注目記事
XMのヒストリカルデータをダウンロードする方法を解説

XMのFX取引で安定的に結果を出すためには、行き当たりばったりの取引ではなく、実際に様々な情報を分析して今後の値動きを予測しなければなりません。

トレンドや世界情勢などに加えて、過去のチャートの動きを一覧にした「ヒストリカルデータ」というのもので分析することも可能です。XMではこのヒストリカルデータを提供してくれています。

トモヒロ
今回の記事では、ヒストリカルデータの使用法と、XMでヒストリカルデータをダウンロードする方法について解説します。

ヒストリカルデータとは?

ヒストリカルデータとは、その名の通り過去のチャートの動きを記録したものです。過去のチャートの値動きを見るだけでなく、EA(自動売買システム)の取引履歴を検証するバックテストに利用するためのものです。

複数のEAの導入を検討していたとします。しかしどのEAが本当に利益をもたらしてくれるのか、勝率が高いのかどうかは比較して数値結果をチェックしてみないと分かりません。

トモヒロ
成績をチェックせずにEAを導入してしまえば、思わぬ損失を招いてしまう恐れもあります。

そこでEAが「どのような取引を過去行ってきたのか」「成績はどのくらいか」をバックテストで検証する必要があります。過去のデータとEAが行った売り買いの情報を照らし合わせ、どのくらい利益をもたらしてきたのかを分析します。

その時に利用するのが ヒストリカルデータ です。

トモヒロ
ここからは実際にこのヒストリカルデータをXMからダウンロードする方法、そして分析に利用するまでの流れを見ていきましょう!

XMのヒストリカルデータのダウンロード方法

XMではヒストリカルデータを簡単にダウンロードすることができます。ではその手順について解説します。

XMでヒストリカルデータをダウンロードするためには、以下の4つのステップが必要となります。

  1. ヒストリカルデータ内のバーの数とチャートのデフォルト値を決める
  2. 通貨ペアと時間足を決める
  3. ヒストリカルデータをダウンロードする
  4. ヒストリカルデータを確認する

それでは、それぞれのステップについて解説します。

1.ヒストリカルデータ内のバーの数とチャット内の最大バー数を決める

まず設定として、

  • ヒストリカルデータ内のバーの数
  • チャット内の最大バー数

を決めなければなりません。

バーの数が多ければ多いほど、過去にさかのぼってチャートを確認することができます。

自分の口座にログインした後、『ツール』をクリックして『オプション』を選択します。オプションの中の『チャート』を選び、『ヒストリー内の最大バー数』と『チャットの最大バー数』に注目します。

『ヒストリー内の最大バー数』は最大値の『 2147483647本 』がおすすめです。

一方で『チャットの最大バー数』に関しては自分で自由に設定することができます。デフォルト値は65,000になっていますが、それほど過去にさかのぼってチャートを見ないという方は 2,000ほどで十分 でしょう。

トモヒロ
ただしこの値はいつでも変更可能なので、バックテストの結果次第で変更してもよいかもしれません。

2.通貨ペアと時間足を決める

次に自分が利用したいヒストリカルデータの「通貨ペア」と「時間足」を決めます。

『ツール』の『ヒストリーセンター』を選びます。すると画面の左側に取り扱っている通貨ペアが表示されます。

自分が必要とする通貨ペアをダブルクリックすると、下に時間足のオプションが表示されます。1分足、5分足といった短時間のものから、日足や週足といった選択肢の中から必要な時間足をダブルクリックして選択します。

3.ヒストリカルデータをダウンロードする

通貨ペアと時間足を決めたなら、下部にある『ダウンロード』をクリックします。

ダウンロード・アラートが表示されますが、『OK』をクリックしてダウンロードを開始できます。

4.ヒストリカルデータを確認する

ダウンロードが完了すると、『ヒストリーセンター』の上部にある『デー・ベース』の横のレコード数が増えます。

トモヒロ
ヒストリーセンター下部にある『追加』、『エクスポート』などを利用して、データの編集や出力を行うことも可能です。

MT4からのダウンロードがおすすめ

ここまでMT4からヒストリカルデータをダウンロードする方法を紹介してきました。

実はヒストリカルデータではもう一つ、FXDDの公式サイトから無料でダウンロードするという方法があります。

FXDDの公式サイトでは10年分以上のヒストリカルデータが蓄積されています。したがってFXDDのヒストリカルデータを利用すれば、かなりの長期間にわたるバックテストの実施が可能です。

ただしFXDDのヒストリカルデータは、一度コンピューターに取り込んでからMT4にインポートする必要があるため手間がかかります。

トモヒロ
長期間のヒストリカルデータを必要とするのでなければ、 MT4からダウンロード する方が手軽でおすすめです。

まとめ

XMのMT4口座を利用すれば、ヒストリカルデータを簡単にダウンロードすることができます。ヒストリカルデータを上手に用いてEAのバックテストを行い、有効性を確かめることができるでしょう。

もちろん過去のデータ通りに今後の未来も動くわけではありません。しかしXMで取得した長期間のヒストリカルデータを利用すれば、今後の通貨の価格変動を予測するために非常に重要な情報を得ることができるはずです。

ただし EAのバックテストの結果 には注意も必要です。というのもバックテストは数値を調整できるので、そのEAに有利な成績を作り出すことが可能になっているからです。

バックテストの結果を信頼してEAを導入したものの、期待したほどトレード精度が良くないということもあり得ます。

トモヒロ
そのため、ヒストリカルデータを用いたバックテストは過信しすぎず、参考程度にしておくようおすすめします。

バックテストだけでなく、将来の値動きを考慮したフォワードテストを重要視して、EAが有効かどうかを確かめるようになさってください。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事