注目記事
ハイレバトレードなら海外FX業者のXMがオススメの理由

FXトレードと言ったら「少額で一攫千金!」というイメージが強いと思います。

実は、この夢のような投資を実現可能にしているのが、海外業者ならではの ハイレバトレード です。

トモヒロ
その中でも、一番リスクが低く少額で大金を稼げる業者がXMtradingです。

ハイレバレッジのトレードとは?

そもそも「レバレッジ」とは何なのでしょうか。英語ではleverage、直訳すると「てこの力」です。

”小さい力で大きいものを動かす”ということですね。

つまり、投資の世界でレバレッジというのは「小さいお金で大きいお金を動かすこと」を意味します。

レバレッジ=テコの原理

少さい入金額で金融取引が可能になる

もっと具体的に説明しますと、例えば、レバレッジ25倍の国内FX業者で口座を1つ作ったとします。

そして、その口座に10万円入金したとします。普通であれば10万円のお金で買えるものは10万円までですよね。

ですが レバレッジ25倍 の業者であれば、10万円の入金で250万円分の金融取引ができるようになります。

トモヒロ
XMのようなハイレバレッジ業者であれば10万円の入金で8800万円分の運用ができます。

仮に1万円の入金だとしても888万円分の取引をすることが可能です。

株式やFX、先物などの市場取引ではロット(最小単位)というものが決められていますので、このレバレッジというシステムが無ければ自己資金が数百万円くらいなければまともな取引ができません。

そこで、個人が小額からでも積極的に投資できるようにするために、このレバレッジというシステムが広く使われるようになりました。

国内と海外FX業者のレバレッジの仕組み

日本と海外のFX業者では、設定されている 最大レバレッジ が大きく異なります。国内FX業者の最大レバレッジは25倍ですが、海外業者では100倍や400倍、1000倍という所も存在します。

ではなぜ、国内にはレバレッジ最大25倍までの業者しか存在しないのでしょうか。

それは、日本の金融庁がレバレッジ規制をかけており、国内FX業者はレバレッジ25倍までしか上げることができないからです。

その点、海外FX業者であれば日本の金融庁の規制に合わせる必要がないので、888倍のようなハイレバレッジのサービスを提供できるのです。

XMの最大レバレッジ888倍がおすすめの理由

「FXは小額から取引が可能」というメリットを活かすには、やはりレバレッジは大きいに越したことはありません。ですので、FXトレードを小額から始めようと考えている方は是非、海外FX業者を使うことを検討してみてください。

ここでは、海外FX業者の中でも一番安全でオススメの XMtrading について、最も大切なポイントを4つに絞って解説していきたいと思います。

少ない証拠金で大金を稼げる

先ほどもお話しした通り、FXトレードを始める最大のメリットは「少額から大きく稼ぐことができる」という所です。

例えば、
1ロット=1万通貨で1ロットから取引できる国内業者(DMM FXなど)を利用した場合、
1ドル110円の時にドル円の売買取引をするには

1ロット = 1万ドル = 110万円

となり、レバレッジが25倍なので

1,100,000円 ÷ 25 = 44,000円

つまり、レバレッジ25倍の国内業者であれば、この条件だと最低でも44,000円用意していないと、取引すらできません。

しかもこの条件で1ロット取引をした時の儲けは、『1pips=100円』です。初心者の場合、1か月の成績は+100~200pips取れれば良い方ですので、これだと1か月やっても1万~2万円しか稼げません

ですので、普通はFXで大きく稼ごうとする場合は、最低でも1万通貨で10ロット以上(10万通貨の業者であれば1ロット以上)で取引します。しかしそうすると、証拠金が44万円必要になります。

ところが、レバレッジ888倍のXMであれば1ロット10万通貨で0.01ロットから取引できるので

1ロット = 10万ドル = 1,100万円

となり、レバレッジが 888倍 なので

11,000,000 ÷  888  = 12,387円

つまり、12,387円あれば10万通貨で1ロットの取引ができます。またそうすると、『1ipips=1,000円』の儲けになるので、1か月で+100pipsの成績を出せれば10万円の利益になります。

トモヒロ
さらに来月、その10万円をフルに使って取引をすれば、同じ+100pipsの成績でも利益が80万~100万円ほどにもなります。

仮に、12,387円を投資資金として捻出することができなくても、ここからさらにロット数を0.01ロットまで下げることができるので、3,000円から5000円くらい用意すれば地道に増やしていくことも可能です。

NDD方式なのでストップ狩りの心配がない

NDD方式

FX業者は、 DD方式 NDD方式 という2つの種類に分けられます。

NDD方式を採用しているFX業者であれば、投資家の注文がその業者内にいるディーラーを通さず、そのままインターバンク(市場)に通されます。

しかしDD方式を採用しているFX業者の場合は、投資家の注文が通るか通らないかはその業者内にいるディーラーが判断します。

つまりどういう違いが発生するかというと、

  • NDD方式の会社は、投資家の注文を通して手数料やスプレッドで儲ける仕組みなので、『投資家が勝ち続けてくれればFX業者も儲かる』ことになります。
  • 一方、DD方式の会社は、投資家が負けてくれれば『投資家の負けた金額がFX業者の儲け』になります。

ですので、DD方式を採用している悪質な海外FX業者は、意図的に自社のチャートを操作して無理やりロスカットをさせることもあります。これを業界用語で『 ストップ狩り 』と言います。

ストップ狩り

ストップ狩りで有名なGemForexではこのような不自然なチャートが頻発します。ちなみにこの時、他のFX業者のプラットフォームでチャートを確認すると、このような異常なヒゲは発生していない場合が多いのです。

トモヒロ
この点、XMはNDD方式ですので、投資家が負けるようにFX業者が意図的にチャートを操作するという心配はありません。

口座開設ボーナスや入金ボーナスが便利

最近のFX業者はどこも行っているサービスではありますが、XMも口座開設時に 3000円分のボーナス が付与されます。ですので、口座開設から0円で投資を始めることも可能です。

また、始めのうちは入金するたびにボーナス金が付与されます。現在は、最初の5万円までは100%入金ボーナス、そこから45万円までは20%入金ボーナスとなっているようです。

ですので、口座開設から5,000円入金するだけで口座残高が13,000円になり、銘柄の価格によってはすぐに1ロットで取引ができます。

使えるプラットフォームがMT4

世界的に愛用者が多い MT4プラットフォーム を使用できるのも、XMの魅力の一つですね。

ちなみに、本サイトでもMT4を使ったトレード手法をメインで解説しているので、本サイトで勉強してFXトレードを始められる場合にもオススメのFX業者となっています。

ハイレバはリスクかチャンスか?

投資の神様と言われる世界で最も偉大な投資家の一人「ウォーレン・バフェット」の言葉で、

リスクとは、自分が何をやっているかよく分からない時に起こるものだ」というのがあります。

つまり、「888倍だから負けても888倍の損失になるのかな?なんか怖い!」と思うのではなく、レバレッジの仕組みや負けた時のシステムをしっかり理解していれば、基本的にリスクは起こりません。

ゼロカットシステムがあるので借金のリスクが無い

ゼロカットシステム

ゼロカットシステム というのは、急な値動きによってロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合、その投資家の損失額をFX業者が代わりに負担してくれて口座残高を0に戻してくれる仕組みです。

ちなみに、国内FX業者にはこのシステムが無いので、仮にぎりぎりまでロットを張っていて、何らかの急な値動きによって一気に口座残高がマイナス100万円になったとします。

その場合、『追証』といってマイナス100万円分の追加入金をFX業者から請求されます。簡単に言うと、100万円の借金ができてしまいます。

海外業者でも『追証あり』の所もありますし、仮にゼロカットシステムを導入している業者でも、いざとなったら『やっぱりゼロカットしない』という所もあります。

リーマンショックの時には、このゼロカット詐欺によって多額の負債を背負ったトレーダーもいるようです。

ですが、XMはリーマンショック時にも、全てのトレーダーに対してきちんとセロカットシステムを適用させた実績があります。XMから追証を求められたという確かな情報は未だ出てきておりません。

ですのでXMであれば、安心してハイレバトレードをすることができるんですね。

スプレッドが他社よりも広い

唯一、XMでトレードする際にデメリットになることを挙げるとするならば、 スプレッドが広い ということです。

ハイレバトレードをする場合、必要証拠金を20%以上保たなければいけないという理由から、損切りをエントリーポイントから近い所に設定しておかなければいけません。

そうすると必然的に取る手法はスキャルピングになります。しかしスキャルピングというのは一日に何度も売り買いをして、1回の取引で3~7pipsくらいを抜いていく手法なので、スプレッドが高い業者とはあまり相性が良くありません。

とはいえ、一日に100回近くトレードするような生粋のスキャルピングトレーダーでなければ、そこまで問題ではありませんので安心してください。

なぜなら、きちんと勝率の高い手法を採用することで、スプレッド分もしっかりカバーができるからです。

まとめ

FXトレードを始める際に最も迷うことが、 FX業者選び だと思います。用意できる証拠金が最低でも30~40万円くらいあれば国内FX業者を使っても、すぐに大きな利益を得るトレードが可能です。

しかし、もっと少額から始めようと考えている場合、レバレッジ25倍では正直全く稼げません。ですので、リスクが低く安全で使いやすい海外FX業者を選ぶことが、小額でFXトレードを始める際にはとても重要になります。

そういった視点で考えると、XMtradingが最もオススメの海外FX業者になると思います。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事