ハイローオーストラリアのスプレッド取引

ハイローオーストラリアには、それぞれ特徴がある4つの取引方法があると、知っていましたか?

しかもどの取引でトレードを行うかで、今後の利益に大きく影響します。

ところで、

いろいろ取引があるのは知っているけれど、特徴はわからない…

結局どの方法が、一番利益が出やすいんだろうか…

ハイローオーストラリアでの取引の口コミや評判は?

といった疑問をお持ちではないでしょうか?

そこで本記事では、ハイローオーストラリアの取引について、ポイントをしぼって解説します。

1~2分ほどで読めて、ハイローオーストラリアの取引方法への理解が劇的に深まる内容ですので、ぜひご一読ください!

ハイローオーストラリアの4つの取引方法について解説

ハイローでは以下の4つの取引方法でトレードできます。

  • Highlow
  • Highlowスプレッド
  • Turbo
  • Turboスプレッド

それぞれの特徴をわかりやすく説明します。

Highlow

ひとつ目に紹介するHighlowは、 レートが上がるか下がるか と予想するシンプルな取引方法です。

判定時刻に購入したレートを高いと予想して当たれば勝ち、はずれれば負けです。

その他の条件については、以下の表をご覧ください。

【Highlowの取引条件一覧】

ペイアウト率1.88~1.90倍(取引時間がながいほどペイアウト率は大きい)
取引時間15分、1時間、1日
スプレッドなし
エントリー開始時間指定あり

Highlowは、トレードスキルがなくても 勝率は50% と高めです。

バイナリーオプションのメイン取引であり、ペイアウト率は低めに設定されています。

Highlowスプレッド

Highlow取引にスプレッドをつけて行う取引方法です。

基本的には、Highlowと同じルールですが、スプレッドがかかるため、 不利な状況 でトレードがはじまるのが特徴。

その他の条件については、以下の表をご覧ください。

【Highlowスプレッドの取引条件一覧】

ペイアウト率2.00倍
取引時間15分、1時間、1日
スプレッドあり
エントリー開始時間指定あり

Highlowスプレッドは、0.20~2.20のスプレッドがついてきますが、ペイアウト率は 2.00倍

ハイローオーストラリアでは、最高水準のペイアウト率に設定されています。

Turbo

3つ目に紹介するTurboは、短時間での取引ができる取引方法です。

取引時間が細かいのが特徴。

短期取引はレートが予想外の動きをすることが多いため、ペイアウト率はHighlowより高めに設定されています。

その他の条件については、以下の表をご覧ください。

【Turboの取引条件一覧】

ペイアウト率1.95倍、1.90倍、1.86倍、1.85倍(取引時間が短いほど、ペイアウト率は高くなる)
取引時間30秒、1分、3分、5分
スプレッドなし
エントリー開始時間指定なし

Turboの基本ルールはHighlowと同じですが、取引時間が短いため、 リスク を負うトレードです。

すぐに結果を確認して、トレードを繰り返したい人に向いています。

Turboスプレッド

Turboを スプレッドあり で行う取引方法です。

短期取引かつスプレッドありで行うので、最も勝率が悪くなりやすいのが特徴。

ハイリスクハイリターンの短期取引です。

その他の条件については、以下の表をご覧ください。

【Turboスプレッドの取引条件一覧】

ペイアウト率2.00倍
取引時間30秒、1分、3分、5分
スプレッドなし
エントリー開始時間指定なし

Turboスプレッドのペイアウト率は、 2.00倍 とハイローオーストラリアでは最も高いです。

しかし一瞬で資金を増やす可能性がある分、資金を溶かすスピードもはやくなりがちですので、ご注意ください。

ハイローオーストラリアでのそれぞれの取引の違いをくわしく解説

次にハイローオーストラリアでのそれぞれの取引の違いをくわしく解説します。

  • 一般の取引とスプレッドあり取引の違い
  • ハイロー取引とターボ取引の違い

順番に説明します。

一般の取引とスプレッドあり取引の違い

一般の取引とスプレッドあり取引の違いは、 約定するレート にあります。

スプレッドありの場合、エントリーした時点で不利なトレードがはじまります。

2.00のスプレッドがある場合で、具体例を見ていきます。

  • 100.000でエントリー
  • 選んだのはハイ
  • 判定時刻のレートは、101.000

上記の条件ですと、スプレッドがあれば負け、スプレッドがなければ勝ちになります。

スプレッドがあるので、100.000でエントリーしても、102.000でエントリーしたのと同じです。

トモヒロ
さらにスリッページが発生する可能性もあるため、実際にはスプレッド以上に不利な条件でトレードをはじめることになります。

ハイロー取引とターボ取引の違い

ハイロー取引とターボ取引の違いは、 トレードの時間 にあります。

ハイロー取引は

  • 15分
  • 30分
  • 1時間

の時間軸でトレードします。

ハイロー取引に対して、ターボ取引では、

  • 30秒
  • 1分
  • 3分
  • 5分

短期間でトレード することになります。

POINT
短い時間軸でのトレードは、正確に未来のレートを予想するのが難しいため、ペイアウト率が高まります。
ただしスプレッドやスリッページの影響が出やすく、リスクが高い取引方法です。

スプレッド取引のメリット・デメリット

続いてスプレッド取引のメリットとデメリットを、それぞれ紹介します。

  • スプレッド取引のメリット
  • スプレッド取引のデメリット

順番に説明します。

スプレッド取引のメリット

スプレッド取引のメリットは、ペイアウト率が高くなることです。

つまりトレードで勝利できた場合、スプレッドなしの取引と比べて利益が大きくなります。

ハイロー取引ですと、通常取引ではペイアウト率が最大でも1.90倍に対して、スプレッド取引では 2.00倍のペイアウト率 が狙えます。

1万円のトレードなら1000円の差ですが、トレードの資金が増えれば増えるほど、利益がでるスピードも上昇。

大きな利益を狙いやすいのが、スプレッド取引のメリットです。

スプレッド取引のデメリット

スプレッド取引のデメリットは、不利な状態でトレードが開始されることです。

スプレッドなしなら勝っていたのに、負けてしまった…

MT4では勝っているのに、ハイローオーストラリアでは負けている…

などの状態になりやすくなります。

具体的なスプレッドは、レートの変動によって上下するので一概には言えません。

  • ハイロー取引の場合…±0.20〜±2.20
  • ターボ取引の場合…±0.10〜±0.30

しかし上記の数字が基準です。

スプレッドなしでギリギリ勝っているトレードは負けてしまうので、大きく勝てるポイントを狙ってエントリーする必要があります。

ハイローオーストラリアのスプレッド口コミ・評判まとめ

続いてハイローオーストラリアのスプレッド口コミ・評判をまとめます。

ハイローまたスプレッドあげたのね。
恐らく10万円連打以上じゃないと気づかない。高額BET対策なのね。チーン。

ハイローのスプレッド問題なんだけどさ
こないだ話してたpipsの値打ちもそうなんだけど
人気のない通貨ペアはスプレッドつきにくいね
ハイロー側は合計投資金額で計算してるから当然なんだけどさ
つもり、少し時差にピーク来て皆が入ったあとに遅れてピークにきた人気の無い通貨は
ノースプ。。。

ハイローはスプレッドとか対策がひどくなってるからfxに移行しないとみたいなの見たけどバイナリーどうなるんだろまだぜんぜん稼げてないのに…
ハイロー以外でいい証券会社ってないですか…

ハイローさん、、、こんなスプレッドありすか?
とてもじゃないけどエントリー出来んわ、、、

上記のようにハイローオーストラリアのスプレッドが大きすぎて、トレードができないという声が多いです。

トモヒロ
最後の口コミでは、15分取引なのに0.5円ほどのスプレッドがあります。
ペイアウト率の高さを考えても、大きすぎるスプレッドです。

ハイローオーストラリアはスプレッド無しの取引がオススメ!

結論としてハイローオーストラリアの取引は、 スプレッドなし がおすすめです。

スプレッドありの取引は、確かにペイアウト率が高いです。

しかしリスクとリターンを比べると、圧倒的にリスクが大きいトレードになります。

堅実にトレード検証を行い、最も勝ちやすいハイロー取引で利益を狙うのが、最善の策だと感じました。

まとめ

ハイローオーストラリアには、以下4種類の取引方法があります。

  • Highlow
  • Highlowスプレッド
  • Turbo
  • Turboスプレッド

それぞれのメリットとデメリットを比べて検証した結果、スプレッド取引はおすすめできません。

勝率が高いハイロー取引 で、安定した利益を狙ってみてください。

ハイローオーストラリアの登録

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事