注目記事
XMの証拠金維持率の計算方法とロスカットを回避する方法

「XMの証拠金維持率から損益の目安を知りたい!」

「ロスカットを回避するにはどうすればよいのだろうか…」

「証拠金を計算する方法は?」

 

初心者がFXトレードを始める場合、最初は専門用語が多くて大変ですよね。

FXをするためには、どれも重要な知識なので早めに覚えたいものです。特に損益の目安となるポイントや価格を知りたい場合は、証拠金の維持率に着目する必要があります。
そこで本記事では、人気のFX業者であるXM Tradingの証拠金維持率やロスカットの基礎知識をお伝えします。

具体的には以下のような内容です。

 

本記事の内容
・ロスカット回避のために証拠金維持率に注目しよう
・XMにおける証拠金維持率の計算法と考え方
・XMは証拠金維持率20%までロスカットされない
・XMの証拠金を確認する方法
・XMの両建ての証拠金の計算

 

トモヒロ
3分ほどで読めるように、大切なポイントを紹介しています。 ロスカットや証拠金についての理解が深まる可能性が高いので、ぜひ目を通してみてください。

ロスカット回避のために証拠金維持率に注目しよう

まずはロスカットや証拠金に関する以下の言葉の意味から説明します。

これらは損益を考える際に非常に重要です。

ロスカットとは?

ロスカットとは、ポジションを持っている状態で含み損が大きくなったときに強制的に決済されるシステムで、強制ロスカットとは同じ意味です。

資金管理ができないトレーダーは資金に余裕がないのに無理なトレードを行うことがあるので、負けた人の損失を大きくしすぎないためにとロスカットが導入されています。人間には損をしたくないという本能があるため、なかなか損切りしない人がいます。

ロスカットがあることで、資金管理が壊滅的であっても特定の状況でない限り、FXで直接借金を負うことはありません。

FXで借金を負う可能性があるのは、相場の変動が激しい状況です。

ロスカットの基準を満たしてもレートが激しく動くと、決済されない可能性があり、この場合は追証(おいしょう)と言って追加証拠金の入金を求められる場合があります。

こうなると最悪の場合、口座の残高がマイナスとなり借金を負ってしまいます。

トモヒロ

しかし、XMのような海外の業者であればゼロカットシステムといって、 口座のマイナス分を業者が負担 してくれますので追証を求められる心配はありません。

証拠金とは?

証拠金とはFXなどの金融商品を取引したときに、損失や利益を確実に決済するために業者に預けるお金のことです。担保と意味が似ています。

そして、必要証拠金は実際にポジションを持つために必要なお金です。

トモヒロ
口座に10万円入れた状態で2万円分のポジションを持った場合、10万円が証拠金で2万円が必要証拠金です。

トレードをするためには少なくとも必要証拠金分のお金を入れる必要があります。

しかし、 入金金額が少ないとロスカットとなるポイントまでの値幅が小さくなり 簡単に資金がショートする恐れがあるのでご注意ください。

証拠金維持率とは?

証拠金維持率は、ポジションを持つために必要な証拠金に対して、口座残高がどれくらい残っているかを示す数値です。これは以下の計算式で求められます。

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

 

有効証拠金は口座にあずけたポジションを立てられるお金のことです。

口座に預けているお金を基準として、現在持っているポジション、含み損や含み益、出金依頼している金額が関係します。

続いて他に持っているポジションはなく、出金依頼もしていないという条件で、証拠金維持率計算の例をあげます。

50万円を口座に入金し、40万円のポジションを持った瞬間の証拠金維持率は以下です。

 

50(有効証拠金)÷40(必要証拠金)×100=120%

ちなみに有効証拠金は為替レートと一緒に変化するものなので、自分の手で計算するのはなかなか難しいです。

トモヒロ

ちなみに資金管理の考え方では、証拠金維持率を200~300%に保った余裕のあるトレードがおすすめです。

XMにおける証拠金維持率の計算法と考え方

証拠金維持率の計算は以下の公式でできます。

 

証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

そして、含み損や含み益、出金依頼がないという前提で、50万円の資金を口座に入れて40万円分のポジションを持った場合の証拠金維持率は以下の計算式でした。

50(有効証拠金)÷40(必要証拠金)×100=120%

今回はレバレッジに注目していきます。レバレッジを大きくすると、必要証拠金は減ります。つまりレバレッジを大きくすると、トレードの効率を上げられます。なぜなら少ない資金で大きなお金を動かせるからです。必要証拠金は通貨のレートで変わります。以下の計算例を参考にしてください。

レバレッジによる必要証拠金の比較(ドル円レート100円を10万通貨購入した場合)

レバレッジ国内FX業者(最大25倍)XM口座(最大500倍)XMスタンダード口座(最大888倍)
必要証拠金400,000円20,000円11,262円

※参考 レバ25倍の計算式 100円(ドル円レート)×10万(保有通貨数)÷25(レバレッジ)

トモヒロ
高いレバレッジはより大きく成果を出せる可能性を秘めています。

しかし資金を全体の割合で考えた場合、資金を失うリスク も高まりますので、十分に注意してトレードしてください。

XMは証拠金維持率20%までロスカットされない

XMでは証拠金維持率が20%を下回るまではロスカットが起こりません。

上記について以下の2項目で解説します。

 

  • 他社と比較しての評価やメリット
  • デメリットや注意点

他社と比較しての評価やメリット

XM社のロスカットは遅めです。

基本的に国内の業者ならロスカットのラインは、50%であることが多いです。

海外の業者はほとんど20%です。ロスカットの前に マージンコール というロスカットが近いことを知らせる警告があります。海外の業者ならマージンコールが証拠金維持率50%くらいで行われます。

そのため知らないうちに証拠金維持率が20%を下回ってしまってロスカットされる可能性は低いです。

 

トモヒロ

ロスカットラインがゆるいメリットは、本来ロスカットされている場面にも耐えられるところです。

 

海外の業者は日本の業者と比べてレバレッジも高いので、 大きなリターン を狙ったトレードがしやすくなります。

ただし証拠金維持率が50%になっている時点で 資金管理の考え方では問題 ですので、もっと安全なトレードをおすすめします。

デメリットや注意点

ロスカットの基準がゆるいデメリットは、トレードのリスクが上がることです。トレードをしていれば、メンタルの問題で損切りができない可能性があります。そのときにロスカットのラインが厳しければ 損失を最低限に抑えられます

しかしロスカットのラインがゆるい場合、損失がかなり膨らんでしまいます。つまりトレードのリスクが上がるということです。対策としては資金管理の徹底です。資金管理ができていれば自然とロスカットとなりにくいトレードになります。

 

トモヒロ

XMは最大888倍までのレバレッジ(スタンダード口座の場合)が可能ですので、リスクを減らしつつリターンを期待できるトレードが可能です。

証拠金維持率やロスカットの考え方を理解しつつ、安全で安定的なトレードを目指してください。

XMの証拠金を確認する方法

現時点でのXMの証拠金に関しては、XMが提供している以下の計算ツールで確認できます。

FX計算ツール

FX計算ツール

使い方は非常に簡単です。上記の画面に以下の必要事項を入力してみてください。

記入すべき項目
・口座の基本情報
・ロット数量
・通貨ペア
・レバレッジ
・口座タイプ

そうすると実際にポジションを持つために必要な証拠金を自動で計算してくれます。これは非常に便利ですよね。

あなたが取るべきポジションサイズを理解するために、ぜひ使ってみてください。

また 両建てした場合、取引量が多いほうの証拠金が必要 です。

まとめ

 

  • ロスカットは含み損が大きくなったときに自動的に決済されるシステムです。
  • 基準はポジションを持つために必要な証拠金と口座残高の関係によって算出される証拠金維持率によって変わります。
  • XMのツールを利用して、証拠金維持率をクリアできるレートがどこか把握しましょう。
  • 資金管理を徹底し、ロスカットしづらいトレードをしましょう。

 

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事