注目記事
ハイローオーストラリアの必勝法

バイナリーオプションをハイローオーストラリアでされている方は多いと思います。

ハイローオーストラリアは初心者にも使いやすく、人気の海外業者です。

今回はブログや攻略本などにも載っている「エントリー手法」の解説に加えて、サインツールを利用した 必勝法 についてもお伝えしていきたいと思っています。

そこで今回は、

  • 相場分析
  • サインツール
  • 勝てる時間帯の把握
  • 約定拒否を防ぐためのトレード手法

などについて紹介していきます。30秒トレードから、1時間のトレードまで幅広く応用できると思いますので、バイナリーオプションを始めたばかりという人もぜひご覧ください!

相場分析でハイローオーストラリアを攻略

まずは、チャートによる分析 からハイローオーストラリアでコンスタントに勝つ方法です。

チャート分析の基本中の基本であるボックス相場・ダブルボトムダブルトップ・カップウィズハンドルの使い方を解説します。

ボックス相場でエントリー

ボックス相場でエントリー

ボックス相場は上値抵抗線と下値支持線に挟まれた中でチャートの上下が繰り返される波形パターンを言いますが、ちょうどチャートの波形が 四角形 になることが多いのでボックス相場と呼ばれています。

トモヒロ
つまり、上値抵抗線や下値支持線がボックス相場の上限や下限と見分けることができれば、エントリーのタイミングを掴むことができます。

例えば、上値抵抗線にローソク足が着くと「Lowエントリー」となり、下値支持線にローソク足が着くと「Highエントリー」となる訳です。

ダブルボトムやダブルトップ

もともと、ダブルボトム・ダブルトップとはチャートが2つの谷を作った後に上昇するパターンが ダブルボトム で、チャートが2つの山を作った後に下落するパターンが ダブルトップ です。

つまり、いわゆる二番底から上昇するパターンと、二番天井から下落するパターンを掴むということです。

例えば、2回目の下降で二番底が完成したら「Highエントリー」となり、チャートが2つの山を作った後の二番天井で「Lowエントリー」となります。

カップウィズハンドル

カップウィズハンドルはダブルボトム・ダブルトップと連携したチャートパターンで、二番底を形成して上昇したチャートは前回の一番底と同じ高さで跳ね返るパターンが多く見られます。

そこで、二番底を作った後に上昇トレンドに移り変わり前回の一番底の高さで「Lowエントリー」、二番天井から下落し前回の高値で「Highエントリー」となります。

サインツールを使って勝率を上げる

そもそも、 サインツール とはその時々の相場の傾向を自動的に表示し、上下の矢印などのマークで相場の今後の動きを利用者に伝えるツールです。

僕も自身もサインツールは長年使っていて、過去のデータをもとにして日々改良を重ねています。もちろんあくまでもツールは相場分析の補助に過ぎないので、100%そのとおりにエントリーしてはいけません。

注意
サインツールは100%ではないということと、どんなサインツールにも苦手ポイントがあります。上手に使うことで勝率を安定して上げることも可能です。

サインツールを使うメリット

その意味でサインツールには時々の相場を分析したロジックが入っており、そのロジックに従って例えばMT4上でエントリーサインが表示されます。

ですので、特定のサインツールを使うと決めた場合は、基本的にエントリーサインが出たらその通りにエントリーを行うことが大切です。多くのサインツールは逆張りですので、ボリンジャーバンドやストキャスティクスなどのインジケーターとの相性が良く、同時にチャート上に表示しても良いですね。

トモヒロ
前回はサインツールのエントリーサインで失敗したので、今回のサインは見送るという様な使い方をしては意味がありません。

相場分析が一瞬でできる

相場分析が一瞬

バイナリーオプションで使えるサインツールは有料・無料さまざまで数多く出回っています。

例えば、 MT4 上でエントリーのタイミングと方向を知らせてくれるツールの場合は、別名シグナルツールとも呼ばれMT4上でエントリーのタイミングと方向を自動で知らせてくれます。

つまり、良いサインツールであれば相場分析を一瞬で済ませることもできるのです。

チャンス時にはアラートが鳴る

バイナリーオプションで使えるサインツールの中には、「 AFStarインジケーター 」の様にHigh・Lowサインを上下の矢印で表示してくれるサインツールがあります。

また、サインを表示してくれるだけでなく、サインが出た時にポップアップが現れるのと共にアラートが鳴るサインツールもあります。忙しい方でも、アラートが鳴ったときだけチャートを見てエントリーをするかしないかの判断をすれば良いので便利ですよね。

トモヒロ
特に僕がおすすめしているのは、以下のサインツールです。僕自身が分析したロジックをもとに制作しておりますので、興味がある方はぜひ確認してみてください。

龍王システム紹介

3. ハイローオーストラリアで勝てる時間帯は?

トモヒロ
活論から言えば、ある程度値動きがある時間帯が望ましいです。

僕がよくエントリーをするのは欧州が相場を開始する午後16時以降~夜中です。この時間帯は為替相場に参入者が多く、常に相場がある程度活発なので、しっかりとした値動きが期待できます。

ハイローオーストラリアの取引時間は月曜午前8時から土曜午前6時までですが、通貨ペアによっても、取引時間帯によっても、値動きが変わります。

毎日の市場のオープンやクローズの時間帯は相場の動きが荒くなりやすいので注意が必要です。
※ハイローオーストラリアでは午前8時からですので、特に問題はないかと思います。

トモヒロ
日々チャートをよく観察して、相場のクセを探してみてください。

経済指標・要人発言に注意

経済指標の発表前にも注意が必要です。いつ、発表されるのかは、「経済指標」とグーグルなどで検索すると出てきますので、必ずトレード前にはCHECKして起きましょう。

市場参加者の数が多いほど相場は動き、経済指標の発表や要人発言前後は取引の難易度が上がると考えられます。

以下、一般的に考えられている取引の難易度です。

時間帯コメント難易度
7時~参加者が少なくオセアニア市場しか開いていない高い
8時50分日本の経済指標発表高い
9時~東京市場寄付直後は値動きが大きく企業参加が多い高い
10時~動きが落ち着いて来る・中国市場がオープン低い
14時~東京市場クローズ前の動きがある時間帯高い
17時~フランクフルト・ロンドン市場オープン高い
18時~値動きは落ち着いている時間帯低い
21時~ニューヨーク市場オープン高い
1時~4時値動きは落ち着いている時間帯低い

4. 約定拒否の原因と防ぐためのエントリー手法

ハイローオーストラリアでバイナリーオプション取引を行なっている方で、 約定拒否 に遭遇したことがあるトレーダーは多い筈です。

約定拒否で希望していたエントリー位置でエントリーできず、結果、トレードに負けてしまう訳です。

そこで、その様な約定拒否を減らすには、エントリー方法を意識することで約定拒否の回数を大幅に減らすことが可能です。

約定拒否の原因

ハイローオーストラリアなどのバイナリーオプション業者で約定拒否が発生してしまう考えられる原因は、以下のことが考えられます。

  • エントリーの集中
  • レートの激しい変動

つまり、ある時点でトレーダーが一斉にエントリーすることで、 約定拒否が発生 することがあります。

約定拒否を防ぐためのトレード手法

そこで、ハイローオーストラリアの約定拒否を防ぐための方法として簡単なのは、 ローソク足 の切り替わりでのエントリーを避けるということです。

POINT
つまり、ローソク足の切り替わりにはエントリーするトレーダーが急激に増加するので、約定拒否を防ぐにはローソク足の切り替わりの1〜2秒前にエントリーするというのが非常に効果的なのです。

また購入金額を分散させるのも有効です。例えば10000円購入する場合は、5000円を2回、2500円を4回などに分散して購入します。
これにより、タイミングによっては一部が約定拒否となったとしても、不利なエントリーを減らす事ができます。

5. ハイローオーストラリアの必勝法まとめ

ハイローオーストラリア投資の 勝率を上げるための必勝法 として以下のポイントが考えられます。

それぞれのポイントをトレーダー自身が十分に理解して頂き、この記事の内容を参考にトレードに活かして頂ければと思います。

必勝法としてのポイントは以下の通りです。

◆相場分析

  • ボックス相場でエントリー
  • ダブルボトム・ダブルトップ
  • カップウィズハンドル

◆サインツール

  • 時間短縮
  • 相場分析が一瞬
  • アラートが鳴る

◆勝てる時間帯を意識し経済指標・要人発言に注意する

◆約定拒否の原因

  • 約定拒否を防ぐためのトレード手法

ハイローオーストラリアの登録

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事