注目記事
XMで口座凍結・休眠口座になる原因と、復活させる方法まとめ

XMにおける 凍結口座 休眠口座 となることはデメリットでしかありません。

どういったデメリットがあるのか、さらに何をすれば凍結口座や休眠口座となるのかを把握し、もしものときにも適切な対応をできるようにしましょう。

XMにおける凍結口座・休眠口座とは?

XMにおける凍結口座休眠口座とは、禁止行為あるいはグレー行為を行ったときに対象となります。さらに90日間にわたって取引がなかった場合においても休眠口座となってしまいます。

何も悪意がなくとも凍結口座や休眠口座となってしまうことを念頭に置き、いかに避けるかが重要です。具体的に凍結口座や休眠口座となってしまうことによってどういったデメリットがあるのかを見ていきましょう。

XMで凍結口座や休眠口座となった場合のデメリット

まず口座維持手数料が発生することを覚えておきましょう。休眠状態となってからでも 毎月500円 が口座維持手数料として引かれます。

最終的には口座残高が0円となり、90日間何もしない場合に口座が凍結されてしまいます。これは休眠から凍結になるパターンとして多くあるため、注意しないといけません。

トモヒロ
何もしないのに口座維持手数料が発生するのは長期的に考えると大きな損となります。

さらに保有するボーナス及びXMPが消滅するのもデメリットとなります。せっかく保有しているボーナスとXMPが消滅してしまうのは損です。

日々平均的なトレードをしているのなら問題ないものの、あまりトレードをしないという方は90日間トレードをしないこともあるでしょう。

さらにXMの取引禁止行為に抵触してしまうと、休眠ではなくいきなり 口座凍結 になってしまう可能性があります。アカウントと口座を作り直す必要があるため、休眠及び凍結とならないように対応しないといけません。

XMで口座凍結となる原因と条件

XMで口座凍結となる原因のひとつは、口座残高が0円となってから取引活動をしないことです。アカウントログインは含まれず「取引」「入金」「出金」のいずれかの取引活動を行わないといけません。

POINT
90日間取引活動をしないことでまず休眠となり、口座維持手数料が毎月引かれていきます。そして口座残高が0円となり、さらに90日間取引活動を行わないことによって口座凍結となります。

特に重要となるのはまず休眠とならないようにすることです。保有している口座でどれかひとつでも取引活動を再開することによって休眠は解除されます。

休眠」から「 凍結 」にならないように対応するのが重要なのです。

そして利用規約で明確に禁止されている行為をしないことも意識しないといけません。

  • ボーナスの不正取得
  • 裁定取引
  • ほかの業者や複数人の口座を使った両建て

など、何が利用規約に違反するかを把握しておくべきです。

スキャルピングやEAの利用、同日口座内での両建てに関しては国内業者では凍結の条件に該当するものの、XMでは問題ありません。

XMで凍結となる原因及び条件を把握したうえで何をしてはいけないのかを把握しておきましょう。

トモヒロ
これからも継続的にXMでトレードを行うにあたり、凍結にメリットはひとつもありません。

口座が凍結してしまった時の対処法

XMの口座が凍結してしまった場合、新規口座開設時と同じ手続きを行うことで解除できます。

口座凍結解除に必要なものは以下のとおりです。

  • メールアドレス
  • 身分証明書
  • 住所証明書
注意
注意点となるのは、審査をスムーズに通過するためにメールアドレスは以前に登録したものと同じにし、住所証明書は以前の書類の有効期限が過ぎていないかです。

簡単に以前の口座内容を受け継ぐことができて、審査もスムーズに進みます。ボーナスこそ消滅してしまうものの、まだ受け取っていない入金ボーナス枠があれば引き継ぐこともできます。

XMで休眠口座となる原因と条件

XMで休眠となる原因は口座に残高にある状態で90日間取引をしないことです。ボーナスが消滅してしまうとともに、自動的に口座維持手数料が差し引かれていきます。休眠とならないためには最低でも90日間で一度は取引活動を行うことです。

入出金をするか、通貨ペアやCFD銘柄を注文するかをしないといけません。口座間の資金振替だけでは取引基準を満たしません。

無理にトレードを行う必要はなく、

  • 休眠口座の残高を出金する
  • ほかの取引中の口座へ資金を移動する

などの方法もあります。

90日以上使わない口座がある場合はこれらの対応をしておきましょう。休眠となってもログイン自体は可能で、出金はできるものの損であるのは間違いありません。最終的に口座が凍結してしまう恐れもあります。

口座が凍結してしまうとすべての取引ができなくなってしまいます。今後XMでトレードを行うことができなくなってしまうため、休眠となっているときに適切な対応を心がけるのが望ましいです。

休眠口座となってしまった時の対処法

休眠口座となったとき、どれかひとつの口座でも取引活動があれば解除できます。90日に一度、取引や入金や出金と取引活動を行えば問題ありません。

トモヒロ
休眠口座になったとしても、口座残高が残っていると口座凍結とはなりません。

90日以内に入金をすればアクティブ口座に戻ることができますよ。

意外!?XMでは規制の無いトレード行為

国内業者海外業者ではトレードを行うにあたって規制の内容が異なります。XMでは規制の無いトレード行為について事前に把握していきましょう。

何をすれば規約違反となるのかを把握しておけば、口座凍結や休眠口座となることを避けることができます。

両建てがなぜ規約違反となるのか

トレードを行うにあたって戦略に 両建て を組み入れたいと思うのは当然といえます。同じロット数での両建てでのトレードを行うことによって両建てでのポジションでの証拠金は0円となります。

証拠金に余裕が生まれ、さらに証拠金不足が理由での強制ロスカットを防ぐこともできて、資金を効率的に回せるものです。

リスク回避の視点から、相場が大きく乱高下する場合やあまりトレードに時間が取れず、相場で損を出したくないときなどに両建てが使われることが多いです。

手法の仕組みを知らないと「取引をしていない」状況と変わらないように思われがちですが、状況に応じて柔軟に取引で対応できることが魅力です。

実際の手法としては、利益を伸ばしたいといった場合にも両建ては有効です。

POINT
両建てによって利益を固定したうえで、トレンドが終了したときにはすべてのポジションを決済し、トレンドが継続する場合は両建てのために反対注文のポジションのみを決済するというトレードができます。

トレード上級者向けの技術となるのが両建てであり、適した使い方をすれば効果的に利益を得られる方法となります。

しかしXMの両建てで禁止されるパターンもあることを覚えておかないといけません。

同一口座内あるいは同一通貨ペアでの両建てに関してはXMで認められているものの、XM内の別の口座間での両建てに関しては認められていません。

大きなポイントになるのはもしもの暴騰や暴落によって口座残高が割り込む損失が発生した場合、マイナス分を請求しないという「 マイナス残高リセット 」というシステムが採用されているためです。

同一口座内である場合はXMの両建ては認められており、特に問題ありません。XM側が不利益をこうむる可能性が高いからこそ別の口座間での両建てに関しては認められていません。隠れて両建てをしたとしても必ず見つかり、ペナルティを受けることになります。

口座の凍結やレバレッジの引き下げと、大切な資金をリスクにさらす結果になりかねません。日本の業者の場合は「マイナス残高リセット」というシステムが採用されていないものの、XMをはじめとした海外の業者で採用されているのは当たり前です。

トモヒロ
悪用しようと思えば誰でもできるからこそ、禁止事項となっています。

同一口座での両建ては問題ないものの、別の口座間での両建てに関しては認められていないことを覚えておきましょう。

XMではスキャンピングは禁止されていない

スキャンピングとは損失額が少なく、早く利益を積み上げるのに適している手法です。小さな利幅を狙って回数をこなしていき、利益を増やしていくものです。相場環境が一変した場合に損切りを行うことで損失を最小限に抑えられます。

スキャンピングは初心者には難しい手法で、短期間で相場の分析や売買判断をしないといけません。適した時間帯を選択し、確実に成果を出せる利幅を狙い、適した通貨ペアを選ぶといった勝つためのコツを理解したうえでの対応をしないといけないものです。

XMでスキャンピングは禁止されていない大きな理由は、必ずしもスキャルピングに適した業者ではない、ということが挙げられます。

スキャンピングを行うにあたっては、「約定力」と「スプレッドの広さ」という2つのポイントに注目しないといけません。スプレッド特化型の業者と比べた場合、XMのスプレッドの広さはネックになります。

スプレッドが広めの代わりに各種「ボーナス」に特化して顧客還元をするのがXMの特徴であり、デイトレード向けといえるでしょう。スプレッドでの収益を狙うのならXMは必ずしも良いとは言えないかもしれません。

XMではEAの利用が禁止されていない

ほかの海外業者ではEAの利用が禁止されている場合もあるものの、XMでは問題ありません。メンタルに左右されることなく、テクニカルの知識も不要でパソコンに張り付く必要がないといった多岐にわたるメリットがあります。

さらに 24時間取引 ができて副業でトレードを行っていきたいと思う方に適しています。

この点はビジネスマンや副業でトレードをしたい方にとってはとても優位なポイントです。安定してトレードをできることは、トレードにかかる時間短縮にもつながりますし、労力の軽減にもつながります。

トレーダーがトレードを行いやすくなる理由になるからこそ、XMでは禁止されていません。

注意点となるのはEAの利用は認められていても、アービトラージは禁止されていることです。アービトラージを行うと口座凍結や利益を出金できないといった可能性もあります。

一方で急な相場変動に弱く、大きな利益を狙いにくい、寿命が短い場合もあるといったデメリットもあるため、いちがいに取り入れるべきとは言い難いです。

XMで多額の利益を出すのが禁止といわれる理由

結論からいえばXMで多額の利益を出すのは禁止されていません。XMで多額の利益を出すのが禁止といわれる理由のひとつが海外FXでお金を出金できないという噂です。

過去に一部の悪質な海外FX業者で出金拒否の事例は確かにありました。過去には高額の出金を拒否していた業者などがあったため、現在もそのような実例や根拠のないデマやうわさが残っている例です。

FX関連の業者においては、過去に損を出した人が誹謗中傷などをインターネットに書き込む例が現在も残っていますが、XMに関してはそのような事例は確認されていないので安心して高額トレードにも対応できるでしょう。

そして海外FX業者は全部危険であるという誤った情報が広まりました。XMで理不尽な出金拒否はありません

トレードを行う以前にどの業者を選択するかは第一関門となります。XMは世界で名の知れた海外FX業者であり、 金融ライセンスを取得 しています。

多額の利益を出すことは禁止されておらず、日本の金融庁に登録していないからといっても悪徳業者とはいえません。

トモヒロ
XMほどのブランド力と信用力を兼ね備えている海外FX業者が評価に地に落とすことをするはずがありません。

特に日本人顧客獲得に向けて力を入れているからこそ、出金拒否はないといえます。

まとめ

  • 口座凍結と休眠口座になる原因は90日間取引活動と規約違反
  • 口座凍結と休眠口座になった場合は適切な対応で解除できる
  • XMでは規制の無いトレード行為を把握しておくべき

XMで口座凍結や休眠口座になる原因は90日間取引活動を行っていない、さらに規約違反となるトレードを行ったと大きく2つです。

もしも口座凍結や休眠口座となった場合においても解除する方法があります。

悪意がなくとも口座凍結や休眠口座となってしまう場合もあります。90日間取引活動を行わないようにし、さらに何が規約違反となるトレードになるのかを把握しておきましょう。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事