注目記事
チャート上でのストキャスティクスの見方についてわかりやすく解説

世界中の多くのトレーダーが利用しているインジケーターの一つに『ストキャスティクス』があります。

ストキャスティクスは 初心者にも使いやすいインジケーター で、取引の成功率を高めるのに役立ちます。

トモヒロ
この記事ではストキャスティクスの基本的な見方や使い方について解説します。

ストキャスティクスとは

ストキャスティクスとは、一定期間内の価格の変動幅を100%とした時に、ある日の終値がどの位置にあるかを示したものです。

0%から100%の間で表示され、市場の買われすぎ・売られすぎを判断するオシレーター系のインジケーターとなります。

もしストキャスティクスが70%を超えた場合には市場が買われすぎ、30%を下回った場合には市場が売られすぎと見て取引に生かすことができるでしょう。

ストキャスティクスは『振り子』を意味するオシレーター系のインジケーターであるためレンジ相場で威力を発揮しますが、使い方によっては トレンドの転換を予測 するためにも用いることができます。上手に使うことができれば、使用範囲を広げることが可能なのです。

ストキャスティクスには%K、%D、スロー%Dという3本のラインがあります。

トモヒロ
それぞれのラインを単体で用いることもできますが、これらのうちの2本を使ってさらに確度の高い予測を行うことも可能です。

とくに%Kと%Dを用いたテクニカル分析を『ファストストキャスティクス』、%Dとスロー%Dを用いたテクニカル分析を『スローストキャスティクス』と呼びます。

加えてチャートとストキャスティクスの動きが逆行する『ダイバージェンス』を用いた分析も可能です。トレードに生かすことができるポイントを多く持つ指標として高い人気があることも頷けます。

ストキャスティクスの基本的な見方

FXトレード初心者の方はストキャスティクスは難しそうと感じるかもしれませんが、基本的な見方さえ覚えておけば、トレードに生かすのはそれほど難しくありません。FXを始めたばかりという方も、すぐに慣れてその便利さに気づくでしょう。

まずもっとも基本的な見方は、 市場の買われすぎ・売られすぎ を判断するというものです。

一般的にストキャスティクスが70%を超えたら市場は買われすぎに、30%を下回ったら市場は売られすぎになっていると考えられます。

買われすぎの場合にはその後価格の下落が予想されるので『売り』、売られすぎの場合には直後に価格が上昇に転じる可能性が高いので『買い』と、逆張りに用いることができます。

もしより確度の高い分析が行いたいのであれば、買われすぎのラインを80%、売られすぎのラインを20%にするとよいでしょう。

ストキャスティクスは、買いと売りのサインを一定の範囲で上下する数値で判断できるので、そのサインを使ってトレードしていくことになります。

ストキャスティクスを導入するメリット

ストキャスティクスは世界中の多くのトレーダーが用いているテクニカル指標ですが、この指標をこれから導入するメリットはあるのでしょうか。

ストキャスティクスの利用にはいくつかのメリットがありますが、主なものとして、

  • 市場の過熱を数値で判断できる
  • 大きなリターンが見込める

という2つが挙げられます。ではこの2つのメリットについて詳しく解説します。

市場の過熱を数値で判断できる

まず大きなメリットとして挙げられるのは、市場の過熱状況を数値で判断できるという点です。

市場がトレンド相場にある場合、市場の過熱状況を判断するのは難しくありません。価格がどんどん上昇・下落していくので容易に買われすぎ、売られすぎが判断できるでしょう。

トレンド相場では買われすぎ・売られすぎでも価格が上昇・下落していくので順張りすれば利益を上げられる可能性は高くなります。

しかしトレンド相場が終わり、レンジ相場に入った時には、市場の過熱状況を判断するのが難しくなります。思わぬところで価格が変動することも多く、どのような動きをするのか予測が困難です。

 レンジ相場では明確なトレンドがないため、市場の過熱感を感覚でとらえていると思わぬ損失を被ることがあります。

しかしストキャスティクスを利用すれば、相場の価格変動だけでなく 数値で市場の過熱状況が分かる ので、確度の高い分析が行えます。

%K、%Dなど1本のラインを使って売られすぎ・買われすぎを判断することもできますが、%Kと%Dを用いたファストストキャスティクス、%Dとスロー%Dを利用したスローストキャスティクスで分析を行えば、さらに正確な判断ができます。

より安全性の高いトレードをしたいのであれば、2本のラインを用いた分析や予測を実践した方がよいでしょう。

ファストストキャスティクスはより短い期間を利用しているので市場に敏感に反応しやすい一方、予測と実際の株価が一致せず損失を被る 『ダマシ』に遭いやすい というデメリットもあります。

スローストキャスティクスはダマシが少ないものの、市場の動きとやや差が生じます。一般的によく用いられる取引方法は後者です。

大きなリターンが見込める

ストキャスティクスの別のメリットは、大きなリターンが見込めるというものです。

FXのトレーダーは1度の取引でできるだけ大きな利益を得たいと思うものですが、ストキャスティクスを利用すればそれも可能です。というのも、ストキャスティクスは『振り子』を意味するオシレーター系のテクニカル指標であり、 『逆張り』に利用できるか らです。

ストキャスティクスは70%もしくは85%を超えたら市場は買われすぎ、15%もしくは30%を下回ったら売られすぎと判断します。

逆張りでは、市場が買われすぎなら『売り』、売られすぎなら『買い』のポジションを取ります。

株価は上下動を繰り返すという特徴があるので、もし市場が買われすぎならば多くのトレーダーが買われすぎを警戒して売りポジションを取るようになります。その結果価格は下落するのです。

ストキャスティクスを利用すれば、価格が下落する直線のタイミングを見極めて逆張りし、大きなリターンを取ることが可能となります。

逆にストキャスティクスでの分析の結果、市場が売られすぎであれば、その後株価が上昇することが予想できるので『買い』ポジションを取ることになるでしょう。

トレンド相場を利用した順張りでも利益は上げられますが、レンジ相場の逆張りでより大きな利益を得るためにストキャスティクスは役立つのです。

トモヒロ
ちょっとした工夫で、利益の幅を大きくすることができるかもしれないという点を覚えておきましょう。

ストキャスティクスの基本的な使い方と注意点

ではストキャスティクの基本的な使い方と注意すべき点について解説します。

MT4を使っている方であれば、まずストキャスティクスをチャートに反映しなければなりません。ナビゲーターウィンドウから、『インディケーター』を選択肢、その中の『オシレーター』を選択します。あとは、選択肢にあるストキャスティクスを選ぶだけです。

 ただしストキャスティクスは正式名称の『Stochastic Oscillator』と表示されているので注意しましょう。

このテクニカル指標の基本的な使い方は、『ゴールデンクロス』と『デッドクロス』です。

ゴールデンクロス とは、15%もしくは30%以下のゾーンで期間の短いラインが期間の長いラインを下から上に突き抜けることを指します。用いられている3つのラインは期間の短い順に%K、%D、スロー%Dとなっているので、もし売られすぎのゾーンで%Kが%Dを下から上へ突き抜けたなら強い『買い』のサインとなります。

一方で デッドクロス とは、70%もしくは85%以上のゾーンで期間の短いラインが期間の長いラインを上から下に突き抜けているクロスのことです。これは強い『売り』のサインと認識されます。

このラインの交差は株、FX、バイナリーオプションなどさまざまな取引で用いられます。しかもトレーダーが取引を行う上で非常に重要な要素として扱われるのです。

どんな取引をしていても、ラインの交差は覚えておくべきポイントといえるでしょう。

株やFXでは、ゴールデンクロスで『買い』、デッドクロスで『売り』と、逆張りに用います。順張りと比較して大きな利益を得られる可能性があるので、世界中の多くのトレーダーが好む使い方です。

一方、一定期間内に価格が指定したレートを上回るか下回るかを予測するバイナリーオプションでは、ゴールデンクロスで『HIGH』、デッドクロスでは『LOW』でエントリーすれば、勝率を高めることができるようになるでしょう。

トモヒロ
バイナリーオプションを運任せのギャンブルのようなものだと感じる人もいますが、しっかりと市場を分析することができれば確実に成功率を高めることが可能なのです。

ストキャスティクスの注意点

ストキャスティクスはある特定の期間内の価格変動幅を100%とした時に、当日の終値がどのあたりに位置しているかを算出するものです。

この特定の期間は任意に設定することができますが、基本的には 9日間 とされています。FX初心者の方は9日間のままストキャスティクスを利用するのがベストですが、FXやストキャスティクスに慣れてきたならこの期間を変更してより自分に合った分析を行うことも可能です。

トレーダーによっては、9日間ではなく5日間、14日間などを用いる人もいます。

もしより短期間での分析が行いたいのであれば5日間、ダマシの少ない分析がしたいという希望があれば14日間を利用するのがよいでしょう。

もし経験上別の日数が自分に合っていると感じるのであれば、設定を変更してカスタマイズされた指標を用いることもできるかもしれません。

さらに『 ダマシ 』にも要注意です。ダマシとはストキャスティクスによる予想と実際の市場の動きが異なることを指します。

とくに強いトレンドが発生している時は、ストキャスティクスの分析結果が買われすぎ・売られすぎでもどんどん価格が上昇・下落していきます。さらに話題性のある銘柄が取引される時も、急激な上昇・下降トレンドが発生するので、ストキャスティクスの分析が役に立たないことがあるでしょう。

計算値が0%や100%に近くなってしまっては、エントリーのタイミングを図るのは難しくなります。

加えて株価の高値が切り上がっているのにストキャスティクスの高値が切り下がっている場合には、『ダイバージェンス』が発生しているので、トレンドの転換が予想されます。

 このような状況では分析結果と市場の動きが異なるダマシが発生しやすいので注意が必要です。

ダマシを回避するためには、移動平均線やMACD、RSIといった他のテクニカル指標を用いるとよいでしょう。複数のテクニカル指標を併せて分析することで、だましに遭うリスクを最小限に抑えることができます。

一つの指標だけで予測をしていると、市場に関係するさまざまな要素を見逃してしまう恐れがあるからです。できるだけ多くの要素を取り入れることで予測の確度を高めることができます。

トモヒロ
トレードの正確性を高めて利益を大きくすることに加えて、ダマシを避けることで損失を減らすこともFXトレーダーとして成功する秘訣です。

まとめ

ストキャスティクスは市場の過熱状況に着目し、逆張りのタイミングを探るオシレーター系のインジケーターです。

基本的には%Kと%Dの2つのラインに注目するファスト、%Dとスロー%Dのスローという分析方法がありますが、それに加えダイバージェンスに注目することで大きな利益を上げられる可能性があります。

2種類の分析方法を上手に使い分けることで、株、FX、バイナリーオプションそれぞれの勝率を高めることが出るでしょう。

初心者の方でもさまざまな方法で利用できるのも大きな魅力の一つです。世界中のトレーダーがエントリーのタイミングを効果的に図り、より多くの利益を得られるようこの指標を用いています。

こうした手法を使いこなして、より大きなリターンが得られるようにしたいものです。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事