注目記事
ハイローオーストラリアのスプレッド取引

トモヒロ
日本で人気のバイナリーオプション業者であるハイローオーストラリアには、それぞれ特徴がある4つの取引方法があることを知っていますか?

ターボとか、スプレッドとかありますよね?でもそれぞれどう違うんでしょうか?

トモヒロ
4つもあるとどれを選択したらいいか難しいですよね。

言うまでも無いことですが、どの取引でトレードを行うかで、利益に大きく影響します。今回はこれら4つの取引方法のどれを選択すべきなのかをご紹介していきます。

ハイローオーストラリアの4つの取引方法

ハイローオーストラリアの公式サイトにログインをすると、以下の4つの取引方法を利用できます。

  • Highlow
  • Highlowスプレッド
  • Turbo
  • Turboスプレッド

トモヒロ
それぞれの特徴と見方を初心者の方にもわかりやすく説明します。

Highlow

一つ目に紹介するHighlow取引は、 判定時刻にレートが今よりも上がる(High)か下がる(Low)か と予想するシンプルな取引方法で多くのトレーダーはこのHighlow取引を選択しています。僕自身もそうです。

判定時刻に購入したレートの上下を予想して当たれば勝ち、はずれれば負けです。

トモヒロ
ちなみに同値の場合は負け判定となりますので、注意してください。

その他の条件については、以下の表をご覧ください。

【Highlowの取引条件一覧】

ペイアウト率1.88~1.90倍(取引時間がながいほどペイアウト率は大きい)
取引時間15分、1時間、1日
スプレッドなし
エントリー開始時間指定あり

Highlowは、トレードスキルがなくても 勝率は約50% と高めです。(同値が負けになりますので50%よりも下がります。)

バイナリーオプションのメイン取引であり、ペイアウト率はやや低めに設定されています。

Highlowスプレッド

Highlow取引にスプレッドがついた状態で行う取引方法です。

基本的には、Highlowと同じルールですが、スプレッドが存在するため、 不利な状況 でトレードがはじまるのが特徴、その分ペイアウト率が上がるというわけです。

その他の条件については、以下の表をご覧ください。

【Highlowスプレッドの取引条件一覧】

ペイアウト率2.00倍
取引時間15分、1時間、1日
スプレッドあり
エントリー開始時間指定あり

Highlowスプレッドは、0.20~2.20のスプレッドがついてきますが、ペイアウト率は 2.00倍

ハイローオーストラリアでは、最高水準のペイアウト率に設定されています。しかしこのペイアウト率の高さに釣られてスプレッド取引を選択すると勝率が下がってしまい、収益が安定しません。

トモヒロ
トレードの数が増えるほどに損失が膨らむ結果になる恐れがあります。

Turbo

3つ目に紹介するTurboは、短時間での取引ができる取引方法です。

取引時間が細かいのが特徴。

短期取引はレートが予想外の動きをすることが多いため、ペイアウト率はHighlowより高めに設定されています。

その他の条件については、以下の表をご覧ください。

【Turboの取引条件一覧】

ペイアウト率1.95倍、1.90倍、1.86倍、1.85倍(取引時間が短いほど、ペイアウト率は高くなる)
取引時間30秒、1分、3分、5分
スプレッドなし
エントリー開始時間指定なし

Turboの基本ルールはHighlowと同じですが、取引時間が短いため、 リスク を負うトレードです。

すぐに結果を確認して、トレードを繰り返したい人に向いています。

Turboスプレッド

Turboを スプレッドあり で行う取引方法です。

短期取引かつスプレッドありで行うので、やや勝率が悪くなりやすいのが特徴。

ハイリスクハイリターンの短期取引です。

その他の条件については、以下の表をご覧ください。

【Turboスプレッドの取引条件一覧】

ペイアウト率2.00倍
取引時間30秒、1分、3分、5分
スプレッドなし
エントリー開始時間指定なし

Turboスプレッドのペイアウト率は、 2.00倍 とハイローオーストラリアでは少し高いです。

しかし一瞬で資金を増やす可能性がある分、資金を溶かすスピードもはやくなりがちですので、ご注意ください。

ハイローオーストラリアでの各取引の違いは?

次にハイローオーストラリアでのそれぞれの取引の違いをくわしく解説します。

  • 一般の取引とスプレッドあり取引の違い
  • ハイロー取引とターボ取引の違い

順番に説明します。

一般の取引とスプレッドあり取引の違い

一般の取引とスプレッドあり取引の違いは、 約定するレート にあります。

スプレッドありの場合、ペイアウトの倍率が高い代わりに、エントリーした時点で不利なトレードとなります。

トモヒロ
2.00のスプレッドがある場合で、具体例を見てみましょう。

  • 100.000でエントリー
  • 選んだのはハイ
  • 判定時刻のレートは、101.000

上記の条件ですと、スプレッドがあれば負け、スプレッドがなければ勝ちになります。

スプレッドがあるので、100.000でエントリーしても、102.000でエントリーしたのと同じです。

トモヒロ
さらにスリッページが発生する可能性もあるため、実際にはスプレッド以上に不利な条件でトレードをはじめることになります。

ハイロー取引とターボ取引の違い

ハイロー取引とターボ取引の違いは、 トレードの時間 にあります。

ハイロー取引は

  • 15分
  • 30分
  • 1時間

の時間軸でトレードします。

ハイロー取引に対して、ターボ取引では、

  • 30秒
  • 1分
  • 3分
  • 5分

短期間でトレード することになります。

POINT
短い時間軸でのトレードは、正確に未来のレートを予想するのが難しいため、ペイアウト率が高まります。
ただしスプレッドやスリッページの影響が出やすく、リスクが高い取引方法です。

スプレッド取引のメリット・デメリット

トモヒロ
続いてスプレッド取引のメリットとデメリットを、それぞれ紹介します。

  • スプレッド取引のメリット
  • スプレッド取引のデメリット

順番に説明します。

スプレッド取引のメリット

スプレッド取引のメリットは、ペイアウト率が高くなることです。

つまりトレードで勝利できた場合、スプレッドなしの取引と比べて利益が大きくなります。

ハイロー取引ですと、通常取引ではペイアウト率が最大でも1.90倍に対して、スプレッド取引では 2.00倍のペイアウト率 が狙えます。

1万円のトレードなら1000円の差ですが、トレードの資金が増えれば増えるほど、利益がでるスピードも上昇。

大きな利益を狙いやすいのが、スプレッド取引のメリットです。

スプレッド取引のデメリット

スプレッド取引のデメリットは、必ずレートのずれ幅が出るために不利な状態でトレードが開始されるということです。

スプレッドなしなら勝っていたのに、負けてしまった…

MT4では勝っているのに、ハイローオーストラリアでは負けている…

などの結果に陥りやすくなります。体的なスプレッドの幅は、その時の相場変動によって上下するので一概には言えません。

  • ハイロー取引の場合…±0.20〜±2.20
  • ターボ取引の場合…±0.10〜±0.30

しかし上記の数字が基準です。

スプレッドなしでギリギリ勝っているトレードは負けてしまうので、大きく勝てるポイントを狙ってエントリーする必要があります。

ハイローオーストラリアはスプレッド無しの取引がオススメ!

結論としてハイローオーストラリアの取引は、 スプレッドなし がおすすめです。

スプレッドありの取引は、確かにペイアウト率が高いですがリスクとリターンを比べると、圧倒的にリスクが大きいトレードになります。

また30秒などのターボ(TURBO)取引も、値動きが激しくチャート分析を正しくしたとしても結果が反映されづらくなります。

トモヒロ
僕自身がトレード検証を行った結果、Highlow取引で利益を狙うのが、かなり有効な策だと分かりました。

まとめ

今回はバイナリーオプションでエントリーする際に特に重要な、取引方法に関して解説をしました。

ハイローには4種類の取引方法がありますが、基本的にはスプレッドの無い「Highlow」がおすすめです。

上記に書いたようにメリットとデメリットを比べて検証した結果、スプレッド取引はあまりおすすめできません。

トモヒロ
どちらにしてもデモのトレードでしっかりと練習してから実践に臨んでください。ハイローオーストラリアの開設はこちらからどうぞ!

ハイローオーストラリアの登録

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事