注目記事
ハイレバトレードなら海外FX業者のXMがオススメの理由

FXはレバレッジを使うことができ、レバレッジによって少ない証拠金でも取引ができます。

海外のFX業者は国内FX業者よりも高いレバレッジを使用でき、ハイレバレッジのトレードをしたい方に適したFX業者です。

海外FX業者の中でもおすすめなのが、 レバレッジ888倍 XMです。

トモヒロ
この記事では、XMでのハイレバレッジのトレードについて解説します。

レバレッジ(ハイレバ)とは

レバレッジとは、日本語で直訳すると「てこ」または「てこの原理」という意味です。

テコを使えば小さな力でも重いものが持ち上げられるように、レバレッジを利用すれば自己資本は少なくても大きな資本を動かすことができるということになります。

FXの世界では、レバレッジが設定されており、自己資金以上の金額の取引ができます。例えばレバレッジ2倍なら資金の2倍、レバレッジ200倍ならば資金の200倍の金額でFXの取引が可能です。

高いレバレッジの倍率を「ハイレバレッジ」といい、「ハイレバ」と略しても言われます。

海外のFX業者は高いレバレッジを使える場合が多く、XMは最大 888倍 のレバレッジです。

トモヒロ
FXの口座開設時に利用したいレバレッジを選べますが、XMならば最大レバレッジの888倍まで取ることができます。

ハイレバだと必要証拠金が少なくて済む

高いレバレッジを選択することで、少ない証拠金で大きいロット数でのFX取引ができます。例えば1ドル110円の時に10万通貨取引するならば、必要証拠金は以下の通りです。

110円 × 10万通貨 = 1100万円

レバレッジ1倍であれば、取引するのに1100万円もの資金が必要です。 一方でレバレッジを掛けた場合は、

1100万円 ÷ 888倍 = 12,387円

上記のようにレバレッジ888倍ならば、12,387円の資金でドル円10万通貨分の取引ができます。

1回の取引で多額の利益を狙える

ハイレバだと少ない証拠金で取引できるので、それだけ1回の取引で大きな利益を狙えます。単純計算で、レバレッジ1倍に対して、レバレッジ100倍では、100倍の利益を狙えるということです。

例えば、取引金額が10万円で、1$が110円の時に買って、1$が111円で売ったときに、レバレッジによって利益はどう違うが見てみましょう。

  • レバレッジ1倍 : 取引量10万円 : 利益10万円
  • レバレッジ100倍 : 取引量1,000万円 : 利益1,000万円

1$が110円から110円で1円の差益になるので、上記のようにレバレッジが100倍違うと、利益は100倍違います。ハイレバトレードでは、取引量を多くできるので、1回で狙える利益も多いです。

日本国内のFX業者と海外FX業者のレバレッジの仕組み

日本と海外のFX業者では、最大レバレッジが大きく違います。国内のFX業者は最大レバレッジは25倍と決められており、どの業者でも25倍です。

金融庁がレバレッジ規制を行い25倍までと決めたために、金融庁の許可を受けて国内向けにFX取引のサービスを提供するFX業者は、どこも最大レバレッジは25倍です。

さらに金融庁は国内のFX業者のレバレッジを10倍にしようと考えており、今後は最大レバレッジが 10倍 になる可能性があります。

一方で海外のFX業者に最大レバレッジは一般的に25倍以上で、これを「 ハイレバレッジ 」と呼ぶことがあります。

日本の金融庁の許可は受けずに、外国の金融ライセンスを取得して営業しているために、レバレッジ規制がなく高いレバレッジを提供しているのです。

トモヒロ
100倍や400倍のレバレッジが使える海外FX業者も多くあります。

XMの最大レバレッジ888倍がおすすめの理由

25倍より大きいレバレッジでトレードをしたいならば、海外のFX業者を使います。特にXMの最大レバレッジは888倍であり、ハイレバレッジを使いたい人におすすめです。

ハイレバレッジでは、以下のようなメリットがあります。

  • 証拠金が少なくして小資金でトレードを開始できる
  • 実効レバレッジでレバレッジは自動調整される
  • ロスカットがされにくくなる
  • XMの取引環境と合っている

一つずつ解説していきます。

証拠金が少なくして小資金でトレードを開始できる

例えば、1ドル110円のときにドル円を10万通貨でトレードを行うには、1100万円もの資金が必要です。これがレバレッジ888倍であれば、12,387円の資金でトレードできます。

トモヒロ
ロスカットを防ぐために少し資金を多くしても、2万円や3万円あればトレードができるでしょう。

多額の資金を用意せずともトレードできるのでFXの取引を開始しやすい点から、少ない資金で手軽にFXを始めたいという人にXMは適しています。

実効レバレッジでレバレッジは自動調整される

レバレッジは含み益や含み損によって、トレード中は自動的に調節されます。

含み益と含み損を証拠金に足した金額を 有効証拠金 と言います。取引通貨量に対して、含み益と含み損を足した口座の資金で割った金額を 実効レバレッジ と言います。

実効レバレッジ = 取引通貨量 ÷ 口座の資金

実効レバレッジはこのような計算で算出します。

レバレッジ888倍ならば、1ドル110円の時にドル円を10万通貨分取引するには、必要証拠金は12,387円です。
トレードを行っていき、含み益が出て口座の資金が2万円になれば、実効レバレッジは以下の通りです。

1,100万円(取引通貨量) ÷ 2万円 = 550倍

ロスカットがされにくくなる

レバレッジが高いと、必要証拠金は少なくて済みます。入金した資金に対して、必要証拠金が少ない方が、証拠金維持率が高くなるので、ロスカットされにくいです。

XMでは、証拠金維持率が20%を切るとロスカットされます。

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金

例えば10万円の資金を用意して、1ドル110円の時にドル円を10万通貨分取引するとします。

レバレッジが200倍 だと、必要証拠金は55,000円であり、55,000円の20%である口座の有効証拠金が11,000円になるとロスカットされます。資金10万円から口座残高が55,000円になると証拠金維持率100%になり、口座残高が11,000円になると証拠金維持率20%でロスカットです。

レバレッジが888倍 だと、必要証拠金は12,387円であり、12,387円の20%である口座の有効証拠金が2,477円になるとロスカットされます。資金10万円から口座残高が12,387円になると証拠金維持率100%になり、口座残高が2,477円になると証拠金維持率20%でロスカットです。

POINT
同じ10万円の資金でも、レバレッジ888倍の方が、ロスカットになるまでの口座残高の金額の幅があり、ロスカットされにくいと言えます。

XMの取引環境と合っている

短期トレード の方が、ポジションを保有する期間が短いので精神的に楽であり、初めてFXを行う人やFX初心者に向いています。

短い期間のトレードで利益を出すには、レバレッジを高くして、少ない利益を何度も狙うスタイルが良いです。

トモヒロ
短期トレードで何度も少ない利益を狙うなら、最大レバレッジ888倍のXMは適しているFX業者といえます。

ハイレバはリスクかチャンスか?

ハイレバレッジは、上手く使うとメリットが多くチャンスを生みます。XMの最大レバレッジ888倍ならば、資金の888倍の金額でFXの取引が行えるということです。10万円の資金でも、888倍の8,800万円もの金額でトレードできます。

大きな金額でFXの取引を行えば、一度に狙える利益が大きく、思った以上の利益を手に入れられるかもしれません。

取引する金額が大きいと、損失が出たときはそれだけ損失の金額が大きいです。しかし、XMならばゼロカットシステムがあり口座残高以上の損失はでません

口座残高以上の損失はゼロカットになり、日本のFX業者のように追証は発生しません。どんなに損失が出ても口座残高がなくなるだけであり、借金を背負う心配はないです。

ゼロカットシステムを使えば、例えばXMの888倍のレバレッジを使い、相場が激しく動く雇用統計時に大きく利益を狙うことも可能です。XMならば リスクは限定 されています。

まとめ

XMは最大レバレッジが888倍であり、ハイレバレッジを使いたい人に向いているFX業者です。ハイレバレッジであれば、少なく資金でトレードでき、大きな利益が狙いやすいです。

XMはゼロカットシステムがあるので、口座以上の損失をトレーダーが被る心配がありません。是非とも、レバレッジ888倍のXMを使ってみてください。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事