注目記事
バイナリーオプションでのバンドウォークの使い方|ボリンジャーバンド攻略法

ボリンジャーバンドとは、どんなインジケーターなんだろうか…

バンドウォークってなに?

インジケーターを使おうと思っているけれど、何がいいだろうか…

ボリンジャーバンドは、メジャーなインジケーターなのである程度使いこなせるようになりたいですよね。

そこで本記事では、ボリンジャーバンドの基礎知識をお伝えします。

具体的には、以下のような内容です。

この記事で学べること

  • バンドウォークとは?ボリンジャーバンドに基礎知識
  • バンドウォークの始まりサインの見極め方
  • バンドウォーク時のバイナリーオプションエントリー方法
  • MT4でボリンジャーバンドを設定する方法

2~3分ほどで読めますし、ボリンジャーバンドについての知識がつきます。

トレード初心者の方は、ぜひ目をとおしてみてください。

バンドウォークとは?ボリンジャーバンドに基礎知識

まずは。ボリンジャーバンドの基礎知識を、以下のふたつにわけて解説します。

  • ボリンジャーバンドとは?
  • バンドウォークとは?

順番に説明します。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドを使った分析

ボリンジャーバンドは、移動平均線に標準偏差の考え方を足したインジケーターです。

移動平均線のまわりに、σ、2σ、3σといった、新しい線があります。

基本的には、レートがσのなかで動く確率を統計的にもとめています。

以下を参考にしてみてください。

ボリジャーバンド収まる確率

  • レートがσのなかにおさまる確率…68.26%
  • レートが2σのなかにおさまる確率…95.44%
  • レートが3σのなかにおさまる確率…99.73%

σはそれぞれ上と下に+と-が存在します。

この確率から見て、価格がσの外側に行ったときは、もどる可能性が高いと予想できます。

また、ボリンジャーバンドには、以下のような状態があります。

  • スクイーズ
  • エクスパンション
  • バンドウォーク

スクイーズとは、ボリンジャーバンド全体の大きさが収縮している状態です。

主にレートの動きに勢いがないときに、スクイーズが起こります。

そして、エクスパンションとはスクイーズの逆で、ボリンジャーバンドが大きく広がっている状態。

おもにレートの動きに勢いがあり、トレンドが発生しているときに起こります。

それぞれの特徴は、下記のとおりです。

スクイーズの特徴
バンドの幅が狭いので、価格差で利益を出すトレードには向いていません。
しかし、エネルギーをためている状態なので、いきなりレートが動き出す可能性もあります。
エクスパンションの特徴
バンドが広がっており、値幅があるので、価格差で利益を出すトレードがしやすい。
トレンドが発生していることが多いので、順張りで使いやすい。

バンドウォークの特徴は、以下の項目で紹介します。

バンドウォークとは?

バンドウォークとは、レートが2σに沿って動いている状態です。

2σとローソク足が触れるぐらいなので、かなり強いトレンドが発生しています。

そのため、基本的には 順張り で使います。

一時的なものであることもありますが、強いトレンドが発生していると考えられるので、逆張りは危険

順張りでのトレードがおすすめです。

バンドウォークがはじまるためには、かなりのエネルギーが必要なため、スクイーズした状態からバンドウォークになることが多いです。

トモヒロ
普通の上昇トレンドでは勢いが足りず、なかなかバンドウォークにはなりません。
バンドウォークは、順張りエントリーで使えるでしょう。

バンドウォークの始まりサインの見極め方

続いてバンドウォークのはじまりサインを、以下の4項目にわけて解説します。

  • ローソク足との位置関係
  • ボリンジャーバンドが開いた時
  • 指標発表前後や要人発言後
  • スクイーズした時

ローソク足との位置関係

バンドウォーク

バンドウォークのときは、ローソク足がバンドの2σにそって動きます。

上昇トレンドの場合、2σにレートがおさえられて、なかなかこえられない状態です。

とはいえ、バンドウォーク中でもレートは2σとこえたりもどってきたりを繰り返すので、少しブレイクしたぐらいでバンドウォークが終わると判断するのははやいです。

せめて真ん中の移動平均線をこえるまでは、様子見したいところ。

また、他の根拠と合わせるのもよいです。

ボリンジャーバンドが開いたとき

バンドウォーク発生時は、ボリンジャーバンドは開いています。

なぜなら、レートの動きが大きくなると、ボリンジャーバンドがエクスパンションするからです。

ボリンジャーバンドが開いた状態かつ、レートが1σと2σに間に収っていれば、バンドウォークが発生し、トレンドがはじまっている可能性が高いです。

指標発表後や要人発言のあと

指標発表 要人発言 のあとに、バンドウォークが起こります。

なぜなら、指標発表や要人発言のあとは、急激なレートの変動が起こりやすいからです。

金曜日の雇用統計が最も有名でしょう。

雇用統計が発表されると、数秒でレートが激しく変動し、チャートがいつもとは違う形になります。

もちろんボリンジャーバンドはレートにあわせて動くので、形はバンドウォークになります。

しかしエントリーのチャンスではありません。

指標発表はファンダメンタルズ分析のひとつであり、テクニカル分析をほとんど無視した動き方をします。

そのため、いくらチャート分析をしっかりしたところで、利益を出せない可能性が高いです。

トモヒロ
そのうえ、約定レートが大幅にずれて不利なトレードをしたり、FXならスプレッドが高くなり、普段より安定しないトレードになります。

バンドがスクイーズしたとき

ボリンジャーバンドがスクイーズした後は、バンドウォークになる可能性が高いです。

なぜなら、レートの動きが極端に小さいときは、売りと買いが戦っている状態だからです。

戦っているということは、いつか勝負がつきます。

勝負がついたときに、もちろん価格が勝った方へと勢いよく動き出します。

負けたほうの損切りを巻き込んで、急激にレートが動く可能性が高いです。

やはりレートが急激に動くと、2σにローソク足がそってしまうので、 バンドウォークの形 になります。

バンドウォーク時のバイナリーオプションエントリー方法

バンドウォーく時のバイナリーオプションエントリー方法を、以下のふたつにわけて解説します。

  • ブレイクした方向へ順張りでエントリー
  • エントリーするときの注意点

順番に説明します。

ブレイクした方向へ順張りでエントリー

ボリンジャーバンド順張り

バンドウォーク時は、ブレイクした方向へ順張りでのエントリーがおすすめです。

なぜなら、逆張りをするとエントリーしたのとは逆にレートが急に進むリスクが大きいからです。

ですが、バイナリーオプションはFXのように値幅をとるのではなく、レートの反転を狙います。

そこで、以下ふたつのポイントを意識して、エントリーしてみてください。

POINT
◆上昇トレンドなら押し目買い
◆下降トレンドなら戻り売り

上昇トレンドでも、永久に上がり続けるわけではありません。

押し目 をつけて再び上がっていくので、そこを利用します。

そうすると、レートの反転を狙いつつ順張りができます。

エントリーするときの注意点

ボリンジャーバンドだましの例

バンドウォークでエントリーするときは、 だまし に注意してください。

以下のポイントを満たしたからといって、必ずバンドウォークになるとは限りません。

  • ローソク足が2σにそっている
  • ボリンジャーバンドが開いた時
  • 指標発表前後や要人発言後
  • スクイーズした時

そのため他の根拠と合わせたトレードがおすすめです。

以下のような基準も参考にするとよいでしょう。

  • レジスタンスライン
  • サポートライン
  • 移動平均線
  • トレンドライン
  • フィボナッチ・リトレースメント
  • MACD

ボリンジャーバンドだけでは、なかなか勝率が高いトレードはできません。

チャート検証をしっかりと行って、勝率の高いエントリーポイントを見つけることが大切です。

MT4でボリンジャーバンドを設定する方法

MT4では、「挿入」→「インジケーター」→「トレンド」→「ボリンジャーバンド」の手順で、ボリンジャーバンドを設定できます。

次に設定画面が出てくるので、OKをおすとボリンジャーバンドが表示されます。

MT4ボリンジャーバンド

MT4では以下のようにボリンジャーバンドを調整できます。

  • 期間
  • 偏差
  • 適正価格

期間は初期設定の「20」で大丈夫です。移動平均線の期間と同じ考え方。

偏差は「2」にしておくのがおすすめです。

偏差を増やすと、ボリンジャーバンドのσの本数が増えます。2本くらいがちょうどよいでしょう。

適正価格も初期設定の終値で大丈夫です。

最後に色はお好みでどうぞ。

トモヒロ
背景やローソク足の色など個別に変えていると思うので、見やすい色に設定してみてください。

まとめ

ボリンジャーバンドの基礎知識は、ある程度おわかりいただけたでしょうか?

スクイーズ、エクスパンション、バンドウォークなど、様々な状態がありますので、その場にあわせたトレードをすることが大切です。

またボリンジャーバンドはポピュラーなインジケーターではあります。

しかし、過信は禁物です。

ひとつのインジケーターのサインだけでなく、以下のようにあわせた根拠のあるトレードをしてみてください。

  • レジスタンスやサポート
  • トレンドラインやチャネルライン
  • フィボナッチリトレースメント
  • 移動平均線
  • MACD

ただしインジケーターを適当に組み合わせて、トレードするだけだと勝っていくのは難しいです。

そこで、 チャート検証 をおすすめします。

本記事で紹介したボリンジャーバンドの知識をもとに、実際に過去チャートで勝てるエントリーポイントを探してみてください。

そして、勝率の高いポイントを見つけたら、そこがエントリーのチャンスです。

しっかりと待って正しくエントリーすることで、長期的な利益も狙えます。

資金管理も意識しつつ、勝てるトレードルールをぜひつくってください。

ハイローオーストラリアの登録

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事