注目記事
バイナリーオプションはギャンブル性の高い投資?依存症には注意!

現実問題としてバイナリーオプションで負けてしまった人や、バイナリーオプションにハマっている人を見る機会は決して稀ではありません。

そこで、その様な状況に陥ることのない様に、今回はバイナリーオプション ギャンブル性 について考えます。

特に、ギャンブル性の高い投資と通常の投資の違いやギャンブル依存症について、ギャンブルから脱却するためのルールを守ったエントリーなどについて考えます。

加えて、バイナリーオプションの良いサインツールとして「一騎当千」をおすすめしています。

この記事で学べること

  • ギャンブル性の高い投資と通常の投資の違いについて
  • ギャンブルから脱却するためのルールを守ったバイナリーオプションエントリーなどについて

バイナリーオプションはなぜギャンブル性が高いと言われるのか?

一般的にバイナリーオプションに限らずFX投資や株式先物取引・株式信用取引はギャンブルに例えられることが多いと言えます。

それらの取引によって財産を失う人も少なくないからで、投資家自身はギャンブルと感じていない場合でも周囲はギャンブルと感じることも多いでしょう。

もともと、日本は先進国の中で 貯蓄比率が高く投資の比率が低い国で、貯蓄はノーリスクで投資はハイリスクと考えられています。

その様な古い保守的な考え方の行きつく先は、 ハイリスク=ギャンブル という考え方なのです。

ところが、投資とギャンブルの関係性にはリスクリターンが深く関係しているため、

  • リスク度
  • リスク許容度
  • 期待収益率

などを理解することが大事なのです。

例えば、金融資産1億円を持つ投資家が1,000万円を1回のバイナリーオプショントレードに使うのは投資ですが、金融資産が1,000万円しかない投資家が1,000万円を1回のバイナリーオプショントレードに使うのはギャンブルと見なされます。

それは前者と後者の リスク許容度の違い によるものです。

つまり、バイナリーオプションは紛れもなく投資ですが、ルールに沿わず分析もしなければただのギャンブルとなってしまうこともあるのです。

最初に「バイナリーオプションはなぜギャンブル性が高い」と言われるのかについて考えます。

上がるか下がるかの博打である

バイナリーオプション投資のギャンブル性が高いと言われる理由の1つは、バイナリーオプション投資が上がるか下がるかの二者択一の博打の様な要素があるからです。

確かにカジノで代表的なギャンブルであるルーレットは、もともと、二者択一ですし江戸時代から行われている丁半博打も半か丁の二者択一の博打です。

ですので、客観的に見るとバイナリーオプション投資は二者択一だけの博打の様な投資に見えますが、バイナリーオプション投資はルーレットの様な単純な二者択一ではありません。

トモヒロ
バイナリーオプション投資は二者択一する時点で、それまでの相場形成過程をチャートで確認することができます。

また、テクニカル指標でトレンドや過熱感を吟味することもできるからです。

ペイアウト率が2倍未満はやればやるほど資金が減る

もともと、二者択一のギャンブルを継続的に行うと、統計学的には勝率は限りなく50%に収斂していきます。

つまり、500勝500敗の様な勝率に収斂する訳ですが、バイナリーオプションでは勝率5割でペイアウト率が2.0倍未満の場合はやればやるほど資金が減るというリスクがあることも事実です。

つまり、バイナリーオプションで勝つためには、次のことが必要になってきます。

  • 勝率を50%以上にすること
  • ペイアウト率が2.0倍以上のタイミングや業者を見つけること

バイナリーオプション海外業者の中にはペイアウト率が2.0倍以上の業者も少なくありません。

実際に資金を失ってしまう人が存在する

つまり、ギャンブルの様に全くチャートやテクニカル指標を見ないでバイナリーオプション投資をやるとすれば、勝率は50%でも損益的には負けが込み実際に資金を失う人が増えてしまいます。

特に、バイナリーオプションでは連敗すると一気に投資資金を失うことになりますから要注意です。

バイナリーオプションは投資であると断言できる理由

現実問題としてバイナリーオプション投資の大部分の投資家は、チャートやテクニカル指標を見ることはもちろん各種ツールやインジケーターを駆使して相場に臨んでいます。

そうしなければバイナリーオプション投資の勝率は上がりませんから、大部分の投資家は日々、努力を積み重ねているのです。

このこと1つを取っても「バイナリーオプションが投資である」と断言できる理由なのです。

為替相場を使ったものであるから

加えて、為替相場には様々なニーズを持った投資家が世界中から参加しています。

例えば、銀行などの金融機関や商社・メーカー・各国財務部門・投資信託・投資顧問会社・ヘッジファンド・個人投資家などです。

つまり、単純に利益を求めて相場に参加する投資家に加えて、商社やメーカーなど貿易のために為替取引を行う 実需の参加者 も多いのです。

このことがカジノなどのギャンブルと決定的に異なるポイントです。

テクニカル分析とは?

つまり、為替相場は様々なニーズを持った投資家のニーズのぶつかり合いですから、相場状況を正確に掴むには市況情報などの外部要因に加えて相場の内部要因であるテクニカル分析を行う必要が出てきます。

通常、テクニカル分析は様々な時間軸の足を用いたチャート分析と、一目均衡表・エンベローブなどのトレンド系指標やRSI・ボリンジャーバンド・ストキャスティクスなどのオシレーター系指標を用いた分析を組み合わせて勝率を高めていきます。

ルールを守ったエントリーでギャンブルから脱却

また、バイナリーオプションが投資であると断言できる理由は、投資家自身が資金管理や投資ルール・エントリールールを徹底することで 勝率アップ・利益率アップ を狙えることです。

トモヒロ
言うまでもありませんが、ギャンブルで資金管理やエントリールールを徹底しているギャンブラーは見たことがありません。
この点が投資とギャンブルの大きな相違ポイントです。

資金管理を徹底しよう

一般的にギャンブルをやる人で 資金管理 を行っている人は稀で、むしろ、ギャンブル依存症などの人は資金管理ができないからギャンブル依存になり一攫千金を狙うことになる訳です。

つまり、バイナリーオプション投資で資金管理を行うということは、バイナリーオプション投資がギャンブルではない証でもあるのです。

売買ルールを多用しすぎない

バイナリーオプション投資に限らずFX投資や株式ネットトレードの投資家は、様々な投資家自身の 投資ルール エントリールール を持っています。

そして、それらのルールを守るための毎日のルーチンも持っている筈ですが、ルーチンが多過ぎて判断基準が多くなりすぎ、結果として「勝ち」の妨げになることも少なくありません。

必要最小限のシンプルなルーチンが求められます。

冷静なチャート分析の為にもツールを利用しよう

加えて、相場で継続的に一定以上の勝率をキープするには、どの様な相場においても投資家自身が決めたエントリールールやルーチンを守りテクニカルやチャートを 冷静に分析すること が求められます。

「好事魔多し」と言いますが、上手く相場トレンドに乗り連勝を重ねている時こそ、いつも通りの冷静な判断と冷静な分析が必要なのです。

加えて、信頼できるサインツールを見つけて勝率を加算する戦略も有効です。

例えば、バイナリーオプションの良いサインツールとして「一騎当千」をおすすめします。

一騎当千」はシステムと裁量それぞれの弱点を相互に補ったサインツールで、そのメリットは以下の通りです。

  • 完全自動で知識も技術も一切必要ないシステム
  • 随時最新のロジックに更新されるシステム
  • 充実のメールサポートシステム
  • 148,000円⇒128,000円の特別割引実施中

現在、148,000円⇒128000円の特別割引を実施中ですので、速攻でシステム代を回収できるチャンスです。

まとめ

バイナリーオプション投資がギャンブルか否か 」という命題は何度も言われてきたことですが、要はどの様に投資家自身がバイナリーオプション投資に向き合っているのかということに行き着きます。

確かにいい加減な投資を繰り返していれば、ギャンブルと見られるかもしれません。

一方、本項で解説してきました様にギャンブル性の高い投資と通常の投資の違いについて理解した上で、投資家自身が決めた投資ルールやエントリールール・資金管理を守った投資をギャンブルと呼ぶ人はいないでしょう。

これらのバイナリーオプションの手法を参考にトレードに活かして頂き、勝率アップに役立てて頂ければ幸いです。

しっかりとテクニカル分析などを行い、日々、勝率を高める努力をして頂ければと思います。

龍王システム紹介

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事