注目記事
XM口座への最低入金額はいくら?入金手段別まとめ

XMでFXなどの取引を楽しむためには、まず自分の口座に自己資金を入金しなければなりません。

しかしできるだけ少額の資金から始めたいという方は、XMへの最低入金額を知っておく必要があります。

トモヒロ
この記事では、入金方法による 最低入金額 について詳しく解説します。

XMに入金する前に知っておきたいこと

XMに入金する前に知っておくべきなのは、XMへの入金方法が5つあるということでしょう。XMへの入金方法については以下の表をご覧ください。

入金方法口座への反映時間最低入金額
国内銀行送金30分~1時間で反映10,000円
クレジットカード即時反映500円
bitwallet即時~数分で反映500円
STICPAY即時~数分で反映500円
BXONE即時~数分で反映500円

この表から分かるように、ほとんどの入金方法で国内銀行送金は10,000円未満の入金も可能ですが、 980円の手数料 を支払わなければならないので注意が必要です。

またクレジットカードによる入金も、VISAカードの最低入金額は500円ですがJCBカードやデビットカードの場合は最低入金額が10,000円となります。

最低入金額が500円というと通貨ペアの売り買いができるのか不安になるかもしれませんが、まったく問題ありません。もしレバレッジ倍率を最大の888倍に設定すれば、444,000円分の取引ができることになるからです。

トモヒロ
FX初心者で少し不安という方は、少額の入金から試してみるのもよいでしょう。

目的別オススメ入金方法と注意点

XMへの入金方法は5つありますが、目的に合わせて入金方法を変えるのがおすすめです。では目的別に、どの入金方法がよいのか解説します。

出金のことも考えて入金したい

もしお金を引き出すことも考えて入金したいと考えているのであれば、 国内銀行送金 がおすすめです。

XMでFXの取引をする場合、取引によって利益が出た後の出金のことも考えておく必要があります。他の入金方法で口座にお金を送った場合、入金した金額が引き出せるお金の上限額となります。

しかし国内銀行送金で自分の口座にお金を振り込めば、入金額以上の利益が出た場合でも問題なく引き出せます

ただし国内銀行送金を選択した場合には最低入金額が1万円以上でなければならず、他の入金方法と比較してやや高めの設定になっているので注意が必要です。

関連記事:【2020年版】XMの入金方法の解説と注意点まとめ|FX海外口座

スピード重視で入金したい

もし振込んだ金額をすぐに通貨の売り買いに使いたいと考えているのであれば、 国内銀行送金以外 を選択する事をおすすめします。

クレジットカードの場合には入金後、即時に口座への入金が反映されます。一方bitwallet、STICPAY、BXONEなどのオンラインウォレットを利用する場合、即時、もしくは遅くとも数分で口座に反映されます。スピード感のある通貨の売り買いがしたいという方にはぴったりの方法です。

ただしクレジットカードで入金すると、出金が同じクレジットカードへの返金処理となります。そのためクレジットカード会社によっては数日、長い場合には約2ヶ月の時間がかかります。

トモヒロ
さらにbitwalletなどのオンラインウォレットを利用する場合には、あらかじめアカウントを開設する手間がかかるので注意が必要です。

平日15時以降や土日・祝日に入金したい

XMでFXなどを取引してはいるものの、入金は銀行が閉まっている土日や祝日、平日15時以降にしたいという方は、 国内銀行送金以外 を選ぶ必要があります。

クレジットカードやオンラインウォレットであれば、24時間365日いつでも自分の口座にお金を振り込むことができます。とても便利な方法ではありますが、注意点が1つあります。

それは土日やクリスマスなどの祝日はXMも休業しているということです。クレジットカードやオンラインウォレットを使って24時間いつでもXMに入金することができるものの、XMが休業している場合には金額の反映が週明けや休み明けになることがあります。

トモヒロ
常に口座への入金が即時反映されるわけではないことを覚えておきましょう。

ちなみに土日以外の日本の祝日の場合、XMは営業していることが多いため入金は可能です。詳しくはXMから毎年送られる『重要なお知らせ』で確認してください。

手数料を節約して入金したい

XMにお金を振り込む手数料が気になるという方は、クレジットカード・デビットカード入金か国内銀行送金がおすすめです。

クレジットカードやデビットカードは入金にかかる手数料が 完全無料 です。しかもクレジットカードはXMで利用できるすべての通貨タイプ、つまり日本円、米ドル、ユーロ口座に入金可能です。

一方で国内銀行送金を利用した場合、銀行への振込手数料がかかりますが、入金後サポートに連絡すれば振込手数料を負担してもらうことができます。

注意
ただし入金時に振込人名義を必ず『ローマ字の氏名+口座番号』に変更しなければなりません。振込人名義や入金名称を間違えるとXMのサポートデスクに連絡しなければならず、入金の確認に時間がかかってしまうので注意が必要です。

1万円未満の金額を入金したい

もし入金する金額を10,000円未満に抑えたいと思っているのであれば、銀行入金以外の方法がよいでしょう。

前述のように国内銀行送金では10,000円未満の入金で手数料が発生してしまうので、クレジットカードやオンラインウォレットを使った入金がおすすめです。

トモヒロ
数百円あるいは数千円を入金して少額の自己資金を使った取引してみたい人は、国内銀行送金以外の入金方法を活用してください。

関連記事:XMTradingに入金できない・口座反映されない場合の対処法

まとめ

XMで取引をしたい場合の5つの入金方法について考えてきましたが、それぞれに異なった特徴があることが分かります。

複数の入金方法を利用することも可能なので、口座によって、あるいはその時に必要としている条件によって入金方法を変えることも可能です。

ぜひそれぞれの入金方法の着金時間や手数料などをしっかり把握し、その時々にふさわしい入金方法を選ぶようにしましょう。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事