注目記事
バイナリーオプションは複利運用で攻略可能?|軍資金の目安

現実問題としてバイナリーオプションを始めている人の中で、資金管理が上手くいかない人が多い様です。

また、バイナリーオプションの1回の掛け金をいくらにしたら良いかを知りたい人や、複利で資金を増やしていく方法を知りたいと言う声も多く聞かれます。

そこで、今回はバイナリーオプションの 複利運用 の計算シミュレーションと複利の効果を高める方法についてと、複利運用でのエントリーにおすすめできる業者としてハイローオーストラリアを取り上げています。

確かに複利の力は大きいのですが、決められたルールをしっかりと守って資金管理を適切に行うことが大切です。

この記事で学べること

  • バイナリーオプションの複利運用の計算方法と複利の効果を高める方法
  • 複利運用でおすすめできる業者としてハイローオーストラリアについて

投資における複利の効果とメリットは?

もともと、預金金利が5%~8%と高い時代には複利運用のメリットが強調されていました。

5%の利回りで複利運用した場合、元本が2倍になるのは15年後で元本が3倍になるのは25年後だったからです。

ところが、現在のゼロ金利時代においては複利運用について語られるチャンスが減っています。

トモヒロ
預金金利が0.1%の世界では運用で複利を考えても全く意味がないからです。

一方で投資のリターンの場合は少し事情が異なりますので、投資のリターンが更なるリターンを生む複利効果については注目が高まりつつあります。

もともと、複利効果とは運用で得た収益や利息を再び投資することを意味し、運用で得た収益や利息を再び投資することで利息が更なる利息を生んで元金が増えていく効果のことを意味します。

つまり、時間をかければかける程お金自身が働いて金額が増えていく訳ですが、もう1つの隠れた複利効果は「 運用資金に一切手を付けない 」というところにあります。

例えば、バイナリーオプションの1回毎の利益を全て消費に回してしまうと元金が増えることはありません。

バイナリーオプション投資で負けた場合は確実に元金が減るからです。

一方で、バイナリーオプション投資を複利で行うことにより、投資開始から投資終了まで一切、資金には手を付けないことになります。

このことがバイナリーオプション複利運用の隠れたメリットなのです。

それでは実際の複利効果はどのくらいあるのでしょうか?

単利と複利の違い

当初100万円のお金を5%の利回りで運用した場合の単利と複利の違いは以下の通りです。

単利の場合
・1年後の利息は5万円
・2年後の利息も5万円
・元本の100万円が2倍になるのは20年後
複利の場合
・1年後の利息は5万円
・2年後の利息は102,500円(105万円の5%は52,500円)
・元本の100万円が2倍になるのは15年後
・25年後には300万円
・30年後には400万円
(運用の期間が長ければ長いほど複利効果がより期待できる)

参考までに複利でお金が2倍になる期間(年)は以下の通りです。

  • 1%で運用した場合:72÷1=72 約72年必要
  • 3%で運用した場合:72÷3=24 約24年必要
  • 6%で運用した場合:72÷6=12 約12年必要
  • 8%で運用した場合:72÷8=9  約9年必要

バイナリーオプションの複利運用の計算シミュレーション

バイナリーオプション複利運用計算シミュレーションの例としては以下の通りです。

前提条件はペイアウト倍率1.80倍1回あたりの投資金額は元本の5%とします。

勝率20回40回
50%-10%-20%
60%+8%+16%
70%+26%+52%

上記の通り勝率50%で20回(1日1回のトレード)トレードの場合のパフォーマンスは-10%、40回(1日2回のトレード)トレードの場合のパフォーマンスは-20%と元本割れです。

一方、当たり前のことですが勝率を60%にアップできれば、それぞれのパフォーマンスは+8%と+16%に大きくアップします。

また、 勝率を70% にアップできれば、それぞれのパフォーマンスは+26%と+52%とさらにアップします。

バイナリーオプションで複利の効果を高める方法

バイナリーオプションで複利の効果を高めるには、高いペイアウト倍率と適切な投資回数・投資金額を守ることが必要です。

以下の具体的なポイントが前提条件として考えられます。

掛け金は総軍資金の10%以下にする

バイナリーオプションで複利の効果を高めるには、まず、1回毎の(掛け金)トレード金額の上限を決めることが必要です。

例えば、1回のトレードで全額を出して負けた場合は、複利どころではなく総軍資金を失うことになります。

また、この様な1回のトレードで全額を出す様な投資スタイルは投資ではなくギャンブルそのものです。

そこで、考えられる1回毎の(掛け金)トレード金額は 元本の5%か10%を上限 に考えると良いでしょう。

常に冷静な判断力で継続してトレードに臨む姿勢が求められます。

1日の最大取引回数を決める

また、同様の考え方で1日の最大取引回数は1回か2回が適当と考えられます。

取引をした日が投資家にとって最悪の日であった場合、パフォーマンスも最悪になってしまうからです。

また、ある日は1日の取引回数は1回で次の日は10回と言う様なトレードスタイルは、安定的なパフォーマンスを生みません。

つまり、取引のタイミングを1日1回や2回に時間分散することも必要なことなのです。

資金が減った時には残金から計算して再スタートする

加えて、不幸にして資金が減ってしまった場合は、再スタートするタイミングで 残金から再計算して再スタート すると良いでしょう。

例えば、元金300万円でスタートし元金が200万円に減ってしまったケースでは、1回毎の(掛け金)トレード金額を15万円から10万円に引き下げるなどの微調整が考えられます。

最後まで15万円のトレード金額を継続すると所定の取引回数が確保できないからです。

投資期間を長期的に考え一喜一憂しない

また、古くから相場は「小回り3ヶ月」と言われる様に1ヶ月や2ヶ月の短期勝負は禁物です。

どんな相場も3ヶ月経過することでファンダメンタルや需給に変化が訪れるからです。

また、トレードを始めたタイミングが1年の中でも最悪のタイミングということもあるからです。

トモヒロ
いずれにしても、投資期間は長期的に考え一喜一憂しない姿勢が求められます。

具体的な投資期間としては、少なくとも1年か2年の中長期を考える必要があります。

ハイローオーストラリアは複利運用でのエントリーにおすすめ

ここまでバイナリーオプションで複利の効果を高めるための方策について考えてきましたが、実はバイナリーオプションの取引業者を選ぶことも大事です。

その意味で海外業者ではありますが、ハイローオーストラリア複利運用でのエントリーにおすすめの業者と言えます。

デモ口座で練習ができる

ハイローオーストラリアクイックデモ

ハイローオーストラリアが複利運用でおすすめできる理由の1つ目は、口座開設をする前でも デモトレード を利用することができることです。

デモトレードでは実際の取引画面の見方や操作方法・取引の流れの体験・勝率の確認などを体験できますので、本番のリアル取引の前にデモトレードを体験することをおすすめします。

どんなに良い相場観やテクニックを持っているトレーダーでも、取引画面の見方や操作方法・取引の流れを体験することは重要な経験になります。

ハイローオーストラリア購入

現在、デモトレードでは架空の資金として100万円が用意されています。

くれぐれも、いきなりリアル取引に飛び込む様な無謀な取引は禁物です。

出金トラブルなどが全く無い

ハイローオーストラリアはロイズ保険組合の賠償責任保険に加入していますので、日本のバイナリーオプション業者と同じように 信託保全 がされています。

つまり、顧客資産と会社資産は完全に分別管理されていますから安心です。

また、投資家の間にハイローオーストラリアは入出金がスムーズに行えるという定評があります。

特に、出金は最短翌日出金ですから他のバイナリーオプション業者よりもかなり早い対応と言えます。

サポートがしっかりとしている

ハイローオーストラリアはアプリやブラウザからiPhone・android共に利用できますから、スマートフォンからも取引できます。

つまり、パソコンからでもスマートフォンからでもいつでも取引できるのは大きなメリットと言えます。

また、ハイローオーストラリアは海外業者ながら解らないことやトラブルがあった場合の問合せが日本語でできることも安心材料の1つですし、メール・電話どちらでも 日本語での問い合わせが可能 です。

まとめ

今回はバイナリーオプションで資金管理が上手くいかないトレーダーや、複利で資金を増やしていく方法を知りたいトレーダー向けに攻略法を解説してきました。

特に、ポイントとしてはバイナリーオプションの複利運用の計算シミュレーションと、複利の効果を高める方法についてページを割きました。

また、複利運用でのエントリーにおすすめできる業者としてハイローオーストラリアをおすすめしています。

複利の力を生かすために決めたルールをしっかりと守って資金管理を適切にすることが求められます。

これらの記事の内容を参考にトレードに活かして頂き勝率アップに役立てて頂ければ幸いです。

ハイローオーストラリアの登録

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事