注目記事
XMの1ロットの通貨単位は?最大ロット数の計算方法を解説

日本国内で特に人気の高い海外FX業者XMでは、短期間で大きく稼げるハイレバレッジトレードを売りとしていますが、少額でコツコツトレードしながら稼ぐことができるマイクロ口座という口座タイプも利用が可能です。

実は同じXMであっても 口座の種類 によってロットの計算方法が異なります。その為、スタンダード口座、ゼロ口座、マイクロ口座においてもロットの計算方法が異なるのです。

この記事では、XMのそれぞれの口座に応じたロットの計算方法と必要証拠金について詳しく解説したいと思います。

トモヒロ
ぜひ、この機会にロットに関する知識を習得してみてください。

ロットはFXの通貨量の単位

FXにおける「ロット」とは、 取引の際の通貨量 (単位)のことです。

FXで取引をする際に、1ロット、0.5ロット、0.1ロットと言う表現を耳にすることが多いと思います。通貨を取り扱ってるにも関わらず、「円」や「ドル」ではないので戸惑う人もいると思います。

戸惑う人がいるにもかかわらず、FXのトレードにロットと言う単位を使用しているのは、100,000万円や10,000万円と言ったような大きな金額を取り扱う取引であることが多いためです。

FXでは、注文時に入力(発注)間違いを減らす為に、統一された単位(ロット)を使用しています。

FXでは10,000通貨、100,000通貨と言ったような大きな金額で取引を行いますので5桁、6桁の数値を入力するのは少し大変です。また、その際に万が一、0を1つでも多く入力してしまうと大事です。

もちろん、間違えたおかげで大きく勝つこともありますが、逆に大きく負けてしまい一気に資産を減らしてしまうこともあるわけです。

トモヒロ
このような理由から、ロットと言う単位を使用することで入力ミスを減らすと共に、 入力内容の簡易化 を図っているのです。

海外FX(XM)の1ロットと国内FXの1ロットの違い

数年前までは1ロットと言えば、100,000万通貨もしくは10,000万通貨が主流でしたので、さほど気にするトレーダーも居なかったのですが、最近は少額でのトレードを好むトレーダーが増えたこともあって1,000通貨や100通貨等を取り扱ってくれるFX業者が増えてきました。

そういった流れもあって1ロットに対する捉え方がバラバラになりつつあるのですが、基本的には

  • 海外FX業者の場合、1ロットと言えば100,000万通貨
  • 国内FX業者の場合、1ロットと言えば10,000万通貨

が主流となっています。

XMは海外FX業者となりますので、こちらも1ロットは100,000万通貨となっています。

トモヒロ
最近では、海外と国内に別の口座を所有するトレーダーが増えていますので、ロットの違いについては頭の片隅に入れておきましょう。

XMでの1ロットあたりの通貨単位は?

XMでは、1ロットの通貨単位が 口座の種類 によって異なります。

XMには「スタンダード口座」「ゼロ口座」「マイクロ口座」の3種類が用意されています。この口座の内、「スタンダード口座」と「ゼロ口座」については1ロットが100,000万通貨、「マイクロ口座」については1ロットが1,000通貨となっています。

例)20ロットで取引した場合。
スタンダード口座・ゼロ口座では200万通貨、ゼロ口座では2万通貨となります。

ロット数 スタンダード口座 ゼロ口座 マイクロ口座
0.01ロット 1,000 1,000 10
0.5ロット 50,000 50,000 500
1ロット 100,000 100,000 1,000
10ロット 1,000,000 1,000,000 10,000

スタンダード口座もしくはゼロ口座で10ロットの取引をした場合、100万通貨にもなりますが、0.01ロットの取引では、1,000通貨程度です。

一方で、マイクロ口座では、10ロットで取引しても10,000通貨程度にしかならず、逆に0.01ロットで取引した場合は、10通貨と言ったような非常に少額になります。

XMの最大ロット数と最小ロット数は?

どんなFX業者においてもロット数の上限、下限は設定されています。XMでも設定されていますが、ロットの単位と同様に最大ロットと最小ロットについても口座の種類によって異なります

ロット数 スタンダード口座 ゼロ口座 マイクロ口座
最小ロット 0.01 0.01 0.01(MT4)、0.1(MT5)
最大ロット 50 50 100

最小ロット数に関しては、基本的にスタンダード口座、ゼロ口座、マイクロ口座の3種類の口座全てで同じ0.01ロットとなります。但し、マイクロ口座については、MT5を使用している場合に限り、0.1ロットが最小となるので注意してください。

参考にpips換算した際の金額についても記載しておきます。

ロット数 1pips 10pips 100pips
0.01 10円 100円 1,000円
0.1 100円 1,000円 10,000円
1 1,000円 10,000円 100,000円
10 10,000円 100,000円 1,000,000円

10ロットで取引した場合、1pips変動しただけで10,000円の差額となる一方0.01ロットでは100pips変動してもたった1,000円の差額となっています。一日の目標金額などの参考にしてみてください。

XMで1ロットの取引に必要な証拠金は?

FXでトレードするには証拠金が必要です。証拠金とは、ポジションを持つ際に必要になる資金のことで、 有効証拠金 必要証拠金 があります。

証拠金について
■有効証拠金
有効証拠金とは、いわゆる口座残高のことで、仮にポジションを保有している場合は、含み益と含み損をプラスマイナスした口座残高になります。

■必要証拠金
必要証拠金とは、ポジションを建てる際に必要になる証拠金です。必要証拠金はロット数やレバレッジの値によって大きく変動するのですが、必要証拠金が足りない場合新規にポジションを持つことが出来ません。

但しFXではレバレッジを使用することが出来るので、実際の口座残高の何倍もの資金を利用したトレードが可能です。

XMでは最大888倍のレバレッジが使用可能なので少ない必要証拠金で大きな金額のトレードが可能です。以下に必要証拠金の計算方法を記載します。

必要証拠金の計算式(スタンダード口座、ゼロ口座)
レート × ロット数 ÷ レバレッジ

例1)レート107円、ロット数1、レバレッジ888倍の場合
107 × 100,000万通貨 ÷ 888 = 約12,050円

例2)レート107円、ロット数1、レバレッジ25倍の場合
100 × 100,000万通貨 ÷ 25 = 428,000円

例3)レート107円、ロット数1、レバレッジ1倍の場合
107 × 100,000万通貨 ÷ 1 = 10,700,000円

例1~3で記載した通り、レバレッジを使用することによって必要証拠金の金額は大きく異なります。XMでは最大888倍のレバレッジを使用できるので、100,000万通貨のトレードでも必要証拠金は、わずか12,050円程度です。

XMでは 入金ボーナス が用意されていますので、少額の入金と入金ボーナスを資金にハイレバレッジトレードで大きく稼ぐことも可能となります。

■必要証拠金の計算式(マイクロ口座)
レート × ロット数 ÷ レバレッジ

例1)レート107円、ロット数1、レバレッジ888倍の場合
107 × 1,000通貨 ÷ 888 = 約120円

例2)レート100円、ロット数1、レバレッジ100倍の場合
107 × 1,000通貨 ÷ 40 = 2,675円

例3)レート100円、ロット数1、レバレッジ1倍の場合
107 × 1,000通貨 ÷ 1 = 107,000円

マイクロ口座でも同様にレバレッジを最大限利用することで最低120円ほどの残高があれば1ロットでトレードを行うことが可能です。最もロット数は0.1や0.01と言う単位まで落とせるので 更に少額でのトレードも可能 となっています。

証拠金ごとのロット数の目安

必要証拠金に対してどの程度のロット数でトレードをすべきかについて目安をご紹介します。まずは、適正ロット数を計算する前に証拠金維持率について理解しましょう。

証拠金維持率とは、必要証拠金に対する有効証拠金の割合(パーセンテージ)のことです。MT4などのチャートを確認してみるとポジションを持った際に証拠金維持率が表示されているので、常に確認してましょう。

証拠金維持率の推移を確認する目的はロスカットの監視です。ロスカットとは強制的にポジションを決済する仕組みです。

一定の証拠金維持率に達することで実施され利用者の口座資金を守る仕組みでもあります。どのFX業者においても設定されています。

トモヒロ
もし実施されなかった場合、口座がマイナス残高となり大きな借金を抱えてしまうこととなります。

XMでは、証拠金維持率が20パーセント以下になると 強制ロスカット となります。

証拠金維持率は以下の計算で算出できます。
・証拠金維持率 = 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

例)100,000万円の入金額、ドル円107円、1ロット、レバレッジ888倍の場合
・有効証拠金 = 100,000円
・必要証拠金 = 107 × 100,000 ÷ 888 = 12,050円
・証拠金維持率 = 100,000 ÷ 12,050 × 100 = 888%

証拠金の維持率が20パーセントの状態を具体的に表示すると以下の通りです。

・有効証拠金 = 100,000円
・証拠金維持率 = 100,000 ÷ 必要証拠金 × 107 = 20%
        = 535,000円 = 5.35ロット

100,000円の入金、レバレッジ888倍でトレードする場合、5.35ロットで1ポジション持つことが可能です。

次に、ロットと損失額を考慮した場合の具体例をご紹介します。

・口座残高が200,000円の場合、40,000円を切ると証拠金維持率が20パーセントを下回ります。

  • 1ロットのポジションを保有した場合
    →160pips以上マイナスになるとロスカットです。
  • 0.1ロットのポジションを保有した場合
    →1,600pips以上マイナスになるとロスカットです。
  • 0.01ロットのポジションを保有した場合
    →16,000pips以上マイナスになるとロスカットです。

要するにドル円で考えた場合、0.01ロットでポジションを立てれば、160円(16,000pips)逆行するまでロスカットにならないと言うことです。このように口座残高とロットから損益を計算し、ロスカットまでどの程度猶予があるかを常に把握しておくことが重要です。

とは言え、この計算を毎回行うのは少し大変です。実はXMでは簡単に証拠金を計算してくれるツールを提供しています。
このツールを資金管理の参考に使用してみてはいかがでしょうか。

また、証拠金維持率はスイングトレードで1,000パーセント、デイトレードで500~600パーセント、スキャルピングトレードで300パーセント以上が安全圏です。

FXのトレードは複数のポジションを保有することが多いので、この数値も参考にポジションを建てましょう。

まとめ

  • ロットとは、取引の際の通貨量(単位)のことで、基本的にはFX業者ごとに決められていますが、1ロットとは、海外FX業者は100,000万通貨、国内FX業者は10,000万通貨となります。
  • XMでは口座の種類によって1ロットの単位が異なり、スタンダード口座、ゼロ口座では、100,000万通貨、マイクロ口座では、1,000通貨となっています。
  • XMでは証拠金計算ツールが提供されているので、有効活用してみてください。

FXで資産を増やして行くためには、適正な資金管理が必要不可欠です。資金管理を正しく行うためには、口座残高に見合ったロット数でトレードを行うことが重要です。

そのためには、証拠金維持率の監視と必要証拠金の計算方法を習得する必要があります。慣れるまでは、エントリーの際に考えることが多く、この計算まで手が回りません。

まずは、XMが提供している証拠金計算ツールを使いながらトレードを行い、徐々にツールを使わなくても証拠金維持率や必要証拠金の計算が出来るように正しい資金管理を身に着けていくことをおすすめします。

【副業】あなたは今の収入に満足していますか?

消費増税、年金、社会保険料、リストラ、残業カット。。。様々な要因が重なり、日本の労働者の賃金は年々減少傾向にあります。その対策として有効なのが、政府も働き方改革の中で勧める「副業」です。
まずは今の収入プラス20万円を目指す副業工学を学んでみませんか?今すぐ以下のURLからLINE@での「無料講義」を受けてみてください。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事