考える人も出てくるのではないでしょうか。
では、このPlusBank(プラスバンク)の恩恵を受ける為の方法へと進んでみましょう。

誇大広告の限界??

まず、登録するためには指定されたメールアドレスに連絡することから始まります。
そして、返信されてきたメールには5万円を入金するための銀行口座情報だけでなく、 一億円を分配するキャンペーンに参加できるline情報 が書かれています。
毎日1万円が貰える上に、一億円を貰えるキャンペーンまであるなんて誇大広告の限界に挑戦しているようにも感じられます。

えっ!?
毎日1万円が貰える上に1億円を貰えるキャンペーンがあるの?
夢のような話だよね。

詐欺と疑ってかかる考え方

こういった話を聞くと詐欺じゃないだろうかと考えるでしょう。

注意!
しかし次々と荒唐無稽な話が飛びしてくると、詐欺じゃないかと疑っていた人でもだんだんとその気になってしまうことがあります。
もしこれが本当だったら、自分だけが儲かるチャンスを逃してしまうんじゃないかって考えてしまうのです。
自分だけが損をしているのではないかと考えだすと、それまでは怪しいと思っていた情報がとても魅力的にものに見えてしまうのです。
こうなったら、とても正しい判断なんてできません。

では、一億円分配キャンペーンは果たしていくら貰えると思いますか?
まぁ、一人で一億円を貰うことはないだろうが100人で分配したら100万円になると勝手に想像を始めてしまいます。
宝くじで高額当選したら、何を買おうかと想像しているのと同じレベルの考えが頭の中に広がるのです。
宝くじは直ぐに現実に戻って考えられるのですが、PlusBank(プラスバンク)の言葉に酔い始めると冷静な判断が出来なくなってしまうのです。
簡単に現実に立ち戻る為に、この一億円の分配キャンペーンで果たしていくら貰えるのかを考えてみましょう。
一億円といっても、一億人で分配しますと言われたら、一人につき1円しか貰えません。
何人で分配するのかが書かれていないのであれば、金額は決まらないのです。
分配する人数が決まっていないということに気が付けば、これが詐欺情報だということにすぐに気が付くでしょう。
それ以上にPlusBank(プラスバンク)の存在そのものを疑うべきと考えたのであれば、貴方は詐欺情報に騙されることのない方であると言えます。
話の根幹になっているPlusBank(プラスバンク)そのものがあまりにも漠然としすぎた情報だけであり、これまでの購入者の感想などもどこにも見つけられません。
PlusBank(プラスバンク)の情報が無いのであれば、商品ではなく販売者がどのような人なのかを調べてみるしかありません。

販売者の伊藤洋介とは??

ここで視点を変えて、PlusBank(プラスバンク)の販売者である伊藤洋介さんについても調べてみましょう。
伊藤洋介というキーワードで検索すると、芸能人の伊藤洋介さんがヒットします。
他にも市立大学の講師であったり、ビジネス書籍の著者などが出てくるのですが、 PlusBank(プラスバンク)に関わる検索ではまったくヒットしません。
PlusBank(プラスバンク)そのものも果たしてどのくらいの確率でヒットする情報が出てくるのかと探してみても、ほとんどないのですから、両方とも存在しないという仮説が当然ながら考えられます。
存在しないものに対してお金を払うなんて愚の骨頂ですし、存在していない人を信じるなんてできるわけがありません。

成果を出せる副業詐欺までもいかない

情報系の販売は特商法表記が義務付けられています。
圧倒的に詐欺商材が多いので、 購入者の保護の為に義務付けられているのですが本当に記載されている情報が正しいとも限らない のです。
PlusBank(プラスバンク)はこの情報販売系では不可欠の特商法表記がどこにも無いことから館かえると、かなり悪質であるといえます。
トラブルに発展したら行方をくらますというレベルでは無く、最初から一方的な連絡しかする気が無いと明言しているようなものです。
伊藤洋介なる販売者が存在しているという確証もなく連絡を取る方法すらも相手の一方的なものしかないのですから、、5万円を指定口座に入金した後に連絡を取ることも出来なくなる可能性は非常に高いといえるでしょう。

副業という言葉から

お金に興味を示さない人はいません。。
特に副業して収入を増やしたいと考えている人にとっては、5万円の初期投資で毎日1万円が貰えると聞くと詐欺を疑いながらも話だけは聞いてみようと思うかもしれません。
ローンの返済などが生活の負担になっている人からみれば、これほど魅力のある情報は無いと思うかもしれません。

大きい分母で詐欺の警戒が麻痺する

情報をいろいろ読み進んでいく中で、最初は警戒していても
少しずつその考えを麻痺させて、契約に結び付ける・・・
金額も少し頑張れば、捻出できるし、
目の前のおいしい話を信じて、すぐ回収できると思い始めてしまう。
そういう考えにつけこんだ情報商材のようじゃな。
気を付けてほしいのぉ。

5万円という決して安くは無い金額ですが、ちょっと無理をすれば捻出できる金額に設定しているところもPlusBank(プラスバンク)の特徴といえます。
そして一億円分配キャンペーンという誇大広告で冷静な判断にストップがかけられてしまうのです。
一億円というあまりにも大きい金額のために、詐欺を警戒する気持ちが一瞬麻痺してしまい、そこから先に聞いた情報を信じやすい流れに誘導されてしまいます。

一億円の分配という大きい分母をみせられて、5万円がたいして大きな負担にならないと思ってしまったら、PlusBank(プラスバンク)の思うつぼにはまっています。

結論

振り込んだら最後、後はなにも起こらないでしょうから、絶対に振り込まないでください。
【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事