FX投資

FX取引をする際に目にするのがMT4という言葉。馴染みのない人もいるかもしれませんが、優れたチャート機能がついているFX取引ソフトです。

ここではMT4でのFXチャート設定方法と各種テクニカルの出し方を詳しく紹介します。

MT4って何?

海外のFX取引で利用している人が多いのがMT4ですが、日本ではあまり馴染みがないようです。MT4はメタトレーダー4の略で、FX取引ソフトの1つです。

FX取引会社固有のものではなく、誰でも無料でダウンロードして利用することができます。もっとも、基本部分は同じなのですが、FX取引会社がオリジナリティを発揮してユニークなMT4を用意していることが多いのが特徴です。

海外ではMT4を使うのが半ば常識となっているのですが、日本のFX取引会社では、MT4を取り入れているFX取引会社はそれほど多くはありません。

もっとも、酷似しているものも多く、まずはMT4で検索して、採用しているFX取引会社を探すほうが早いでしょう。

MT4には2つのタイプがある

MT4にはダウンロードしてインストールするタイプとWeb上で動作するものと2つのタイプが存在します。どちらか1つあるいは両方を用意しているFX取引会社もあるので、好みに応じて利用するようにしましょう。

MT4のメリットは?

日本ではそれほど普及していないMT4ですが、世界での普及を考えると、高性能すぎて難しいのでは?といったイメージもあります。MT4のメリットをここでは考えてみます。

無料で使える

MT4は無料で利用できます。開発元はロシアの「MetaQuotesSoftware社」という会社なのですが、ここが無料で提供しているのです。

無料かつ高性能というのですから、世界に普及するのも頷けるといったものでしょう。日本の場合は独自開発した取引ソフトが使われることが多いのは国の違いと言えるのかもしれません。

自動売買ができる

MT4の最大の特徴は自動売買ができるところです。これは、エキスパートアナライザーというプログラムを利用することで自動売買が可能となっているのです。

MT4の場合は、プログラムの知識があれば、これを自由にカスタマイズして自分にあった自動売買システムを構築することができます。日本で普及しないのはこのあたりのハードルの高さが影響しているのは間違いないでしょう。

MT4のプログラミングに関する解説を行っている、専門の書籍やウェブサイトなどもあります。

必ずしもプログラミングの知識は必要ではない

高機能ツールでプログラミングもできるということで、難しいイメージのあるMT4です。しかし、実際にはプログラミングができなくても、高機能ツールの恩恵を受けることができるのです。

自動売買システムも、FX取引会社があらかじめプログラミングしたものを無料で配布しているところもあります。投資のプロが作った自動売買システムを利用できるのもMT4の大きな魅力と考えていいでしょう。

検証が可能

MT4では自動売買や分析といった検証が可能です。自動売買システムがどのくらい利益を出しているのか、必要なときにはしっかりと損切りしているのかと言った検証が自在にできるので、それを次の取引に活かすことができるのです。

デモトレードが可能

実際にMT4をFX取引で利用するには不安がある…という人のために、デモトレードモードがMT4には用意されています。デモトレードを利用して経験を積んで、実践に臨むことができます。


メタトレーダー4の魅力は豊富ですね!初めてFXに挑戦する場合、デモトレードで練習した方がいいかも。

MT4でのテクニカルの出し方

MT4は相場を把握するための描画ツールが優れています。そのため、過去から現在のチャートからこれからの相場の動きを簡単に予測することができるのです。

描画ツールとは?

描画ツールというのは、ラインやフィボナッチといったチャート上に線を引くためのものです。短期でも長期でも、そのトレードスタイルに関係なく、FX取引を始める前には大局を把握することはとても大切です。

超短期取引となるスキャルピングであっても、短期的な相場ばかりを見ていては足下をすくわれてしまいます。

例え1分足のスキャルピングであっても、1時間足や4時間足、日足などの上位足で相場の流れをつかんでおく必要があるのです。もちろんローソク足を見ているだけでは、相場の流れを把握することはできません。

トレンド方向や、高値・安値、値幅や押し戻し、エントリーポイントの決断、スルーの判断など、考えなくてはいけないチェックポイントは多く、MT4の最大の特徴は高機能のチャート描画にあるといってもいいでしょう。

インジケータが豊富

描画ツールが高機能であっても、それにデータを送り込むことができないと意味がありません。

そこでMT4には豊富なインジケータがセットされています。そのため、これからチャート分析をしようとする場合は、様々なテクニカル分析を試すことができるのです。

現在から過去のチャートと似たようなインジケータを見つけ出し、そこからこれからのチャートを予測するのです。

基本的には、移動平均線やエンベロープなどを活用することになるのですが、パラメータなどを自分で与えることができるので、事前に無限に試すことができるのです。

予測がもしも外れていたとしても、自動売買設定をしていると、大損をする前に損切りをすることができるのです。

さらに、プログラミングの知識があればオリジナルのインジケータを作成することもできます。

まとめ

MT4の場合は、自分で作成したインジケータを使用することで、MT4の持つ優れた描画機能でチャートを予測し、テクニカル分析を行います。

それに自動売買機能を組み込むことで後はチャートを見ているだけ、あるいはMT4にまかせきりでのFX取引が可能となるのです。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?
副業工学

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。
様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。
その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?

今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事