注目記事
大学生がバイナリーオプション投資を始める際の注意点まとめ

最近、大学生でバイナリーオプションを始めようとしている人や、Web上やリアルの場でバイナリーオプションの勧誘を受ける人が増えています。

そこで、今回の記事では大学生でもバイナリーオプションはできるのかと、バイナリーオプションの注意点・勧誘や詐欺について解説しています。

特に、バイナリーオプション詐欺集団「オプザイル」を含めて、バイナリーオプションのリスクについてもまとめました。

この記事で学べること

  • 大学生でもバイナリーオプションはできるのか
  • バイナリーオプションの注意点・勧誘や詐欺について
  • バイナリーオプション詐欺集団「オプザイル」などのリスクについて

大学生でもバイナリーオプションはできる?

インターネットが普及し、スマートフォンのアプリなどを使ってFXやバイナリーオプションの投資を始める大学生も少なくありません。バイナリー業者は多数ありますが、多くが年齢制限は 18歳以上 であり、人気業者のハイローオーストラリアでも口座開設は18歳以上と規定されています。

ただ、一部の裕福な大学生を除くと大学生は社会人に比べて 資金力が乏しい ですから、投資においてはハイリスクになりがちです。まずはバイナリーオプション投資をするための年齢制限とメリット・デメリットについてです。

バイナリーオプションの投資の資格

海外業者のハイローオーストラリアの場合、口座開設の申込は未成年(18歳~19歳)でも申込可能ですが、取引は成人である 20歳以上 となっています。また、国内業者の場合の口座開設は20歳以上となっていますので、実質的に取引するには20歳以上が条件となります。

さらに、口座開設のためには本人確認書類を提出しなければなりません。以下の様な写真付き本人確認書類が必要です。

  • 自動車運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート

これらの書類を用意できれば、大学生の方でも簡単に口座開設はできます。以下にハイローオーストラリアの口座開設方法を紹介しています。
ハイローオーストラリア口座開設方法

大学生がバイナリーオプション投資をするメリット・デメリット

もともと、マネー運用や投資に関して、学生時代から経験しておくことは無駄なことではありません。筆者自身も18歳のときから株やFXを運用しています。

現在の日本の大多数の高齢者の様に銀行預金と郵便貯金しか知らない世代に比べ、現在は多くの選択肢の中から選ぶことができるのは大きなメリットです。

また、バイナリーオプション投資を行うことで、 投資や為替や経済の勉強 にもなります。加えて、バイナリーオプション投資で勝率を上げることができれば、将来的に資産運用の知識を得ることもできるでしょう。

一方で、学生バイナリーオプション投資のデメリットとしては熱中し過ぎると学業がおろそかになることと、なけなしの資金を失うリスクもあるので注意が必要です。

トモヒロ
投資金額があまりに大きくなりすぎないように 注意 してください。

大学生を狙ったバイナリーオプションの詐欺に注意

もともと、学生を狙った詐欺で多いのはネットワークビジネスですが、ネットワークビジネスでもア○ウェイやニュー○キンの様なまともな会社と詐欺会社を区別する必要があります。

同様に学生を狙ったバイナリーオプションの詐欺についても、まともな会社と詐欺会社を区別しなければなりません。バイナリーオプション詐欺にはレクチャー詐欺と言われるSNSを使った詐欺と、ネットワークビジネスの様な友人または知人経由からの詐欺があります。

トモヒロ
これらの多くはバイナリーオプションを分析するツールやアプリを販売するもので、いずれも、まともなツールやアプリと詐欺ツール・アプリを区別しなければなりません。

例えば投資初心者を騙すような以下のような手口がありますので、注意が必要です。

高額なUSBツールを売りつける

USB
特に、増えているのがその様なツールをUSBに入れて高値で売る業者です。それらの業者は「絶対稼げる」「勝率90%超え」「先着100名様だけ」などの謳い文句で学生を勧誘しています。

しかし投資の世界に「絶対」はありません。例えば、世界的に有名な会員数限定のヘッジファンドは一般の投資家が連絡することもできず申し込むことさえできませんが、そのパフォーマンスは平均して年率20%程度です。

また、過去の有名なシステムツールの勝率はよくても60%程度で、システムツールや自動売買プログラムは長く勝ち続けることは難しいです。

優秀なシステムツールやプログラム売買ができたとしても、有名になると必ず誰かに真似をされますし、反対売買をぶつけられることも多くなるからです。結果としてその利用者は負け金額が膨らんでしまい、資金ショートの恐れがあるのです。

トモヒロ
「絶対儲かる」「勝率90%超え」などのツールはあり得ませんから、もし、勧誘されたら「そんなに勝てるツールを何故他人に販売するのか?」と聞いて見ると良いでしょう。

つまり、本当に良いツールは誰も知らないところで密かに関係者だけに使われている訳で、SNSや友人を通じて勧誘されるツールに良いものは稀です。

これらはマルチ商法と一緒で限りなく詐欺に近いツールと考えて良いかもしれませんね。

学生ローンを組ませる悪質な手口もあり

しかも、その様な詐欺的なツールに限って 高い値段 が設定されています。中には50万円、100万円といった高額での販売もあります。

詐欺業者としては、騙せる相手からできる限り大金をせしめようという魂胆なのです。もちろん「お金がない」と断れば良いのですが、間違っても学生ローンを組む様なことは禁物です。

バイナリーオプションで勝率50%を超えるのは簡単ではありませんから、最初からローンを抱えて勝てる様な簡単な投資ではないのです。

バイナリーオプション詐欺集団「オプザイル」は消えた?

2016年頃に出現し多数の詐欺被害者を生み出した「オプザイル」とは、バイナリーオプションのUSBツールを高額で販売する集団を指します。

「オプザイル」はツイッターやインスタグラムなどのSNS上に豪華な食事やブランド品などの写真を載せ、興味を持った人に対してバイナリーオプションツールを数十万円で販売しました。

「オプザイル」の手口は、

  1. SNSまたは紹介により人を集める
  2. 対面でバイナリーオプションの話をする
  3. ツールが入ったUSBメモリを30万円〜50万円で販売する

といった特徴がありました。

このシステムで購入者を紹介した人には1人当たり10万円程度のコミッションが支払われたということで、学生は勉強やアルバイトを止めて「オプザイル」に熱中しました。もちろん、言うまでもありませんが「オプザイル」のバイナリーオプションツールが利益を出せるはずもなく、残ったのは被害学生の消費者金融や学生ローンだったのです。

トモヒロ
この世の中に「楽をして結果を出せるツールなどは存在しない」ということです。

バイナリーオプションのリスクとは?

大学生に限らず、一般的にバイナリーオプションはハイリターン・ハイリターンの金融商品に分類されていますが、具体的には以下のリスクが考えられます。

為替市場のリスク

1つ目のバイナリーオプションのリスクは 為替市場のリスク で、為替市場は実需と仮需の多数の参加者の複雑なニーズのぶつかり合いの市場です。チャート分析をすることで勝率をかなり高めることはできますが、やはり相場に不測の事態はつきものですので、そのリスクは考えて置かなければいけません。

トモヒロ
間違っても一度のエントリーに 全財産を突っ込む ことが無いようにして下さいね。

ギャンブル性の高さ

2つ目のバイナリーオプションのリスクは外れると購入分はゼロになるギャンブル性の高さです。

このことによりバイナリーオプションがギャンブルと同一視されることもありますが、しっかりと市場やリスクを分析し手順を踏めばバイナリーオプションがギャンブルではないことが解ります。

海外の悪徳バイオプ業者に注意

3つ目のリスクはバイナリーオプション海外業者の中には悪徳業者が多いので、 業者選びに注意 を要することです。

もともと、2013年以降、日本国内では「1分や5分で満期を迎えるような短期商品」の取扱が禁止され、日本証券業協会が「バイナリーオプション取引について各銘柄の取引期間を2時間以上となるよう」としました。

一方、外国のバイナリーオプション業者は規制されていないため、日本国内でも超短期でのバイナリーオプション取引を希望する者に対するサービスを続けています。ただ、国内業者が一概に良いというわけではありません。筆者自身は売買条件が「トレーダーに有利」だという理由から海外業者を使い続けています。詳しくは以下の記事参照です。

まとめ

今回は大学生がバイナリーオプション投資を始める際の注意点ということで、バイナリーオプション投資の資格や投資勧誘・詐欺等について解説しました。

また、バイナリーオプション詐欺集団「オプザイル」を例に、大学生のバイナリーオプション投資のリスクやバイナリーオプションそのもののリスクについてもまとめました。

もちろんルールの中で楽しく投資をすれば、バイナリーオプション自体は魅力的な投資です。当ブログサイトでは様々な手法や、エントリーのノウハウを公開しています。これらの記事の内容を参考にトレードに活かして頂き 勝率アップに役立てて頂ければ幸いです。

ハイローオーストラリアの登録

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事