注目記事
XMのマイクロ口座の使い方|スタンダード口座との違いは?

海外のFX業者として有名なのがXMです。最大レバレッジが高く追証がないので、メリットが多いとトレーダーから評判です。

XMで用意されている口座は3つあり、それぞれの口座で特徴が違います。

この記事では、 マイクロ口座 を中心にして、XMで用意されている口座の違いをご紹介します。

XMの3種類の口座の種類と特徴

XMで用意されている口座は、以下の3つです。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ZERO口座

それぞれの口座の違いは以下の通りです。

 マイクロ口座スタンダード口座ZERO口座
口座開設ボーナス3,000円3,000円3,000円
入金ボーナス100%入金ボーナス100%入金ボーナスなし
ロイヤリティプログラムありありなし
最大レバレッジ888倍888倍500倍
1Lot単位1,000通貨100,000通貨100,000通貨
最小取引単位10通貨1,000通貨10,000通貨
最大取引単位100,000通貨5,000,000通貨100,000通貨
最低入金額5ドル5ドル100ドル
手数料なしなし10通貨(1往復取引)
追証なしなしなし
ドル円スプレッド平均1.8pips平均1.8pips平均0.1pips

ZERO口座

他の2つの口座と比べると、最大レバレッジが低く、最低入金額が高いです。ボーナスは口座開設時のボーナスのみとなっており、入金ボーナスやロイヤリティプログラムは使えません。

スプレッドが狭くなっており1往復の取引ごとに10通貨分の手数料が発生。ドル円であれば、1往復につき10ドル分の手数料です。

トモヒロ
スプレッドに特化した口座と言えるでしょう。
狭いスプレッドを使いたい方向け口座です。

スタンダード口座

最大レバレッジは 888倍 であり、入金ボーナスや口座開設ボーナス、ロイヤリティプログラムなどの各種ボーナスが使えます。

1Lotは10万通貨で0.01Lotから取引が可能。マイクロ口座よりも取引での必要証拠金が多く必要です。

マイクロ口座

マイクロ口座も、最大レバレッジは 888倍 です。入金ボーナスや口座開設ボーナス、ロイヤリティプログラムなどの各種ボーナスが使えます。

1Lotは1,000通貨で0.01Lotから取引が可能。0.01Lotだと10通貨で取引できるので、必要証拠金は少なく少額の資金で取引したい方に適している口座です。

マイクロ口座とスタンダード口座との違いは?

どちらの口座もスプレッドは同じですが、以下のように1Lotの単位が違います。

  • スタンダード口座 : 1Lot10万通貨
  • マイクロ口座 : 1Lot1,000通貨

スタンダード口座が1Lot10万通貨であるのに対して、マイクロ口座の1Lotは1,000通貨であり、FXの取引での 最低必要証拠金 は100倍違います。

マイクロ口座は100Lotで10万通貨となり、スタンダード口座の1Lotと同じです。

XMでは、1Lot以外にも0.1Lotや0.01Lotでも取引可能です。Lot数が変わっても、同じLotであればスタンダード口座とマイクロ口座では最低必要証拠金は100倍違います。

マイクロ口座とスタンダード口座では動く金額が違う!

マイクロ口座の0.01Lot10通貨であれば、ドル円の場合は1pipで0.1円です。

10pipsで1円になり、100pipsで10円になります。相場が1pipsだけ動いたなら、0.1円の利益または損失です。

スタンダード口座の0.01Lot1,000通貨であれば、ドル円の場合は1pipsで10円、10pipsで100円、100pipsで1,000円です。
相場が1pipsだけ動いたならば、10円の利益または損失です。

トモヒロ
マイクロ口座とスタンダード口座では、同じpipsならば、動く金額は100倍違うと覚えておけば良いでしょう。

次の以下の条件の時に、マイクロ口座とスタンダード口座での必要証拠金を算出します。

  • ドル円 : 1ドル100円
  • レバレッジ : 888倍
  • Lot数 : 1Lot

マイクロ口座の必要証拠金

110円×1,000通貨(1Lot) / 888倍 = 124円

スタンダード口座の必要証拠金

110円×100,000(1Lot) / 888倍 = 12,387円

1Lotの単位が 100倍違う ので、必要証拠金もおよそ100倍違います。マイクロ口座の最低入金額は5ドル、スタンダード口座の最低入金額も5ドルです。

マイクロ口座で550円(5ドル相当)入金すれば、上記の条件であれば、1回の取引では124円の必要証拠金で済むので、何回か取引ができます。

マイクロ口座はどの様な人が開設すべきか?

マイクロ口座は、以下のような人におすすめです。

  • FXの初心者
  • 取引で大きな損失を出したくない
  • 少額での取引がメイン
  • ロイヤリティプログラムを有効に使いたい

マイクロ口座は初心者向け口座と言えるスペックです。0.01Lotであれば、10通貨で取引できます。

10通貨の取引ならば、相場で1pipsの動きがあっても1円以下の損益なので、取引で大きな損失を出したくない人に向いている口座です。

さらには、10通貨や100通貨と通貨数を少なくして、少額での取引をメインにする人にも適しています。

そして、 ロイヤリティプログラム を有効に使いたい人にはマイクロ口座が特におすすめ。

XMのロイヤリティプログラムは、1Lotの取引ごとにポイントが付与され、貯まったポイントは現金や証拠金に替えられます。

グレードごとに1Lotの取引で付与されるポイントは違い、グレードが上がれば1Lotで付与されるポイント数が増えます。

ロイヤリティプログラムのグレード
ロイヤリティプログラムのグレードは、Executive、Gold、Diamond、Eliteの4つ。
グレードを上げるには一定期間の日数取引をする必要がありますが、口座開設するとどなたでもExecutiveからスタートし、100日間連続で取引すれば Elite になります。

取引量は関係なく、一定期間ポジションを保有するだけでも、グレードが上がります。

マイクロ口座ならば、10通貨でポジションを保有し、100日間ポジションを保有しているだけでEliteのグレードになれます。

トモヒロ
リスクを減らして、ロイヤリティプログラムのグレードを上げるのに適しているのがマイクロ口座です。

スタンダード口座が良い人

スタンダード口座は、以下のような人におすすめです。

  • 大きな利益を狙いたい
  • どの口座を開設するか迷っている

1Lotが10万通貨であり、1回の売買で最大50Lotの500万通貨まで取引可能。例えば、ドル円で50Lotで取引した場合には、1pipsで5万円です。

XMの888倍の高いレバレッジを使い大きな利益を狙いたい人に適している口座です。マイクロ口座だと1回の売買での取引量は最大10万通貨なので、大きな利益を狙う人には狙える利益が少ないと感じるかもしれません。

50Lotでの取引であれば、多額の資金が必要であり、トレードの経験が豊富で戦略がしっかりしていないと一気に大きな資金を失います。

スタンダード口座でも、0.01Lotや0.1Lotでの取引も可能です。ドル円で0.01Lotで取引したのであれば1pipsで10円の損益なので、0.01Lotならば 初心者 でも安心して取引できるでしょう。

0.01Lotでも50Lotでも取引可能であり、少額資金から大きな資金での取引まで行えます。

XMの3つの口座の中から、どの口座を開設すればいいのか迷っている人は、スタンダード口座を開設しておけば間違いありません。

トモヒロ
スタンダード口座を開設した後に、追加でマイクロ口座やZERO口座を開設することも可能です。

マイクロ口座の有効な活用方法とは?

マイクロ口座は練習で使う場合や、自動売買の検証に使うときに有効活用できます。0.01Lotが10通貨であるという特徴を使うと、口座を有効に使えます。

トレードの練習

XMでもデモ口座は開設できるので、もちろんデモ口座でも トレードの練習 が可能です。

デモ口座は、リアル口座と使うサーバーが違い市場に繋がっていないために、リアル口座とはスプレッドが違い、売買の挙動も違います。デモ口座で勝ち続けても、リアル口座でトレードすると負けてしまう人もいます。

実践経験を積むという意味でも、トレードの練習をするならば、マイクロ口座を使った方が良いです。

マイクロ口座は、10通貨からトレードできるので、少ない資金で売買を行えます。少額の資金でトレードすれば、損失が出ても失うお金は少ないです。トレードで資金を一気に沢山失う心配がありません。

FXのトレードの練習や初心者の人なら、口座を有効活用できます。

自動売買の検証

少ない資金で売買ができ、損失を抑えられるので、 自動売買の検証 でも使える口座です。

自動売買もデモ口座で行えますが、リアル口座とスプレッドや売買の挙動が違うので、最初からマイクロ口座で自動売買を行い検証した方が効率が良いです。

デモ口座で検証して、その後リアル口座のマイクロ口座で検証となると二度手間になります。

POINT
最初からマイクロ口座で自動売買を行えば、まずは少ない資金で動かし、上手くいけばそのまま取引量を増やすこともできます。

既存アカウントで追加口座を作るのもあり

XMですでにスタンダード口座、またはZERO口座を開設している人で、口座を開設したいときには、 追加口座 として開設できます。

一度開設した口座のタイプは変更できないので、違うタイプの口座を使いたいときは、追加で開設してください。

自分の開設した口座がどのタイプかは、会員ページにログインするとわかります。

【追加口座を開設する手順】

  1. 会員ページにログインし「追加口座を開設する」というバナーをクリックする(リアル口座を開設するページになる)
  2. 新規口座を開設したときと同じように、取引プラットフォーム(MT4またはMT5)、口座タイプ、口座の基本通貨、レバレッジを選び、口座パスワードを入力する
  3. 口座タイプでは「マイクロ」を選択する
  4. 口座パスワードは自分で決めて入力する
  5. 最後に「リアル口座を開設」をクリックするとマイクロ口座開設完了
  6. 最初に口座を開設したときに設定したメールアドレス宛てに口座情報が送られてくる

MT4またはMT5にログインするときは、メールの情報を使ってログインします。

マイクロ口座を使う場合の注意点

マイクロ口座は、スタンダード口座とは違う部分があります。いくつか注意点を説明するので、マイクロ口座を使うときに参考にしてください。

通貨ペアの後ろにmicro とつく

MT4またはMT5で通貨ペアを選ぶときには、マイクロ口座とスタンダード口座では、 通貨ペア の表示名が違います。

例えば、EURJPYの場合、

  • マイクロ口座 → EURJPYmicro
  • スタンダード口座 → EURJPY

となります。

通貨ペアは、マイクロ口座用とスタンダード口座用が両方表示されます。

マイクロ口座では、通貨ペアの表示は最後に「 micro 」がつき、microのつかない通貨ペアを選ぶと注文を出せません。「EURJPYmicro」のように、microのついた通貨ペアを選んでください。

ちなみにスタンダード口座のときも、逆にmicroのついている通貨ペアを選ぶと、注文が出せません。

トモヒロ
マイクロ口座はmicro付きの通貨ペア、スタンダード口座はmicro無しの通貨ペアです。

何が取引できて、何ができないのか

マイクロ口座では、スタンダード口座で取り扱う銘柄はすべて取引可能です。

  • FX通貨ペア
  • 貴金属CFD
  • 株式現物指数CFD
  • 株式先物指数CFD
  • コモディティ先物CFD
  • エネルギー/原油先物CFD
貴金属CFD:ゴールド、シルバー、パラジウム、プラチナ
株式現物指数CFDと株式先物指数CFD:日経225やS&P500など
コモディティ先物CFD:コーンや大豆
エネルギー/原油先物CFD:原油、天然ガスなど

FX通貨ペアは、ドル円、スイスフラン円、豪ドル円などの通貨の他に、ユーロルーブルなどの珍しい通貨ペアもあります。

やはりロット数の違いには注意

スタンダード口座は1Lot10万通貨ですが、マイクロ口座は1Lotが1,000通貨です。

マイクロ口座は、スタンダード口座と比べると1Lotの取引量は 100分の1小さい ため、取引量の違いに注意してください。

スタンダード口座での取引に慣れていると、1Lot10万通貨だと思って注文を出すことがあり、実際には1Lotは1,000通貨での注文になります。

勘違いしていると、10万通貨のつもりで利益を狙っているのに、1,000通貨での利益しか獲得できなかったということもあります。

特に雇用統計発表時など流動性が激しいときに一気に利益を狙うなら、1Lotの取引量は勘違いしないようにしてください。

10万通貨のつもりで注文を出して、実際は1,000通貨の約定となり、損失が出た場合はたいした損失にはならないでしょう。

トモヒロ
その場合は、一度決済して希望のLot数で再度注文を出せば良いです。

まとめ

マイクロ口座は、スタンダード口座よりも1Lotの取引量が100分の1です。お試しでFXの取引を行う人や、FXの初心者に適している口座です。

XMでアカウント開設時にマイクロ口座を開設することも、後で追加でマイクロ口座を開設することもできます。海外のFX業者を使いたい方は、是非とも XMの口座 を開設してください。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事