注目記事
RSIのダイバージェンス利用でFXの勝率を上げる攻略法

FXで役立つテクニカル指標となるのが『RSI』です。

市場の過熱状況を分析し逆張りの指標となるため、初心者の投資家でも使いやすい指標として人気があります。

トモヒロ
当記事ではRSIの応用編ともいえる ダイバージェンス の利用によって、FX取引での勝率を上げる方法について解説します。

RSIでのダイバージェンスの見方

RSIの主な使い方は、

  • 70%を超えれば市場が「買われすぎ」なので売りポジションを持つ
  • 30%を下回れば市場は「売られすぎ」なので買いポジションを持つ

という考え方が基本になります。

しかしRSIでは、 ダイバージェンス を使った別の分析方法があります。

ではRSIにおけるダイバージェンスの見方について解説します。

ダイバージェンスとは?

ダイバージェンスとは、日本語にすると『相違』や『逸脱』を意味する言葉です。

FX取引においては、RSIなどのテクニカル指標の動きと、実際の株価の値動きに相違が生じたり、逆行したりすることを指します。

たとえば株価を見ると上昇トレンドが発生しており、高値を更新し続けているのに、RSIでは前回の高値を更新できていないとします。すると株価は右肩上がりであるにもかかわらず、RSIは横ばいもしくは右肩下がりになっていることになります。

そのため株価とRSIの間には相違が生じており、 ダイバージェンスが発生 しているといえるのです。

トモヒロ
ちなみにダイバージェンスは、相場の転換点を示す非常に強力な指標とされているため、RSIを利用するトレーダーはぜひとも覚えておくべきものです。

トレンドの転換点すべてでダイバージェンスが発生するとは限りませんが、ダイバージェンスが発生した場合にはかなりの確率で相場が転換することを忘れないようにしましょう。

強気のダイバージェンスと弱気のダイバージェンス

RSIのダイバージェンスには、

  • 強気のダイバージェンス
  • 弱気のダイバージェンス

という2つの種類があります。

強気のダイバージェンス とは、株価の安値は切り下がっているのにもかかわらずRSIが切りあがっている状態を指します。

たとえば下降トレンドが発生しているとします。その場合株価はどんどん下がっていき、安値を更新していくはずです。

それにもかかわらずRSIを見ると安値が切りあがっているのであれば、強気のダイバージェンスが発生していると考えられます。

その場合、かなりの確率で株価が反転し上昇トレンドに転換すると言われています。

したがってトレーダーは買いポジションを持つことによって利益を上げられる可能性が高くなるのです。RSIによってトレンドの行き詰まりの状態や、転換点を見極めることができるでしょう。

強気のダイバージェンス

一方、 弱気のダイバージェンス とは、強気のダイバージェンスと逆に『売り』のサインとなります。

上昇トレンドにおいて、株価の高値がどんどん更新されているのにRSIの高値が切り下がっている状態のことを指します。

弱気のダイバージェンス

このケースではその後株価が高確度で下落に転じます。弱気のダイバージェンスが発生した時点で売りポジションを持っておけば、利益を上げやすくなるでしょう。

POINT
強気のダイバージェンス』や『弱気のダイバージェンス』はRSIだけの現象ではなく、RSIを含むオシレーター系のテクニカル指標で特に有効とされている取引方法です。

RSIダイバージェンスをMT4チャートで確認

RSIでのダイバージェンスは、利益を上げるのにぜひとも押さえておきたいポイントですが、 MT4 を利用しているトレーダーはどのようにダイバージェンスの発生を確認できるのでしょうか。

もしFX取引のプラットフォームとしてMT4を使っているのであれば、インジケーターを使ってダイバージェンスを自動検知しサインやアラートを出すことが可能です。

自分でチャートを確認してダイバージェンスの発生を見極めるのでは手間も時間もかかると考える方は、MT4にインジケーターをダウンロードして使用してみることも検討できるでしょう。

RSIでダイバージェンスのエントリーポイントを見つけ勝率アップ

RSIでダイバージェンスが発生 した場合、トレーダーにとっては勝率を高めるチャンスとなります。ダイバージェンスの発生時には、かなりの確率でトレンドが反転するからです。

ではダイバージェンスのエントリーポイントを見つけるために利用できるインジケーターについて解説します。

RSIダイバージェンスを自動検出するインジケーターを例示

RSIのダイバージェンスを視覚的に捉えることは簡単ではありません。現在の株価の高値や安値を観察しつつ、RSIの動きが株価の動きと連動しているか相反しているかを見極めなければならないからです。

そのため、RSIのダイバージェンスを自動的に検出してくれるインジケーターが役立ちます。

たとえば『fxnav_RSIインジケーター』は1つの選択肢です。無料公開されており、ダウンロードするだけで使用可能です。

トモヒロ
ダイバージェンスを自動検知してラインを引いてくれるので、どこで強気・弱気のダイバージェンスが発生しているのかを視覚的にとらえることができます。

サインとアラートを出すRSIインジケーターを例示

ダイバージェンスが発生しているのを自動的に検知してくれるインジケーターはとても便利ですが、さらにエントリーのタイミングを見極めるのに役立つサインやアラートを出すインジケーターもあります。

もちろんすべてのエントリーのサインで利益を上げられるわけではありませんが、取引の参考にすることはできるでしょう。

たとえば『TM_RSI_divergence.ex4』は人気のインジケーターの一つです。

ダイバージェンスの発生を自動検知してくれるのはもちろん、エントリーのタイミングをつかむためのアラートを矢印で示してくれます。

トモヒロ
使い方も簡単なので、FX初心者の方でもより多くの利益を上げるのに役立てられるでしょう。

逆張りに使える?転換か継続か?

RSIのダイバージェンスは 逆張り に利用することができます。

たとえば株価が上昇トレンドにあるにもかかわらず、RSIの高値が切り下がっているケースではトレンドが高確度で転換すると考えられるので逆張り、つまり『売り』のサインとなります。

逆に株価が下降トレンドにある状態で、RSIの高値が切りあがっているのであれば、近い将来上昇トレンドに転換する可能性が高いので『買い』ポジションを持って利益を上げられるかもしれません。

ダイバージェンスで取引する時の注意点

ダイバージェンスを利用することで、トレードの成功率を高めることが可能ですが、注意点もあります。ではダイバージェンスで取引する際の注意点について解説します。

その注意点とは、ダイバージェンスのメリットと誤解についてです。

ダイバージェンスを利用する最大のメリットは、 最大限の利益 を上げられる可能性があるという点です。

通常トレードではトレンドが終わって転換したのを見極めて利益確定するため、どうしても利益が少なくなってしまいます。しかしダイバージェンスを利用すれば、トレンドが転換する直前にエントリーもしくは利益確定できるので、利益が大きくなるのです。

トレーダーにとってとても魅力的なテクニカル指標ですが、よくある誤解に注意が必要です。

それは、『ダイバージェンスはトレンド転換を示し、逆張りに利用する』というものです。これは正確ではありません。

実際には『ダイバージェンスはトレンドの弱まりを伝える指標』です。

 ダイバージェンスだけを見て、次のトレンドの方向を予測してしまうと思わぬ損失を被ってしまいます。

トレンドは反転することも継続する事もあるので、エントリーや利益確定を行うためには他のテクニカル分析と組み合わせたほうが安全です。

トモヒロ
ダイバージェンスはとても使いやすい指標ですが、ダイバージェンスだけに頼るのは避けましょう。

リバーサルの見方とトレードへの利用

ダイバージェンスと似た動きで、トレンドが継続すると判断できるリバーサルという現象もあります。リバーサルは順張りの指標となるので、こちらも覚えておくようにしましょう。

リバーサルにもダイバージェンスと同様、強気と弱気があります。

まずは強気のリバーサルについて考えましょう。株価が上昇トレンドにある場合、通常株価の安値も切りあがっていきます。しかしRSIの安値が切り下がっているようなケースを 強気のリバーサル と呼びます。

強気のリバーサル

一方株価の高値が切り下がっていく下降トレンドにある中で、RSIの高値が切りあがっている場合には 弱気のリバーサル が発生していると考えられます。

弱気のリバーサル

リバーサル発生時には、現在のトレンドが継続していくと考えてトレードしなければなりません。

つまり強気のリバーサルでは上昇トレンドが継続すると考えて『買い』ポジション、弱気のリバーサルでは下降トレンドが続くと考えられるので『売り』ポジションを持つと利益を得られる確率が高くなります。

POINT
ダイバージェンスとリバーサルではトレードの方法がまったく異なるので、ぜひ株価とRSIの動きを注視して的確な判断ができるようにしましょう。

まとめ

RSIでは ダイバージェンス・リバーサル を用いてFXの勝率を上げられることが分かりました。

ダイバージェンスを自動検知してアラートを示してくれるインジケーターもあるので、利用してみるのもよいかもしれません。

より効率的に利益を上げられるようにするためにも、RSIのダイバージェンス・リバーサル発生時のトレード方法に通じておくようにしたいものです。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事