注目記事
ネットビジネス,50代,やり方,個人,おすすめ,副業

ネットビジネス は現在副業としてインターネット上で多くの人が行っています。
今回はその中でも50代という点に焦点を当てて、実際に50代の方が比較的自由にネットビジネスを行うやり方はどうすれば良いのかを紹介していきます。

50代で個人でネットビジネスを始めるメリット

40代という人生の中間地点を通過し、いよいよ50代に差し掛かると老後の不安というのが現実に圧し掛かってきます。最近では企業の定年も60歳から70歳まで延長する企業が増えてきていますが、それでも会社で働ける年齢というのは限られています。

もし会社で働けなくなった時に、年金だけで生活していくことができるのか?多くの50代はこの疑問を抱いていると思います。

ではその疑問を解決するためにはどうすればよいのでしょうか?
それは

①50代という現役の今のうちに貯蓄をする
②会社を定年しても個人で稼げる手段を開拓する

この2つが現実的な方法となります。

そしてその結果

・将来の貯蓄が増加する
・定年後も個人でネットビジネスで収入を得ることができる

50代で副業や投資などのネットビジネスを始めることで、将来的にこのようなメリットがあります。

50代でネットビジネスを始めるデメリット

50代で副業や投資などのネットビジネスを個人で行うメリットは、上記で紹介したように主に将来に関するものとなります。
それに対しデメリットは将来ではなく「」である現在にあります。

具体的には

・副業を始める自由な時間が限られている
・体力的に長時間は厳しい
・新しいことを始めるのに抵抗がある

このような具体的なデメリットと個人で向き合っていかなければなりません。ではどうすれば向き合うことができるのでしょうか?

その方法を具体的に紹介していきましょう。

 

50代でネットビジネス 会社は定年まで働こう

まず大前提として会社勤めで長く働いてきた方は、これからも会社で働きながらネットビジネスを始めましょう。現在フリーランスという形でネットビジネス一本で独立する人も少なくはありません。

ですが、それは体力や気力が充実した30代までの話です。

間違っても会社を辞めて独立したところで、現実の厳しさにつまづくのは明らかです。折角長く働いてきた会社ですから、定年までしがみつきながら本業で働くことは、個人で50代でネットビジネスを始めるための大前提となります。

50代のネットビジネス 限られた自由時間の中で

例えば会社に9時間拘束された後に、5時間以上の時間をネットビジネスに充てたとしましょう。会社の移動時間を含めると、最低でも15時間以上本業と副業に拘束されてしまいます

若い時には気力で可能な範囲かもしれませんが、50代でこのスケジュールをこなすのはハードであり、体力的にすぐに挫折するのは目に見えています

会社という組織で働きながら、個人で限られた自由時間を活用し、副業や投資などのネットビジネスを行うためには、まず現実の時間と向き合いネットビジネスに使える自由な稼働時間を弾き出しましょう。

例えば平日は長くても1日3時間程度に留め、土日祝日の休日に10時間以上の時間をネットビジネスに充てるといった形です。最初はもっと短い時間でも構いません。

まずはタイムテーブルに余裕を持って自由にできる範囲でネットビジネスを始めてみましょう。

50代のネットビジネス 何をすればいいの?

現在ではネット上で副業やネットビジネスと検索すると、いくつものネットビジネスが紹介されています。ではこの中から何を始めればよいのでしょうか?

まず何を選ぶかも年齢を考慮して考える必要があります。

現在ネットビジネスとして広く知られている、YouTubeの広告収入で稼ぐユーチューバーを例にしてみてもいきなり動画を作り動画を上げたところで、収入に結びつけるには困難です。

なぜなら若い時にはあった時代にあった柔軟な思考が低下しているからです。50代の脳が新しい物を受け入れるためには、莫大な時間を要してしまいその結果挫折するのは明らかです。

しかしこれが逆に映像制作の仕事で働いている50代の人ならばどうでしょうか?動画を作ることはそこまで苦にならず、意外とすんなり入っていけると思いませんか?

また最近ではネットビジネスとしてネット上で、YouTube映像編集の仕事も増えてきています。こういった仕事も比較的簡単に請け負えるはずです。

YouTubeは極端な例ですが、要は 50代までやってきた経験を活かすことのできるネットビジネスを探すことがポイント です。

若い人の武器は新しいことに挑戦できる体力と気力です。それに対し50代の武器は「 人生で学んだ時間と経験を活かすことができる
これが大きな武器となります。

この武器は本業の会社勤めの経験だけでなく、趣味や特技といった日常生活を通した長い人生時間で得た経験という武器です。50代でネットビジネスを始める前に、あなたの人生を一度深堀してみて趣味や特技をまとめてみましょう。

50代のネットビジネス 具体的なやり方を紹介

50代が副業の形態は大まかに分類すると

①広告収入で稼ぐ副業
②自分で物を販売し収益で稼ぐ副業
③スキルで稼ぐ副業
④証券会社を通じた投資

この4つに分類できます。

広告収入で稼ぐネットビジネスとは?

ブログのアフィリエイトや、YouTubeの視聴回数に基づいた広告収入などが、この副業に該当します。ブログやYouTubeなどで相手からあなたに興味を持ってもらうことで、広告収入を稼ぐことができます。

細かいやり方に関してはネット上で多く情報が出回っているためここでは割愛し、50代が広告収入で稼ぐポイントを簡単に紹介すると

ブログや動画の内容は無理をしない

ブログや動画のネタを探すために、新しいことを調べてチャレンジできのは若い人の特権です。自分の趣味や特技など日常生活に溶け込んでいる内容を投稿しながら、商品紹介をさりげなく盛り込んでいきましょう。

若い人との差別化をしっかりと行う

50代で流行の型にはまったブログや動画を見ても、共感や興味を持ってくれる人はあまり多くありません。ブログや動画の視聴者の多くはあなたよりも若い人達で、50代ならでは別の角度での意見を聞くことができるからこそです。

自分のブレない型をしっかりと持ち、経験に基づく自分の意見をしっかりと相手に伝える工夫をしてみましょう。広告収入で稼ぐには最初からYouTubeへの動画投稿は敷居が高いので、まずは手軽に始められるブログがおすすめです。

あなたの趣味や特技などを時には商品紹介も交えつつ盛り込んだ内容を投稿してみましょう。

物の販売収益で稼ぐ副業とは?

物を購入し販売金額との差額で稼ぐ
一般的なのは商品を自分で購入しネット上で購入金額よりも高く販売する「せどり」と呼ばれる副業です。

やり方は簡単でインターネットや街で商品を購入し、その商品を購入金額よりも高く販売するだけです。Amazonやメルカリなどを上手く使うことで仕入れから販売までをネット上で全て完結することができます。

始めるに当たって必要なのは販売する商品の購入に必要な元手です。また時代の流行を追うマーケティング力もある程度必要になってきます。

何を売るのか?の選定に必要なマーケティング力に関しては、無理に流行を追って新しい商品を販売するよりも、あなたの知識と経験が豊富な商品があれば、それに関連する商品を販売することでカバーできます。

副業として一定以上の収益を稼ぐためには、ある程度の元手が必要ですが、1万円程度で試しに手軽に始めることもできるため、ネットビジネスの入門として「せどり」は最適です。

マッチングアプリを活用する

わかりやすい例を挙げると「民泊」などがこれに該当し、2021年東京オリンピックによる海外の人の宿泊先として、民泊は大きな注目を集めています。

その人にとっては今はいらない物を有料で必要としている人に販売やレンタルを行うのが、マッチングアプリを活用したネットビジネスのやり方です。

民泊を例にすると、余っている住宅をマッチングアプリを通して第3者に有料で貸し出すことで収益を得るのが、マッチングアプリを活用した副業です。

この分野はマッチングアプリの進化と共に今後も副業としてネットビジネスの可能性は大きく発展する可能性を秘めています。

マッチングの内容には様々な物が含まれるので、身近な物でマッチングできる物があれば積極的に活用してみましょう。

スキルで稼ぐ副業とは?

・ライティングスキル
・イラスト作成スキル
・プログラミングスキル
・語学翻訳スキル

具体的に50代でこのようなスキルを持っている方は、スキルで稼ぐ副業の立派な選択肢の1つです。

インターネット上では色々な場所でこういったスキルのある人を、随時募集しています。こういった仕事を自分で探し交渉し引き受けることで稼いでいくのがスキルで稼ぐ副業です。

スキルの他にメール作成力や報連相、各種連絡ツールの活用などいくつかの知識が必要な場合もありますが、重要なのはやはり上記に挙げたスキル部分です。

「クラウドワークス」などのクラウドソーシングを活用すれば、単価は低いですが簡単に仕事を引き受けることも可能です。スキルに自信のある方はまず入門としてクラウドワークスが提供するスキルで稼ぐ副業を始めてみるのがおすすめのやり方となります。

証券会社の投資って儲かるの?

結論を言えば 100%儲かる保証はできません
やはり投資にはリスクがあります。またそれなりの利益を出すためには一定の元手が必要です。

具体的には

年間2%の運用で投資を行った場合
100万円=年2万円
500万円=年10万円
1000万円=年20万円

となり1000万円で2%の運用をすることで、具体的な目に見える収益に繋がります。

そもそも初めて投資を始める人は何に投資してよいのかやり方がわかりません。やり方としてはまずあなたの身近な物や企業などイメージが湧きやすい株に投資をしてみましょう。

その際に大事になってくるのが 配当利回りと企業の安定性のバランス です。

長期的に見ても株価の値下がりの少ない安定な会社の株でリスクを軽減し、かつ配当利回りが2%を超える株を長期的に複数保有することで、投資として運用が可能になります。

いきなり1000万円もの大金を準備できる人は決して多くはありません。ですがネットビジネスで稼いだお金は将来に備えた貯蓄です。この貯蓄を株という金利2%以上の銀行預金に預けることで、貯蓄金額を増加させていきます。

副業で稼いだお金は銀行に預けたまま貯蓄するには勿体ないので、100万円を超える金額が副業で貯蓄できたら、投資の運用も同時進行で行っていきましょう。

副業として行うネットビジネスの注意点

会社勤めという本業の傍ら、会社勤めとネットビジネスを両立させる場合1つ大きな注意点があります。

それは 本業の会社に副業がバレないこと です。

副業がOKという会社であれば問題ありません。ですが現在でも多くの企業は副業を禁止しており、最悪会社を解雇になる可能性も否定できないからです。

本業である会社の言い分としては、規定ではなくあくまでも副業をすることで本業に支障をきたすからこそ副業を禁止しています。

副業をすることで本業に支障をきたすことがないためにも、50代という年齢を踏まえキャパシティを超えた副業を行うことの無いようスケジュール管理をしっかりと行うことが、長く副業を続ける秘訣です。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事