勝てる!販売中バイナリーオプションツールのおすすめ紹介

国内のバイナリーオプションに新たに規制が設けられたことによって、海外のバイナリーオプションとの違いを把握しておかないといけません。

トレードを行うときの規制に関する注意点と、初心者の方でも使いやすい 海外の業者 も知っておきましょう。

国内や海外でバイナリーオプションが規制や禁止される理由

バイナリーオプションは一定時間後に相場の変動を予想し、当たった場合には決められた金額が支払われ、外れた場合は全額を失ってしまうというシンプルな仕組みの投資手法です。

分かりやすいルールでリスク管理もしやすく、「少ない資金からでも始めやすい」といった理由で特に若年層を中心に人気を集めています。

しかし手軽に始められるからこそ取引に没頭し、一気に損失が膨らんでしまうといったリスクが問題として浮上しました。近年、特に日本では金融商品としての安全性を高め、投資家たちの保護を図ることを目的に 新しいルール作り が進められています。

トモヒロ
こういった背景から、国内のバイナリーオプションの規制が進められているとともに、海外のバイナリーオプションも広告を禁止するといった動きもあります。

バイナリーオプションはギャンブルではない

バイナリーオプションはギャンブルではなく、あくまでも投資手法の一つです。「ギャンブル」と位置付ける人いますが、投資である以上は状況を見極めて当たると思える場面を選択する必要があります。

バイナリーオプションは上下のどちらかに賭けるだけですので、ヤマ勘でエントリーをするだけでも長期的に考えると勝率は50%前後に落ち着きます。

しかしギャンブルと位置付けて投資を行うとただの運勝負となり、何連敗もすることも十分に考えられますので、 短時間で大きな損失 を出すこともあります。

チャート分析をするなどして、少なくとも勝率が高いと思える場面を正しく選択することで状況を冷静に見極めることができます。

利益を上げやすくてかつ分かりやすいという理由で新規参加者が増加しているものの、同時にギャンブルと位置付けてしまう方も多くなってしまうものです。国内や海外でバイナリーオプションが規制や禁止される理由の根本原因となります。

バイナリーオプションが世界中で禁止の流れに

バイナリーオプションに対しての禁止や規制は世界中で進められており、EU圏やオーストラリアなども今後 禁止国 となる可能性があります。

一方で米国、ロシア、中国、日本とライセンスを持つ業者がバイナリーオプションの営業を許可されている国もあります。バイナリーオプションを国として「投資」と認識とするか、「ギャンブル」と認識するかによって対応が異なります。

もちろん、バイナリーオプションの拡大に伴い、社会問題化することによって禁止や規制になる可能性はあるかもしれません。

投資家にリスクをもたらすリスク

バイナリーオプションに対しての認識はそれぞれの国よって異なります。デンマークではバイナリーオプションはリスクの高い複雑な金融商品と位置付け、お金を失う投資が増加することを懸念しています。

カナダもバイナリーオプションは消費者に適しておらず、違法であるとさえしており、早々に 禁止 を打ち出しました。

オーストラリアはバイナリーオプション業者が消費者の損失と手数料によって利益を得ているものの、経済的な価値を世の中に提供していないとし、ギャンブル製品と類似した特定として批判を強めています。

POINT
このように多くの国でバイナリーオプション業者を悪いものと捉え、消費者保護の観点から禁止及び規制をすべきという流れがあります。

多くのトレーダーがお金を失っている

それぞれの国で数字こそ異なるものの、バイナリーオプションでの取引で多くのトレーダーがお金を失っている事実があります。

大きな理由となるのはバイナリーオプションが簡単に取引を行うことができるため、ギャンブルとして取引を行ってその結果お金を失うことに繋がっています。

もちろんバイナリーオプションは投資である以上、利益を得られるときもあれば損失をしてしまう場合もあります。

トモヒロ
問題となるのは、実際に多くのトレーダーがお金を失い消費者庁や、消費者相談センターなどに被害の報告が多くなっているという事実です。

多くの国で消費者保護の観点からバイナリーオプションの禁止や規制が必要とするのには理由があります。

国内バイナリーオプションの4つの規制要件とは?

これらの背景から、安全に取引を行うために国内のバイナリーオプションに 主に4つの規制 が出されました。しかしこれは同時に投資家が利益を得にくいものとなったのです。

国内のバイナリーオプションの4つの規制要件を知り、「ハイローオーストラリア」を含む海外のバイナリーオプションとはどう異なるのかを見ていきましょう。

4つの要件は以下のとおりです。

  • 短時間の取引の禁止
  • 総取り禁止
  • ペイアウト率の変動率制
  • 2WAY方式表記

一つずつ見ていきましょう。

短時間の取引の禁止による影響

判定時刻の 2時間前 に固定されることによって取引スパンに大きな影響を及ぼします。

バイナリーオプションで利益を得ることを考えるのなら当然ながら取引スパンが短いにこしたことはありません。国内の規制によって判定時間が長くなった相場の予想がしにくくなってしまいました。

さらに1営業日の取引回数上限が設けられて 12回まで です。取引回数が12回もあれば問題ないと考える方もいれば、稼げるチャンスが少なくなったと考える方もいるでしょう。

バイナリーオプションで利益を得ることを目的とし、できる限り取引をしていきたいと考える方にとって国内のバイナリーオプションは不利なものとなりました。

トレーダーに有利な規制の総取り禁止とは

バイナリーオプションによる「総取り」とは判定時刻にこの価格帯になったら負けるレンジというものです。この総取りはバイナリーオプション業者にとって有利な条件であるため、規制によって禁じられました。

トレーダーにとっては相場変動による負けがなくなったことで 有利な規制 といえるものです。

規制前にはレンジ外のレート幅には明確なルールが存在しなかったものの、毎回自動的に設定される総取りとなるゾーンがありました。規制によって総取りが禁止されたことによってバイナリーオプションでトレードをしやすくなったといえます。

ペイアウト率変動制でFX取引と同じになった

規制前には、当たれば固定のペイアウト倍率となり、外れると全額失うのが国内のバイナリーオプションのルールでした。

ペイアウト率変動制になったことで購入価格に応じてペイアウト倍率が変動するようになり、外れたときの損失の上限が賭け金を除き、FX取引と同じになりました。

一方海外のバイナリーオプションでは固定制となっています。

トモヒロ
単純にどちらが有利と断言はできないものの、判定時刻の自由度も合わせると利益を得るためには海外のバイナリーオプションを選択した方がよいといえるものです。

2WAY方式表記に伴う影響

規制により2WAY方式表記されることで売りと買いの両方の価格をリアルタイムで表示されるようになったのは嬉しいであるものの、注文を出した際のレートのズレである スリッページ が発生する可能性もないわけではありません。

リアルタイムで売りと買いの価格が表示される安心感がある一方で、スリッページのズレが生じることに不満を抱く方も少なくありません。

特にバイナリーオプションで利益を得る目的でトレードをする場合にスリッページの少しのズレが長期的に考えると利益と損失に大きな影響を及ぼします。

国内のバイナリーオプションは初心者には厳しい

国内のバイナリーオプションは4つの規制要件によって海外のバイナリーオプションと比べると利益を得ることが難しくなりました。

人によってはそれほど大きな影響ではないものの、利益を得る目的をもってバイナリーオプションでトレードを行うとなるとトレーダーに不利な条件が含まれているのが事実です。取引回数に制限がなく、チャートが上がるか下がるかによってトレードをできるシンプルな仕様でした。

海外のバイナリーオプション は日本国内のルールは適用されず、規制前のバイナリーオプションのルールに沿ってトレードができます。

特にこれからバイナリーオプションにチャレンジしようと思う方にとって国内のバイナリーオプションは勝ちにくいのが事実です。

トモヒロ
利益を追求するのなら海外のバイナリーオプションを選択するのが望ましいです。

ペイアウト率が高いバイナリーオプション業者を選択した方が利益を得やすいのは自明の理であり、国内と海外の大きな違いになります。

海外バイナリーオプションは業者選びが重要

海外のバイナリーオプション業者を選ぶにあたってはさまざまな要素を鑑みるべきです。ひとつの要素だけで選択すれば後に後悔することもあります。

それぞれの海外のバイナリーオプションで異なるセールスポイントがあるものの、力強くおすすめするのはハイローオーストラリアです。ハイローオーストラリアは日本人であっても安心してトレードを行って登録から出金まで行える海外のバイナリーオプションとなります。

おすすめできる理由について詳しく紹介していきます。

デモ取引でバイナリーオプションの仕組みを理解できる

ハイローオーストラリアクイックデモ

これからバイナリーオプションにチャレンジしようと思う方にとって デモ取引 ができるかできないかは大きな違いがあります。バイナリーオプションは「習うより慣れよ」という言葉がピッタリで、仕組みを理解するにあたって実際にトレードを行うことが大切です。

しかし実際に登録をしてお金を賭けてトレードを行うのが不安である方もいるでしょう。デモ取引を行うことでバイナリーオプションの何たるかを肌で感じられて、自分に合っているかも判断しやすくなります。

ペイアウト率の高さが光る

ハイローオーストラリアが数多くの海外のバイナリーオプション業者のなかで最も人気があるのは、ペイアウト率が高いためです。最大ペイアウト2.3倍の取引が可能な ターボスプレッド は大きな魅力となります。

バイナリーオプションで利益を得るためには効率的にトレードを行う必要があります。ペイアウト率が高いことは効率を考えると非常に重要で、ターボスプレッドが備わっているかどうかは非常に重要です。スプレッドこそ付くものの、高いペイアウト率で短時間での取引が実現します。

トモヒロ
もちろん、レートの予想が難しくはなるものの、短時間での勝負で大きな結果を残したい方にとって魅力的な要素です。

登録から出金までの流れがスムーズ

ハイローオーストラリアは登録から出金を行うまでの流れに何も戸惑うことがないのが高く評価されています。

登録を行う際には運転免許証やパスポート、マイナンバーカードとどれかを提出すれば問題ありません。そして承認もすぐに終わり、口座を開設して取引を行うことができます。

トレードを行うにしても最低入金額は5,000円からと少額からスタートしたいと思う方のニーズにマッチするものです。初回入金後に 5,000円のキャッシュバック もあるため、実際にお金を賭けて取引を行ってみたいと思う方にピッタリです。

5,000円のキャッシュバック

ほかの海外のバイナリーオプション業者の場合は10,000円~20,000円と若干敷居が高いといえます。

さらにハイローオーストラリアはホームページを見てみると分かる通り、日本語に対応しています。外国語だけの表記では分からないこともたくさんあるでしょう。

決算処理もスムーズで国内の銀行の口座を持っているのなら戸惑うことなく入出金ができます。登録が済めば スマホアプリ からでも取引ができて、移動中や休憩中といったちょっとした空き時間を利用してトレードをしていきたい方にうってつけの要素です。

ただ大きな利益を得るチャンスがあるだけではなく、これからバイナリーオプションにチャレンジしたいと思う方に寄り添ったシステムが確立しているのが人気を博している理由といえるでしょう。

ハイローオーストラリアのおすすめポイント
◆デモ取引でバイナリーオプションの仕組みを理解できる
◆高いペイアウト率で短時間での取引が実現する
◆登録から出金までの流れがスムーズ
◆日本人でも安心してトレードを行うことができる

まとめ

  • 国内のバイナリーオプション業者は稼ぎにくい
  • 初心者は特に海外のバイナリーオプション業者を選択すべき
  • ハイローオーストラリアは稼げるチャンスがあって初めての方も安心して登録できる

国内のバイナリーオプションと海外のバイナリーオプションは別物と考えるべきです。ペイアウト率の高さを考えるのなら後者を選択すべきです。損失が多くなる可能性はあるものの、利益を得るチャンスが多くなります。

投資と位置付けてバイナリーオプションにチャレンジする場合、取引回数の制限やペイアウト率の高さといった細かな条件に目を向けるべきです。長期的に考えると小さな違いが大きな差となって表れます。

ハイローオーストラリアの登録

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事