アレックス(Alex)の「Master Piece」は詐欺商材?極秘投資情報は本当なのか?

アレックス(Alex)の「Master Piece」という情報商材をご存知ですか?

情報商材そのものが殆んど詐欺商材だという感覚で考えている人が大半だと思いますが、総てが詐欺商材だとは言い切れないこともありますよね。やはり、その商材の真偽をひとつひとつ解明して自分の頭で考えて解釈していくことが大切だと思います。

では、このアレックス(Alex)の「Master Piece」とは本当に稼げる価値のあるものなのかそれとも、詐欺商材なのかを検証していくことと致しましょう。

極秘投資情報とは

アレックス(Alex)の「Master Piece」は詐欺商材?

極秘投資情報 という言葉にはそれなりの雰囲気がありますよね。投資の世界はいかに正しい情報をいかに早く知るかということが大切です。投資の価値など無いと誰もが思っている会社が、実は明日に全世界を驚愕させる超大発明を公開するという極秘情報を入手したとしましょう。

この商品が公開されればその会社の株は毎日ストップ高を更新し続けて、あっという間に数十倍の価値になること間違いなしとわかっていたなら、株の買い占めをしておけば翌日から確実に資産が増え続けていきます。

新しい鉄道路線の開通が確実な土地を買い占めて地価高騰でボロ儲けするということも正しい情報を得ていることが大前提です。そういった情報は関係機関や関連企業の一部にしか知らされませんし、全体ではなく一部を見聞きした程度であることが普通です。

では、アレックス(Alex)の「Master Piece」のいう 極秘投資情報とは一体どのような情報なのでしょうか。

さすが極秘投資情報、確実に500万円が手に入る!?

アレックス(Alex)の「Master Piece」は詐欺商材?

これは確かにインパクトの強い一言です。500万円といえば、上位サラリーマンの年収に匹敵します。毎月35万円の給料を貰い、夏と冬のボーナス時期に各々40万円を貰っているのと同じです。

そんな簡単に500万円が手に入るのであれば、極秘投資情報というのも頷けます。この話が本当なら夫婦二人でこれを2回繰り返しておけば、老後資金も安泰になる訳です。

ここまで期待を煽っているのですから、かなり期待しても良いのではないかと思い先へと進んでいく方もきっと多いでしょう。

極秘投資情報は目に見えないお金

商品を買うためには、お金が必要です。お金というと現金を真っ先に思い出すでしょうか。確かにはっきりと見えて手で触れることのできる現金の価値ははっきりしています。

少し形を変えて、銀行預金は通帳などに数字が記載されているだけですが現金と同じ価値があります。カード決済も現金は使用しませんが、利用限度額の範囲は現金と同じ価値があります。

今話題になっているキャッシュレス決済は現金と同価値であるからこそ誰もが使えるのです。

極秘投資情報とは、仮想通貨

アレックス(Alex)の「Master Piece」は詐欺商材?

現金と同じ価値が認められているからこそ、安心して使えるのはわかって頂けたと思います。ではアレックス(Alex)の「Master Piece」は現金、もしくは現金と同価値のもので手に入るのでしょうか。いいえ、そうではありません。

アレックス(Alex)の「Master Piece」は、「MCトークン」という仮想通貨を使って利益を生み出そう と言っています。

仮想通貨はさまざまなところで色々なものが出回っていますが果たして安全性はどうなのでしょうか?

2018年にコインチェックのネムで大問題が起きましたね。不正に引き出されたネムの総額は、580億円にも達したというあの事件です。このときに仮想通貨の危険性と脆弱性が世間に露呈したと言われましたね。

コインチエックは世界的に知られた安全性の高い仮想通貨だったわけですが、このような問題が起きてしまったのは仮想通貨そのものの安全性は著しく低いという結論に至ったでしょう。

さて、アレックス(Alex)の「Master Piece」の言っている「MCトークン」という仮想通貨は果たしてどこまで信用して良いものでしょうか。

「MCトークン」は詐欺商材?

ここを見いてるということは、貴方は何らかの方法でネットにつながっているのでしょう。では、「MCトークン」という言葉を検索してみてください。「MCトークン」というキーワードで表示されてきたのは、どれもこれもが 悪評と詐欺商材 であるということばかり。

まぁ、ライバルの会社がサクラを使うこともあるとかなり多めにみて、「コインマーケットキャップ」というサイトを開いてみると、どこにも「MCトークン」がありません。

「コインマーケットキャップ」というのは、全世界で取引されている仮想通貨がすべて網羅されているサイトですのでここに載っていないということは、実際に存在していないということになります。

「Master Piece」存在していないもので稼げる???

アレックス(Alex)の「Master Piece」は詐欺商材?

まだ仮想通貨そのものが伸展しきっていないために本当にあるものかどうか、それすらも確認しようとする人が少ないことを巧妙に利用した詐欺商材と言えるでしょう。

存在していないトークンを、 知られていないもの=極秘情報 という言葉のレトリックはある意味では大したものと言えるかもしれません。

しかし、仮想通貨であっても単位の差はあれども現金と同じ価値を持っていなければどんなに貯めても使うこともできません。外貨預金なども差益を利用して儲けようとするものですが、その根底には発行国の現金と同価値があることが前提になっているのです。

形が無いどころか、存在すらしていない「MCトークン」を全面に押し出しているアレックス(Alex)の「Master Piece」はどこをとっても信用できる点が一つも見当たらず、詐欺商材という結論へと一直線に向かって走り出しそうな勢いになってしまいました。

では、せめて販売者のアレックス(Alex)さんは信用できるのかを確認してみましょう。

アレックス(Alex)さんとは・・・

先ずアレックス(Alex)という名前は本名なのでしょうか?特別商取引法に基づいて記載しているのは、MC APPLICATIONS PTE. LTD.という会社名だけです。しかも、この会社はどうやらシンガポールにあるようです。

シンガポールにあるらしい、MC APPLICATIONS PTE. LTD.という会社とアレックス(Alex)さんがどのような関係なのでしょうか。アレックス(Alex)さんは元プロのサッカー選手で引退後にはコーチとして良く知られており、更に投資家としても世界有数の人脈を持っているとあります。

そんなに有名な人なら、一度くらい見たことがありそうなものですがどんなに記憶を遡っても出てこないですよね。また、アレックス(Alex)というのはニックネームでしょうか。

名前であれば、○○・アレックスなど苗字の名前があるものですが、どこを探してもそんな記載は有りませんでした。しかも、このアレックス(Alex)の「Master Piece」の紹介で対談相手になっているのが、加藤浩二さんという人物です。

この加藤さんも、世界を股に掛ける天才投資家というキャッチフレーズが付いているのですが、出てくる情報はどれもこれもが危険アラームが点灯しまくっているような 詐欺商材情報 ばかりが出てきます。

アレックス(Alex)の「Master Piece」は信じてもよいのか・・・

アレックス(Alex)の「Master Piece」は詐欺商材?

情報そのものが信用しきれないのであれば、せめて個人だけでも信用出来ればと考えたものの、調べれば調べるほど怪しい方向へと向かっていくものしか見つけられませんでした。

確かに誰もが簡単に知ることができる情報だからこそ、極秘投資情報なのだと、そこに一縷の望みを持つのも良いかもしれません。しかしその希望は限りなく報われる可能性が少ない 詐欺商材 に全てを預けようとしていることをここで分かっておいて頂きたいと思います。

アレックス(Alex)の「Master Piece」とは、極秘投資情報を謳い文句にした詐欺商材であると今回は結論に至りました。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事